阿仁熊牧場 「命の森 学ぶ森」に向けて意見案

阿仁熊牧場:「命の森、学ぶ森」に 専門部会、利活用へ意見案 
/秋田


(毎日新聞 2014年02月23日 地方版より転載)
http://mainichi.jp/area/akita/news/20140223ddlk05040097000c.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
従業員2人がヒグマに襲われて死亡し、その後廃業した秋田八幡平クマ牧場(鹿角市)

に残ったヒグマ19頭を受け入れた阿仁熊牧場(北秋田市)の利活用を話し合う協議会の専門部会

(部会長、小松守・秋田市大森山動物園長)はこのほど、意見案をまとめた。

協議会が最終的にまとめた後、県議会に報告する。


専門部会は昨年7月に設置。

大学や動物園の専門家ら9人が阿仁熊牧場の利活用について話し合いを進めてきた。

その結果、訪れる人に生命の尊さや大切さを感じてもらい、

自然と人と動物をつなぐ場になってほしいという思いから、

熊牧場のコンセプトを「命の森、学ぶ森」と決定。

クマの息づかいが感じられる展示▽マタギ文化などを学ぶ場▽大学などがクマを研究する場−−

などの実現を提案する。


北秋田市はヒグマを受け入れるため、県から全額補助を受けて熊牧場を増改築中で、

3月に全工事が終了する予定だった。しかし、雪の影響で工期延長を余儀なくされ、

オープンは7月にずれ込む見通しという。【小林洋子】

                       (転載おわり)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

新たなコンセプトに沿って、阿仁熊牧場は名称などを変更するようです。

(m)
スポンサーサイト

テーマ : 動物愛護
ジャンル : ペット

八幡平から阿仁熊牧場へ ヒグマの移送開始

ヒグマ:19頭移送始まる 秋田八幡平から阿仁熊牧場へ
毎日新聞 2013年12月16日 19時42分(最終更新 12月16日 20時33分)

(以下、毎日新聞より転載)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

従業員2人が飼育していたヒグマに襲われて死亡し、その後閉鎖された秋田八幡平クマ牧場

(秋田県鹿角市)で16日、残ったヒグマ19頭を受け入れ先の阿仁熊牧場(北秋田市)

へと移す作業が始まり、初日は4頭を移送した。

県によると、25日までに、全頭を移送する予定。


県職員や元経営者ら約20人の立ち会いの下、ヒグマを入れた檻(おり)を大型トラック3台に載せ、

約120キロ離れた阿仁熊牧場へ。

約3時間半かけて到着すると、檻はクレーンでつるされ、クマ舎に運ばれた。


ヒグマを受け入れるため、阿仁熊牧場は県から全額補助を受け

北秋田市が約3億4800万円をかけて増改築工事中。

ヒグマを飼育するクマ舎の工事は13日に完了したが、外観など全ての工事が完了するのは来年3月の予定。



北秋田市によると、クマ舎の中は20個の檻が設置され、ヒグマを1頭ずつ飼育でき、

医療設備も整っているという。また、入場者はヒグマを観察できる構造になっている。

受け入れが完了すれば、阿仁熊牧場でのクマ飼育数はツキノワグマ73頭、ヒグマ20頭となる。


北秋田市の津谷永光市長は「滞りなく移送作業が始まりほっとしている。

安全を確保しながらたくさんの方にクマを見に来ていただけるよう、

来春のオープン(冬季休業からの再開)に向けて準備を進めたい」と話した。【池田一生】

                           (転載おわり)

http://mainichi.jp/select/news/20131217k0000m040029000c.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(m)

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

阿仁熊牧場利活用推進協議会 初会合が開催

阿仁熊牧場の利活用、振興策探る 推進協が初会合
http://www.sakigake.jp/p/akita/news.jsp?kc=20130724e

(以下、さきがけon the Web)より転載          2013年7月24日

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


県と北秋田市が同市の阿仁熊牧場の振興策を話し合う「利活用推進協議会」

(会長・佐々木誠県生活環境部長)の初会合が23日、同市の打当温泉マタギの湯で開かれた。

協議会が設置した専門部会では「体験型施設にしたい」「クマと人との関わりを紹介する展示が必要」

などの意見が出された。


協議会は県と市、牧場指定管理者、地元自治会の4者で構成。

専門部会のメンバーは、日本熊森協会(兵庫県)、北海道大獣医学研究科、大森山動物園(秋田市)、

秋田内陸縦貫鉄道(北秋田市)など9団体。部会長には大森山動物園の小松守園長が就いた。


利活用推進に向けた検討事項は▽入場者数増加▽情報発信▽環境教育と調査研究—の3点。

メンバーからは、入場者の増加を図るため「児童生徒をターゲットにするべき。

首都圏の学校に営業をかけられないか」との意見が出た。

情報発信や環境教育については「クマに関して来場者に何でも説明できるガイド育成が必要」との案もあった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

