スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TV中継された小池都知事・バッハIOC会長の会談

本日18日、IOCのバッハ会長が都庁を訪ね、
小池都知事と会談した。
その一部始終がTVで放送された。
会談の公開は、小池知事からの申し入れだそうだ。
「情報公開」を選挙公約に掲げた小池氏の有言実行と言える。

2020年、東京オリンピックのボート・カヌー競技の競技場については、
連日、様々な報道がされ、今朝の新聞には「韓国開催もあり得る」
という見出しが躍り、都庁が根拠も無い安い金額を提示していた
ことが報じられた。

ボート会場 都、IOCに安い金額を虚偽報告 (毎日新聞)
http://mainichi.jp/sportsspecial/articles/20161018/k00/00m/050/098000c?fm=mnm

長年にわたって東京都の財務管理は一体どうなっているのか?
都知事は何をしていたのか?と憤りを禁じ得ない。

さらに、夕刊には、ボート会場整備費を300億円に削減できると、
都が試算したことが報じられている。
それならなぜ、最初からもっと節約できなかったのか?

小池都知事とバッハ会長の会談は逐次通訳をはさんで行われ、
バッハ会長の英語もわかりやすく、興味深く見た。
通常、こうした会談の冒頭だけが公開されるが、一部始終を
ナマで見られると、報道に頼らずとも、明確な情報が得られる。
会談の中で、バッハ会長は、「principle」(原則)、「feasible」
(実現可能な)という言葉を繰り返し使った。
ボートやカヌーの競技団体は、IOCが既に決めた計画は変えられない
と主張しているが、バッハ会長の発言は含みを残しながらも、
原則を曲げないならば、コスト削減に賛成と受け取れ、
さらに、IOC、東京都、政府、五輪組織委員会との四者協議を提案した。
今まで、組織委員会や競技団体から圧力を受けていた小池都政にとっては
天の声にも等しい。協議にIOCが加わる意味は大きい。

東京オリンピックについては、新国立の費用、ロゴの出来レースと
問題が相次ぎ、これらはすべてバックヤードで秘密裏に決められた
ことであり、多くの都民が不信感を募らせている。
責任がどこに、誰にあるのか、曖昧であることも大きな問題。

ボートやカヌーの競技団体は、現計画の「海の森」での
開催を支持しているが、この場所は風が強く、海水は
ボートを腐食するなど、アスリートからは不満の声が聞こえる。
どうやら、宮城県の長沼などで開催するのは、都落ちする
ような感じがあるらしく、選手村で他競技の選手と交流する
ことも大切、などと競技団体は主張している。
しかし、今までの不透明な流れから、何かもっと別の理由
があって会場変更に反対しているのではないか、
と思ってしまう。
招致をした際の、「復興五輪」はどこへ消えたのか?
仮設住宅を、選手用の宿舎に衣替えするのも良い提案と思う。

今までの五輪組織委員会の不透明さは目にあまる。
とくに、森元首相が不透明の極み。
いい加減、ご退場いただけないだろうか・・・

ロンドンオリンピックの際にも開催2年前に競技場を変更している。
今なら、まだ間に合う。
情報を都民、国民に逐一明らかにして競技会場を
決めていただきたい。

小池都知事、今後もTV中継してください。

千代田区でオリンピック整備のために伐られる予定だった
街路樹は、多くの反対の声で、なんとか伐られずにすむようだ。
しかし、すでに多くの枝が伐られ、無残な姿を晒している。

(m)

スポンサーサイト

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

豊洲市場問題 「東京都」は腐っても鯛なのか?

先週土曜日の緊急記者会見で、小池百合子都知事が
計画上策定されていた「盛り土」が豊洲新市場の主要な
建物で行われていないことを公表した。

識者からなる専門家会議が必要と決めた「盛り土」
を東京都は独断でコンクリートの囲いに変更し、
都民には「盛り土」をしたと説明していた。

端的に言えば、都民をだましていたわけであり、知事には
変更を先導した責任者を明らかにしていただきたい。

行政は不祥事が発覚しても、通常、その責任が誰にあるのか
はっきりしないままになってしまうことが多い。

築地市場の移転に関しては、今なお反対している関係者も多く、
オリンピックのための道路建設のためであるとか、
ブラックボックスの存在とか、都議会のドンの関わりなど、
非常にきな臭い。

豊洲への移転を強く推してきた石原元知事をはじめ、猪瀬、
舛添元知事が看過してきたのか、手が出せなかったのか、
その責任も問われよう。

築地移転延期については、朝日新聞が
小池知事を叩いている。
例えば、以下の記事。


安全性理由 募る不満
築地移転延期「風評被害を助長」
都説明会 業界団体、知事見解に反発
http://www.asahi.com/articles/CMTW1609121300002.html

築地市場の移転延期に反対する業界団体トップたちの
反発をメインにした内容で、
情報公開の不足について言及した小池都知事に対して
築地の組合理事長は、「何をこれ以上情報公開しろというのか」
と述べている。

こうした業界団体からの反発を受けてなのかどうか、
小池知事は10日土曜日に緊急記者会見を開き、
「盛り土」の件を公表した。

これで完全に潮目が変わった。
東京都による変更は豊洲市場の安全性の根幹に関わるものであり、
今後、都が汚水調査などを行っても
その信ぴょう性が問われる事態となっている。

各紙、テレビで大きく報道されているが、なぜか
朝日の紙面では扱いが小さい。
小池叩きをやっていたせいか、はたまた産経が大きく
取り上げているからかどうかは知らないが、
極めて重大なニュースなので客観的に、読者の
益になる報道をしていただきたく思う。

さらに疑問は、果たして東京都の職員以外にも、
盛り土をしなかったことを
知っていた人物がいるのではないかということだ。
豊洲は大掛かりな工事だ。
工事現場や過程を見れば、誰にでも見抜けることではないだろうか。

(m)

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

蓮舫さん、タレント精神からの脱却を!

民進党の代表選挙に立候補している蓮舫氏の
二重国籍問題が波紋を呼んでいる。


蓮舫氏「二重国籍疑惑」が示す民進党の問題点
東洋経済 ONLINE
http://toyokeizai.net/articles/-/135075


「CREA」(1997年12月号)のインタビュー記事で
「自分は台湾国籍」と答えているが、あれは「台湾国籍だった」
と答えたはずだ、と発言されている。
原稿のゲラを確認しなかったのだろうか。

蓮舫氏の一連の発言や、訂正発言が繰り返されるのを聞き、
ずいぶん軽率に喋る人なのだなと思う。

「岡田代表はつまらない男」という発言も、ご本人がユーモア
のつもりであったならば、まったくズレている。

過去には、国会議事堂内でファッション誌の撮影に応じた
ことが物議をかもした。

蓮舫氏は舌鋒鋭く、歯切れよい話しぶりを武器とする。
が、それが時に、諸刃の剣となり、炎上するようだ。

彼女の自信を支えるのは参院選挙での投票の多さである。
民進党の議員たちが彼女を代表にと推すのは、
票を稼ぐ人間を看板に据えたいという意図がみえみえだ。

失礼だが、大変危なっかしい代表になるような気がする。
自民党がほくほく喜ぶことになるだろう。

思うに、蓮舫氏がめざす具体的な政策というのはあまり
耳にしたことがない。
TVで聞くと、抽象的なことばかり言っている。

時おり、プロフィールで、北京大学に留学と記載されているが、
これは北京大学の中国語センターへの語学留学で、
そうした経歴の記載なども、ご本人が確認すべきだと思う。

政治家の繰り返される訂正発言はいただけない。

政治家には、まず正直であって欲しいと願う。

村田姓を使わず、タレント時代の蓮舫をそのまま政治家として
使いつづけ、その言動からも、どうしても蓮舫氏からは
まだまだタレントの世界から精神的に脱却していないのではないかと
思わざるを得ないのである。

(m)

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

舛添都知事は辞任すべき。

舛添知事の記者会見は苦しい言い訳に満ちたものだった。
高額な海外出張費、公用車を使用しての別荘通い、
政治資金の公私混同・・

学者から政治家に転向した舛添知事だが、長らく、
ご本人の望むようには道が拓けてこなかったように思う。
前知事の選挙資金問題による辞職でタナボタのように
転がり込んできた都知事の椅子。

今までの鬱憤ばらしで贅沢三昧に陥ったのだろうか。
いや、昔から、そうだった、との声もある。

都政は石原都知事の時代から、知事の贅沢三昧が批判されてきた。
その慣習を引き継いだとも言える。

先日、町田市で、87歳の老女が92歳の寝たきりの夫の首を絞め、
自殺したという痛ましい事件があった。
介護に疲れたあげくの悲痛な選択だったようだ。

湯河原で温泉に漬かりながら家族と過ごしていた知事は、
この事件をご存じだろうか。

高齢者施設に入所するための絶望的なウエイティングリスト、
子供を保育園に入園させるための長い順番待ち・・
非正規雇用の不安定な生活・・
年金生活者の将来不安・・

都民が抱える深刻な問題が山積する中、
舛添知事をニュースで見るのはオリンピックに絡むことばかり。

政治資金の公私混同については、家族と泊まっていた
ホテルの関係者が、「会議などは開かれなかった」と
証言している。

回転ずしで食べた代金まで政治資金を使うとは
都知事として、あまりにさもしいのではないか。

金銭感覚が都民とかけ離れた舛添知事に都民の暮らしは
託せない。託したくない。信頼できない。

舛添知事は辞任すべきだと思います。

(m)

テーマ : 今日のつぶやき
ジャンル : ブログ

じぇじぇじぇ!自民党のご都合解散

じぇじぇじぇ!って、なんかすでに死語の感じが・・。
「あまちゃん」ブームは一時のものだったか・・
「ごめんね青春!」も視聴率ひとケタだしね・・

永田町には唐突な解散風が吹き荒れているようですが、
こんなご都合解散は記憶に無い。
消費税増税は棚上げにして解散(国民へのあめ玉)、
来年からは、原発再稼働とか、集団的自衛権の問題とか、
自民党に不利な条件が目白押しだから、
まだ有利な今のうちに解散、という腹積もり。

選挙にはお金がかかる。
国民にはいい迷惑だ。
アベノミクスとか言うけれど、
暮らしが楽になった感じはまるでない。
大企業が儲け、庶民は格差に泣いている。
長時間労働は変わらず、給料は一向に上がらない。
今後はさらなる派遣切りも待っている。

安倍おぼっちゃま政権は財界の方ばかりを向いている。
巨額予算を投じた公共事業で財政赤字は膨らむばかり。
成長戦略はカジノだって・・。

しかし、首相が海外に居るさなかに、
解散話が否応なく進むとは、
数日前のインタビューで安倍首相は、
「解散は考えていない」と本気で答えたようなのに、
首相はやはり神輿に乗せられているだけだということが、
今回よくわかったのでありました。

話は・・

(m)

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

動物との共生フォーラム

Author:動物との共生フォーラム
東京都


すべての命に人道的な配慮を。


★リンクフリーです。転載はご自由に。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
旬の花時計 V2
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。