スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動物愛護管理法の無力

先日、多摩川河川敷(東京都調布市)で
多頭飼育されている犬たちのことがTV報道されていた。
飼育というよりは、放置に近い状態だ。

飼い主の高齢男性は国有地の河川敷に
無断でプレハブ小屋を建て、犬たちをそこに押し込め、
自分は道端の軽トラックに寝泊まりしている。
犬たちには一日一回、ドライフードを与え、
こぼすからと、水は与えていない。
これだけでも、立派なネグレクト。
どの犬も見るからに悲惨な外見で、皮膚病や内臓疾患を
患っている。男が金棒で犬たちを脅す映像も流れた。
犬たちは時おり脱走し、近所の住民複数が噛まれている。

調布市は何度か飼い主を指導したとのことだが、
状況は改善されていない。
東京都は都議から抗議を受けながら、ああだこうだと理由
を述べて、一向に動こうとしない。


多摩川河川敷の犬について抗議文
http://shiomura-ayaka.com/2016/12/02/news-1740.html


住民にとっても危険だが、犬たちの様子を見ても、
動物虐待であることは明白である。


さまざまな形の動物虐待は日々、全国各地で起きている。

私の近所でも起きている。
トイプードルが電気も水も無い部屋に
3年ちかく閉じ込められている。
所有者と称する高齢男性が二日に一回、
エサと水をやりに来るだけだ。
人と暮らせず、日光を浴びることもできず、真っ暗闇になる
寒い部屋に、たった一匹で置かれている。
犬を救出しようと、ずっとボランティアが動いている。
保健所、警察に連絡した。
保健所は訪問してくれたが、対応が難しいと言われ、
警察からは民事不介入と言われた。
弁護士にも相談し、
もちろん、東京都動物愛護相談センターにも相談したが、
受け流された。

保護できたら飼うと申し出ている人もいるが、高齢男性は頑なに
犬の所有権を手放そうとしない。

上記のような例は、明らかに動物虐待であり、動物愛護管理法違反
であるが、法律に実効性が伴わず、
所有権という壁を打ち砕くことができない。


動物愛護管理法第1条

「この法律は、動物の虐待及び遺棄の防止、動物の適正な取扱い
その他動物の健康及び安全の保持等の動物の愛護に関する
事項を定めて国民の間に動物を愛護する気風を招来し、
生命尊重、友愛及び平和の情操の涵養に資するとともに、
動物の管理に関する事項を定めて動物による人の生命、
身体及び財産に対する侵害並びに
生活環境の保全上の支障を防止し、
もつて人と動物の共生する社会の実現を図ることを目的とする」


「生命尊重、友愛及び平和の情操の涵養に資するとともに」?

何を大上段に構えて、絵空事のようなことを記しているのか、
と言いたい。
明らかに虐待に遭っている犬一匹、救済できないのだ。

環境省は年内にも、ケージの大きさなど、
具体的な数値で規制する「飼養施設規制」の導入を目指し、
検討会を立ち上げる予定だが、実は、これも当初の予定より
かなり遅れている。
(遅れた理由として、環境省は、熊本地震の被災ペット対応
のためと述べているが・・?)

数値を決めるのは結構だが、そんな事をしなくても、
所有者への聞き取り調査(給餌の状況、疾病への対応、環境衛生etc)や、
愛護センターの獣医師による診断があれば十分ではないか。
(アニマルポリスのある国を参考にすればよい)

そもそも、動物愛護管理法という名称からして疑問である。
「愛護」という曖昧で、情緒的、かつ主観的な言葉で括るから、
具体的な対応ができない。
「愛護」は日本にだけ存在する言葉。
(ちなみに、英語の呼称は Animal Welfare Law)
少なくとも、以前のように、「動物保護管理法」の方が
より具体的であり、さらに、欧米のような、
「動物虐待防止法」という呼称が的確であると思う。

先ずは苦しんでいる命を救うというテーゼが明確に無いと
法律としての機能も、行政の適切な措置も望めないだろう。

人間は誠に勝手な生きものである。
自分が望む時だけ、命ある動物を「家族」とみなし、
不必要になると、たちまち「物」に変わる。
動物の法律も、人間の為に存在している。


(m)


スポンサーサイト

テーマ : 動物保護
ジャンル : 福祉・ボランティア

署名のお願い★ニワトリを狭い檻に閉じ込めないで

鳥インフルエンザの発生で、連日各地で、ニワトリの
大量殺処分が報道されています。

日本で売られている卵のほとんどは、
バタリーケージと呼ばれる、身動きさえままならない、
狭い檻で飼育されているニワトリに産ませたもの。

ぜひ以下の署名キャンペーンにご協力ください。


 ★私たちの食べる卵を産む鶏を苦しい檻に閉じ込めないでください 
https://www.change.org/p/%E7%A7%81%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%AE%E9%A3%9F%E3%81%B9%E3%82%8B%E5%8D%B5%E3%82%92%E
7%94%A3%E3%82%80%E9%B6%8F%E3%82%92%E8%8B%A6%E3%81%97%E3%81%84%E6%AA%BB%E3%81%AB%E9%96%89%E3%81%98%E8%BE%BC%E3%82%81%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%A7%E3%81%8F%E3%81%A0%E3%81%95%E3%81%84



自宅の近くにキーウイ畑があり、ニワトリを放し飼いしています。
ニワトリの糞がキーウイの肥やしとなり、
キーウイの繁った葉がニワトリを夏の暑さから守り、
冬になると葉は枯れ、陽射しが降り注ぎます。
1パック6~8個入りで300円。
放し飼いのニワトリの卵は色も味も全く違います。


スーパーでは、少し高価でも、放し飼いのニワトリの卵を買う
ようにしています。
「放し飼い」と表示されていても、本当に屋外で自由にさせている
ニワトリの卵かどうか、確かめる必要があります。


___20120414145252.jpg
キーウイ畑のニワトリたち


(m)

テーマ : 動物愛護
ジャンル : ペット

虐待の無い「上げ馬神事」へ (つづき)

2016年5月4日、多度大社における上げ馬神事では、
急坂を駆け上る恐怖でパニックとなった馬が暴れ、
逃走する事態となりました。

http://doubutsuforum.blog.fc2.com/blog-date-20160505.html

この事態を視察していた、「動物との共生を考える連絡会」
代表のコメント。

「多度大社は、壁の構造を変えず、
坂上の高過ぎる垂直壁に馬を挑ませ続け、
馬によっては虐待(酷使)となる。
失敗馬を無理矢理引きずり上げることも虐待だ。
観客に馬の悲鳴が聞こえないのはなぜだろう?」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

三重県の上げ馬神事に関して、動物との共生を考える連絡会
による視察報告の抜粋。2012年以降ー


現在までの流れ - 2015年


■ 猪名部神社 (4/4-5 現地視察調査 実施 終了)


4月4日(土) 1頭の馬が人馬転倒を起こした際に、
        起立不可能となり、瞳孔が開いている
         状態を獣医師が確認後、安楽死となった

■ 多度大社  (5/4-5 現地視察調査 実施 終了)


   5月4日   雨天の中行われた祭事において、
           12頭のうち1頭も成功者がでず。
           馬も乗り子も、足場の悪い状態で、
           急坂を登ることの危険さが露見。
    

      10頭目は、騎乗に手間取りやっとスタートしたが
       途中でUターンし 、騎手落馬、再騎乗を試みるが
       馬が大暴れして何度も落馬を繰り返した ために、
       騎手も馬も交換して行った。

       11頭目は、走路途中で鞍がずれて落馬。

           5月5日は、2頭が成功した。

           垂直壁で騎手が投げ出され馬は横転、
           垂直壁に激突して落馬し、 馬は横転した。

  2日間で18頭中たった2頭しか成功しなかったことは、
  馬に対して過度な要求(酷使)をしていることになるであろう。

≪当会の主張≫

●動物愛護管理法の改正で、動物虐待の定義に「酷使」が追加され、
 上げ馬神事における、高すぎる垂直壁に挑ませることは問題がある、
 と当会は考えます。

【参考】

 動物の愛護及び管理に関する法律 (第6章 罰則 第44条 第2項)
 原文はこちら
 第四十四条  愛護動物をみだりに殺し、又は傷つけた者は、
 二年以下の懲役又は 二百万円以下の罰金に処する。

2  愛護動物に対し、みだりに、給餌若しくは給水をやめ、酷使し、
   又はその健康及び安全を保持することが
   困難な場所に拘束することにより
   衰弱させること、自己の飼養し、
   又は保管する愛護動物であつて疾病
   にかかり、又は負傷したものの適切な保護を行わないこと、
   排せつ物の堆積した施設又は
   他の愛護動物の死体が放置された施設であつて
   自己の管理するものにおいて飼養し、
   又は保管することその他の虐待を
   行つた者は、百万円以下の罰金に処する。


現在の流れ - 2014年


■ 猪名部神社 (4/5-6 現地視察調査 実施 終了)


■ 多度大社  (5/4-5 現地視察調査 実施 終了)


2014年 8月 以下の関係機関に 改善の申し入れ文書を送付

(回答なし)

 多度大社   (本祭典を主催する寺社)

 猪名部神社  (本祭典を主催する寺社)

 三重県教育委員会 ( 県の無形文化財を管轄する機関につき )

 三重県健康福祉部食品安全課 (動物愛護に関する担当部署)

 三重県警   (動物愛護法 違反に関する 担当部署)

 桑名警察署  (動物愛護法 違反に関する 担当部署)

 いなべ警察署 (動物愛護法 違反に関する 担当部署)

改善申し入れポイントは

①「動物の愛護および管理に関する法律」において、

  動物虐待が定義されており

  本祭典における

 「急傾斜で、高さが国際的水準を超える」登坂の坂を登らせる

  ことが、【動物の酷使(虐待)】に当たると思われる点。

② 実際に現場では、いまだに馬に対する暴力行為
  (蹴る・水をかける)が散見される。


抜粋以上。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まもなく三重県でサミットが開催されます。
各国の首脳が、上げ馬神事を見学されたら、
素晴らしい日本の伝統と讃美するでしょうか??

(m)

テーマ : 動物愛護
ジャンル : ペット

環境省 犬の繁殖回数制限へ


犬の繁殖回数制限へ
悪質ブリーダー排除―環境省


時事通信 10月25日(日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151025-00000010-jij-pol

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

環境省は24日、子犬をペットとして販売するブリーダーに対し、
親犬への過度な負担を避けるため、
年間の繁殖回数を制限する方向で調整に入った。

商業目的で子犬が劣悪な環境で育てられるのを防ぐとともに、
利益のため親犬に何度も子犬を産ませる
悪質業者の排除につなげる。
新たな規制を議論する有識者検討会を
年度内にも立ち上げる。

動物愛護法に基づいて新たに設ける規制は、
ブリーダーやペットショップなどを対象とする。
母体保護の観点から繁殖回数の他、
犬や猫1頭当たりの飼育ケージの広さについても
具体的な指標を設ける考えだ。

ブリーダーやペットショップをめぐっては、
狭いケージでたくさんの動物を飼育するなど
悪質な業者が後を絶たない。
現行は「動物が自然な姿勢で立ち上がるなど十分な空間」
「職員数を踏まえ必要に応じ繁殖を制限」
といった規制にとどまり、
自治体から「数値基準を設けるなど、
より明確にした方が業者を指導しやすい」
と指摘されていた。

同省は検討会開催に併せ、過去の悪質なケースや、
業者に指導する上での課題などについて、
自治体にヒアリング調査を行い、業者の実態把握に乗り出す。 

(転載おわり)
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

そもそも、8週齢規制の実現と繁殖回数の制限、

さらに、飼育環境の基準はセットで整備されるべきもの。

長年、具体的な数値が無いために、劣悪な環境下に

犬猫を置いているブリーダーやペットショップに

自治体は手をこまねくばかりでした。

ケージの広さだけでなく、衛生状態なども含め、

動物福祉の向上に向けて速やかに取り締まりを強化

していただきたいと願っています。

(m)

テーマ : 動物愛護
ジャンル : ペット

「引き取り屋」という闇

「引き取り屋」という闇 

「殺さずに、死ぬまで飼う。
ペット店には必要な商売でしょ」

http://digital.asahi.com/articles/DA3S11666091.html?_requesturl=articles%2FDA3S11666091.html&iref=comkiji_txt_end_s_kjid_DA3S11666091

(以下、朝日新聞より転載)※太字は当ブログ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◇ペットとともに

昨年、栃木、佐賀などで犬の死体が大量に見つかる事件が相次いだ。
宇都宮市の河川敷などには約80匹が捨てられており、
ペットショップ関係者が逮捕された。
彼らが営んでいたのは「犬の引き取り屋」という聞き慣れない商売。
各地の事件の背景を探ると、犬が大量に生産され、
消費されるという日本のペット産業のひずみが見えてくる。

栃木県中部、最寄りのインターチェンジから数分も走ると、
コンテナやプレハブが雑然と並んだ一角が現れる。
車の音を聞き、初老の男性が姿を見せた。

 「ペットショップや繁殖業者の依頼を受けて犬を引き取っている。お金をもらって」

男性はそう話し、自分が「犬の引き取り屋」をやっていることを明かした。
建物からはひっきりなしに犬の鳴き声が聞こえていた。

宇都宮市で事件を起こした男は愛知県内の繁殖・販売業者から
100万円を受け取って犬80匹を引き取り、その多くを死なせた。
一方で冒頭の男性は栃木、群馬、茨城、千葉などのペットショップ、
繁殖業者から依頼の電話を受けて出向き、犬を引き取っている。
埼玉県内のペットオークション(犬猫の競り市)会場に行き、
「欠点」があって売れ残った犬を引き取ることもあるという。