赤字解消のためにも、協議会には斬新な発想を期待します。

PRも大切ですが、中途半端な従来型プランで入場者増は見込めないと思います。

幅広い分野を巻き込んで、わくわくするような活用計画を。

阿仁は山あり、温泉あり、マタギや縄文の文化あり・・自然観光資源の宝庫ですから。

(m)

テーマ : 動物愛護
ジャンル : ペット

阿仁熊牧場 八幡平からのヒグマ受け入れ施設案を発表

秋田・クマ牧場事故:ガラス越しに観察 県が受け入れ施設案

2013年04月23日  (毎日新聞)

http://mainichi.jp/select/news/20130423mog00m040007000c.html

(以下、転載)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


県は22日、県議会福祉環境委員会で、

秋田県鹿角市の秋田八幡平クマ牧場=廃業=のクマを受け入れるための

北秋田市の阿仁熊牧場の受け入れ施設の整備案を示した。

ガラス越しにクマを観察したり、高さ約5メートルの遊歩道からクマの様子を見渡せるようにする。


昨年の12月議会で示した素案を一部修正した。

クマを複数の角度から観察できるよう屋上に約70メートルの遊歩道を設置。

1階部分は高さ2.6メートルのガラス張りにして、池でクマが遊ぶ様子を見られるようにする。

さらに、運動場の地面の一部にガラスを張り、下から観察できるようにする。

クマが休憩できる穴を設け、小窓から来場者が中の様子をのぞけるスペースも設ける。

脱走防止策としては、内柵の上部は透明の金属板と同じ効果がある「ポリカーボネート板」に。

6段階の高さに張る電気柵が故障しても、クマは爪を立てて登ることができないという。


鹿角市のクマ牧場にはヒグマ20頭が残されている。7月上旬に施設の工事に着工し、

年内にクマ収容施設を完成させ、ヒグマを移送する予定。


県と市、牧場を経営する三セクは、7月にも阿仁熊牧場利活用推進協議会(仮称)を設置。

大学研究者や動物園関係者ら10人程度が阿仁熊牧場のソフト面の利活用方法などを話し合う。(小林洋子)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

阿仁クマ牧場の受け入れ施設の概要が公開されました。

夏には、利用推進協議会が設置されるそうですが、地域起こしという面からは、大学研究者や

動物園関係者のほかに、軽井沢ピッキオのように動物保護とネーチャーツアーの両方に実績のある

他分野の方々も参加されるとよいのですが。諸外国の例も参考になると思います。

記事には、施設のイメージ図面も掲載されています。

(m)

テーマ : 動物愛護
ジャンル : ペット

【阿仁熊牧場】~今夏、秋田県が協議会を設置~

阿仁熊牧場活用へ 秋田県、協議会を今夏に設立
http://www.asahi.com/area/akita/articles/TKY201303090270.html
(朝日新聞 2013年3月10日より転載)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鹿角市の秋田八幡平クマ牧場(廃業)に残されたヒグマ全20頭を引き受ける北秋田市の阿仁熊牧場について、

県は、集客や活用策などを検討する専門家の協議会を、今夏につくる意向を示している。

協議会のアイデアや助言を受け、実現できるものは

2014年春に改装オープン予定の阿仁熊牧場の運営に生かしていきたい考えだ。


北秋田市は県の全額補助を受けて、ヒグマ受け入れのための施設を既存施設の隣に整備する。

県によると、クマの移送や工事は今年末までに終わる予定だが、牧場は冬季に休業するため、

新施設を含めたオープンは14年春の黄金週間前後になるという。

県は開業に間に合うように今夏に協議会を立ち上げて、13年中に少なくとも2回は会合を開きたい考えだ。


大森山動物園(秋田市)や男鹿水族館GAO(男鹿市)、県内外の動物愛護団体、大学などから

10人程度に参加してもらい、研究や教育の場として牧場をどう活用するかなどを検討してもらう。

県の担当者は「イベント誘致やキャラクターグッズの開発などについても、議論してほしい」と話している。

                                    (転載おわり)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

秋田八幡平クマ牧場から移送するクマの飼養に関する県の取り組み。

生態観察型の、サンクチュアリファームを設けると報道されていますが、

クマの研究者や次世代に向けての研究、教育の場としてぜひ活用していただきたく、

クマがより自然に近い環境で過ごせ、

「クマ」だけのことを考える愛護団体的な発想ではなく、

北秋田の豊かな自然とマタギ文化、温泉などを活かし、地域全体の活性化につながるような、

斬新かつ、国際的なセンスのあるパーク&ハイキングゾーンの実現に期待します。

二番煎じ的なキャラクターグッズの開発や、安易なイベントはイメージを損ないます。

ところで、「マタギの湯」で販売されていた「またたびボディーソープ」はクリーミーで素晴らしい香りです。

自宅に取り寄せていました。

ああした商品も紹介できるのではないでしょうか。

(m)

テーマ : 動物愛護
ジャンル : ペット

プロフィール

動物との共生フォーラム

Author:動物との共生フォーラム
東京都


すべての命に人道的な配慮を。


★リンクフリーです。転載はご自由に。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
旬の花時計 V2
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR