ゾウのはな子一周忌に考える日本の動物園・その2

ゾウのはな子一周忌に考える日本の動物園・その1
http://doubutsuforum.blog.fc2.com/blog-entry-725.html


↑上記の記事のつづきです。
 ※文体を変更しました。


今年4月4日、群馬県の桐生が丘動物園でメスのゾウ、
イズミが53歳で死亡した。
小さなコンクリートの飼育場で生き続けたイズミは、
人知れず、ひっそりと、この世を去った。

狭小な全国の飼育場で、十頭を超えるゾウが
今もなお飼育されている。
これらの動物園の多くは戦後の高度成長期に造られた。
ゾウの寿命と、戦後の動物園がたどった軌跡は重なりあう。

当時、動物園や遊園地は、家庭向きの娯楽に打ってつけの
施設だった。安い料金で、珍しい動物を見ることができる。
しかし、その後、人々の娯楽は多種多様なものとなり、
動物園は客を失っていった。
遊園地は潰せるが、動物園は簡単には潰せない。
赤字を垂れ流し、かと言って、大規模な改修もかなわず、
古くて狭い飼育場のまま動物を飼い続け、今に至っている。

20060720120718ユキヒョウ_convert_20110404021213


動物園の数で言えば、日本は世界で3番目。人口あたりで
見れば、世界一、動物園の多い国である。
そして、日本動物園水族館協会に属する動物園の8割は
地方自治体により運営されている。
自治体運営の動物園は、都市公園法の下にあり、
動物は公園のベンチや遊具と同様、「物」という扱いになる。
入園料は低料金に抑えられ、赤字は税金でカバーされる。
地方財政の問題もあり、大部分の動物園が根本的な
エンリッチメント化には消極的だ。
財政的に飼育施設の修理もままならず、マンパワーについても、
飼育経験の無い人が役所から派遣されているような園もある。
何とか改革を試みている動物園もあるが、来園者を増やすのは
容易ではないようだ。

一方、動物園にとって、動物が死亡しても、
新たに動物を購入するハードルは高くなる一方だ。
毎日新聞(2016/7/6)によれば、
はな子のようなアジアゾウは、20年前には1300万円だったが、
今では3500万円。ホッキョクグマは、400万円から6000万円に
アップし、ゴリラは300万円から1億円に高騰している。
高額すぎて購入できない、となれば、国内繁殖をするしかないが、
これも遠隔地の動物園への移送などコストと手間がかかり、
動物への負担も軽視できない。
しかも、動物園育ちの動物はi育児放棄などの問題事例もある。

自然界では、絶滅が危惧される動物種が増え、欧米の動物園
は種の保存に動物園の存在意義を見出している。
同時に、動物福祉の考え方も進み、群れやファミリーで生息する
動物を一頭のみで飼育しない、あるいは、広大なエリアを
必要とする動物は園で飼わず、サンクチュアリに移動させる
といった動きも次々と見られる。
その一方で、科学にこだわるあまり、健康で何の問題もない
若いキリンを平凡なDNAという理由だけで殺処分したり、
ライオンや他の動物も余剰動物として処分している。


marius_before.jpg
コペンハーゲン動物園で殺処分された2歳のマリウス


人寄せパンダとはよく言ったもので、珍しい動物や、
人気のある動物を動物園は欲しがるが、それらの価格は
高騰し、シカやウマといった”平凡な”動物は余っている。
さらに、高齢動物ばかりで、赤ちゃん動物がいなければ、
人は来てくれない。
種の保存を存在意義として唱えつつも、経営的に矛盾を
抱えているのが、今の動物園の実態だ。

旭山動物園は、動物の習性や活動を魅力的に見せる
工夫をして成功したが、”見せ物小屋”的な発想である
ことに変わりはない。
国立動物園の構想も頓挫してしまっているように見える。

さらに、動物福祉の面から言えば、北海道のような極寒の
地で、アフリカゾウなどを飼育するのも問題であり、
その土地の温度や風土に適した動物を飼育するのが
望ましい。
また、絶滅してしまった動物を動物園で生かし続けても、
それらが野生に帰ることがなければ、動物園は博物館
と同一になる。
未来には、野生動物を動物園でオリに囲って鑑賞する
こと自体が批判され、廃れてしまう可能性もある。

imagesトキ空
中国産を人工繁殖させ、佐渡に放たれたトキ


日本の動物園は、長い長い、過渡期の渦中にある
ように見受けられる。
赤字を垂れ流しながら、中途半端に存続する多くの動物園。
動物福祉の面からも、いま一度、その在り方や将来を見据え、
発想の転換も含めた、思い切った改革が必要ではないか、
それが、はな子という、戦後の動物園を象徴するような一頭の
ゾウを通して、動物園関係者のみならず、私たちが考えるべき
ことではないだろうか。


(m)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたい事
ジャンル : ブログ

ゾウのはな子一周忌に考える日本の動物園・その1

先週、5月26日は、井の頭自然文化園のゾウ、はな子が
69歳の生涯を閉じた命日でした。
一周忌ということもあり、多くの報道がありました。
吉祥寺駅の北口広場には、はな子の銅像も完成しました。


はな子銅像
井の頭自然文化園に背を向けている?はな子の銅像


はな子が亡くなった時もそうでしたが、多くの人々が
今までどれだけ、はな子に励まされたか、癒されたか、
などを語る報道が目立ちました。
では、はな子にとっての一生はどうだったのでしょう?
はな子の視点から語り、思う発言は見かけませんでした。

先ず申し上げておきたいのは、はな子の世話をされてきた
飼育担当者の方々への感謝の気持ちです。
極めて制限された飼育環境の中で、食餌、ボディケア、退屈
を紛らす工夫など、ご苦労は並大抵ではなかったと思います。

それだけに、今さらですが、気になるのは、
はな子のお別れ会の際の飼育担当者の言葉です。
「はな子は、好物の菓子パンも食べられないほど
衰弱していた」
それほど衰弱していたならば、なぜ監視モニターを設置
しなかったのでしょうか。
はな子が寝部屋で倒れたのは夜中。朝になって発見されるまで
長時間、放置されていました。
69年の長きにわたって人々を喜ばせてきたゾウの最後の日々には
繊細、かつ科学的な見守りがあってもよかったのではないかと
思います。

今年に入ってはな子が体調を崩す直前、海外を中心に、
「はな子をサンクチュアリに移そう」という署名活動が起き、
園にも要望が出されました。
はな子が劣悪な環境に置かれていることを最も認知していたのは、
園長であり、飼育担当者でしょう。
「はな子が若ければ、他の動物園へ嫁入りもさせたのに・・」
はな子が死亡した折の永井園長の言葉です。

はな子を一見して開始された移送騒動は、素人による、純粋かつ
無謀な提案でした。海外で30万人の署名を集め、
飼育担当者が動揺、困惑したとすれば、それを敏感に察知する、
はな子は、そんなゾウなのです。
この騒動が、はな子に与えた影響が皆無と言い切れるでしょうか。

16792_large_20160527173908ffb.jpg
銅像は生前のはな子さんにそっくりです。

(つづく)

(m)


関連記事

テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : ブログ

フェイスブックが振りまく虚像~お困り猫ボランティア~

子猫シーズンまっただ中、ミルクボランティアという言葉も
定着して、日夜、授乳されているボランティアさん、お疲れ
さまです。ボランティア活動の中でも大変な部分の一つです。

さて、某ミルクボランティアさんのFBページを見て驚きました。
10年ほど前から熱心に活動を始めた方ですが、
地元では、多くのボランティアが知っているお困りボランティア。
その人が300人のフォロワーを持ち、ちょっとしたヒロインのように、
もてはやされています。

授乳ボランティアは有難い存在ではありますが・・。

長年、活動を続けていれば、失敗から学び、猫の扱いなども
慎重に、より丁寧になると思うのですが、性格的に学べない
ボランティアもいるようです。
世話になった人を大層ほめたかと思うと、一転、人づてに
聞いたことなどに単純に反応して悪口を言い出します。
自分で確かめようともせず・・。

たった3年前の今ごろ、このボランティアは、まだひと月半の
子猫4匹を不妊去勢し(1キロに達していませんでした。一匹は500g)、
大雨警報が出ていたにもかかわらず、TNRしようとしました。
直ちにしなくともよい(まだしない方がよい)手術に、
なんと数日で12万円以上も支払いました。ほぼ独断です。
とにかく、”数”をこなしたがる傾向があり、
一緒に活動していたボランティアは返済に追われました。