 ■常時150匹以上世話

「週に1、2回は必ず電話がある。1度に5~10頭、
多いときは30頭くらいを引き取る。昨日は繁殖業者から7頭引き取った。
生後何カ月にもなって売れなくなったんだって」

こうして敷地内に、常に150匹以上の犬を抱えていると説明する。
男性も含めて3人で犬の面倒を見ており、
「毎日、掃除して、すべての犬を運動させる。
売れそうな犬は、繁殖業者や一般の人に5千~2万円ぐらいで販売する。
無料であげるのもいる。死ぬ犬は年間30~40頭ほど。みんな寿命」という。

栃木県動物愛護指導センターにも同様の報告をしているといい、
同センターは男性のビジネスを特に問題視していない。


 ■換気窓なく脚に糞

だが動物愛護団体の依頼で現地を確認した獣医師は、
「適正に飼われているとはとてもいえない状況だった」と指摘する。

「換気できる窓が見あたらず、全体に薄暗くて採光が十分に確保されていない。
脚に糞(ふん)が付いている犬も多くいた。
皮膚炎や眼病などの可能性がある犬もいたが、
適切なケアが行われている様子はなかった」

それでも男性の手元には小型犬で1万円、中型犬で2万円、
大型犬で3万円が引き取り料として入ってくる。男性はいう。

「殺さないで、死ぬまで飼う。僕みたいな商売、
ペットショップや繁殖業者にとって必要でしょう」
 

 ■犬の大量生産、「出口」求めて 動物愛護法の改正きっかけ

改正動物愛護法が2013年9月に施行され、
地方自治体がペットショップや繁殖業者からの
犬の引き取りを拒否できるようになった。
業者に対して、売れ残るなどしても、一度飼ったら一生面倒をみるよう徹底し、
犬を安易に自治体に持ち込むことを防いで殺処分数を減らす狙いがあった。

だがこれでは、犬の大量生産、大量消費という構造は変わらぬまま、
業者が不要犬の「出口」を一つ失う形となっただけ。
温存されたビジネスモデルは、
「犬の引き取り屋」という業態を新たに活発化させてしまった。
3度の改正を経たこの法律だが、業者による不適切な犬の扱いについて、
大きな課題を残したままなのだ。

埼玉県内でも13年10月以降、チワワなどが大量に遺棄される事件が相次いだ。
県生活衛生課主幹の橋谷田元さんはいう。

「宇都宮の事件で初めて『犬の引き取り屋』という業態を知った。
法改正で業者は犬の引き取り先を探すのに苦労しており、
闇でこんな商売が出てきているのだろう」

「闇」となってしまうのには理由がある。
冒頭の男性のように引き取った犬を一部でも販売していれば
動物取扱業の登録が必要だが、宇都宮市で事件を起こした男のように
引き取るだけなら登録は不要。行政の監視、指導の手が届きにくいのだ。

法改正にあたり環境省の諮問機関で部会長を務めた、林良博・東京大名誉教授(動物資源科学)がいう。

「業者のモラルに大きな問題があることは間違いない。
環境省など施策を進める側は、長期的な視点に立って、
商売のあり方や一般的な犬の飼い方などを
全体として見直していかなければいけない」

 (太田匡彦)                  (転載おわり)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「殺さずに、死ぬまで飼う」
つまり、飼い殺し・・
引き取り屋が言うと、恐ろしい。

「栃木県動物愛護指導センター」・・指導していないのですね。
なぜ問題視しないのか?
このセンターの名前は時おりネットで見かけますが、
非常に評判が悪いようですね。

繁殖業→ペットの競り市(オークション)→店頭販売
この構造的な問題を変えていかなくては状況はかわらないでしょう。

「8週齢規制」ばかりでなく、動物の飼育環境や繁殖制限などに
具体的な規制が求められます。
子犬や子猫は、、適切な 環境のもと、母犬や兄弟とともに8週間は、
専門的な知識と経験をもった人間の愛情にも触れながら、
育つのが当たり前となるべき。
ブリーダーはライセンス制とすべき。
値段は高額になるが、純血種を欲しい人は、かえって有難がるのでは?

とにかく、飼ったら、命の最後まで責任を持って欲しい。
病気になった、年老いた、引っ越す、などの理由で殺処分に持ち込むのは
人として真っ当とは言えない。
自分を癒してくれた老犬を看取りもせず、処分機の中で苦しませ、死なせる
飼い主の神経が謎。

(m)

テーマ : 動物愛護
ジャンル : ペット

プロフィール

動物との共生フォーラム

Author:動物との共生フォーラム
東京都


すべての命に人道的な配慮を。


★リンクフリーです。転載はご自由に。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
旬の花時計 V2
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。