さらには、初めて猫を飼う里親希望の家族に、パルボ擬陽性の
子猫を黙って譲渡しようともしました。
厄介払いするように譲渡するのです。
「大丈夫よ。違う病院でワクチンを打ったから、擬陽性は
一時的よ」と、その人は言うかもしれません。
けれど、万一、譲渡した先で、発症したら?
里親を希望されていたご家族には二人の小学生がいて、
猫を飼うのを心待ちにしていました。
パルボで死んでしまったら、この子たちはどんなにか
悲しむことでしょう。
そこまで考える想像力は無いのです、猫のことしか
考えられないボランティアには・・。


地域で猫の世話をしている方々に連絡もなく、
とつぜん不妊去勢をすると、猫を捕まえに現れ、猫獲りと
間違われて、警察に通報されたり・・
武勇伝?と迷惑話には事欠きません。
(ご本人に自覚はないでしょうが)

さらに、ボランティアと対立すると激高し、まずはメール、
それから電話攻勢、そして夜間に相手の家にまで押しかけ、
「明日、保健所に言いに行く!」とまくし立てます。

しかし、とっくの昔から、行政は彼女を敬遠しています。

お困りボランティアについては、どんなに耳にしていても、
実際に、その人と活動してみないと分からない場合が
多いのです。
その多くは、猫に”病みつき”になっている人たちです。
もしこの世からノラ猫が消えたらどうするのでしょうか・・
けれど、それは先ずあり得ないので、やり続けるのでしょう。

今まで、彼女と一緒に活動して
長続きした地域のボランティアはほとんどいません。
そこで、基本的に独りの活動で、どんどん外へ、
動物愛護団体の手伝いへと活動を広げていきます。

このような方が活動をライフワークにしていることが、
猫にとって、動物福祉から見て、果たして良いのかどうか、
はなはだ疑問です。
多くの命を救って、幸せにしてもいるのでしょうが、
同時に、きちんと検査をしているのか、適正譲渡、
適正飼養をしているのかも気になるところです。

SNSは、その人の良い面しか表に出ない、いわば
その人のPRツールです。
こんなに頑張っています、の競い合い。
ページを見る人々は、可愛い子猫たちに心酔します。

ネット空間に振りまかれる虚像。
今さらながらに、怖いものだと思いました。
もちあげ、「いいね!」をしている人々にも、一端の責任はあると思います。

こういう話は書きたくないのですが、
あまりに虚実のギャップが大きいので、記しておくことにしました。
お困り猫ボランティア、皆さんの近くにもいませんか?

ちなみに、その方、外見からはまったくお困りボランティアには
見えません。


(m)


関連記事

テーマ : 動物保護
ジャンル : 福祉・ボランティア

秋田県仙北市でタケノコ採りの女性、死亡。クマ襲撃か。

Domestic | 2017年 05月 27日 19:13 JST

クマ襲撃か 61歳女性死亡、秋田
ロイター
http://jp.reuters.com/article/idJP2017052701000557

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

27日午後0時45分ごろ、秋田県仙北市田沢湖玉川の山中で、
同市田沢湖卒田、看護助手大石正子さん(61)が
死亡しているのが見つかった。
頭部などの傷の状況から、県警仙北署は
クマに襲われた可能性が高いとみている。

仙北署によると、大石さんは同日午前6時ごろから
知人女性と2人でタケノコ採りをしていた。
午前8時半ごろ、知人が「先に下りる」と声をかけ車に戻ったが、
大石さんが来なかったため、近所の仲間に連絡して
付近を捜索、倒れている大石さんを発見した。

【共同通信】

(転載以上)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

残念ながら、今年も犠牲者が出てしまったようです。
当ブログでも、先日、警戒を呼び掛けたばかり・・

死因がクマによる襲撃だったとすれば、
ご遺体が発見されたのが早かったので、
食害は無かったかもしれませんが、
詳報が待たれるところです。

今年、鹿角市大湯周辺は厳戒態勢と
なっているようですが、その鹿角市でも27日、
タケノコ採りの男性が行方不明とのこと

※28日追記:行方不明の男性は遺体で発見。
 目立った外傷は無し。


亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。


(m)
関連記事

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

プロフィール

動物との共生フォーラム

Author:動物との共生フォーラム
東京都


すべての命に人道的な配慮を。


★リンクフリーです。転載はご自由に。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
旬の花時計 V2
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR