動物との共生フォーラム

Friends of Nature & Animals Forum

殺処分ゼロの定義~譲渡困難な犬猫に関する疑義~

殺処分ゼロ」、定義明確に=譲渡困難な犬猫除外
―環境省

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180
503-00000013-jij-pol


殺処分の定義が全国の自治体でばらばらでは困る
というのは理解できますが、
2018年の動物愛護管理法改正の指針に盛り込まれる予定である
「殺処分頭数から譲渡困難な犬猫を除外する」ことについては
(環境省・動物愛護部会の議事録にも記載されています)
多くの疑問を感じます。

・先ず、譲渡困難かどうかを、誰が判定するのか?
・判定まで、どれくらいの日数が設けられるのか?
※収容動物の多くは脅えており、その個体本来の性格を
掴むには時間がかかるのでは?
:老齢犬猫は何歳からとするのか?老犬、老猫は判定落ち?
※個体差があり、老齢であっても、人に馴れ、健康な犬猫はいる。
・野犬はすべてアウトか?
※順化が可能な個体もいる。
・授乳が必要な子猫については?

傷病の犬猫についても、収容後に治療の甲斐なく死亡した場合や、
苦痛からの解放のため、やむなく安楽死させることは理解できますが、

・感染症はどのように判定されるのか?
例えば、ネコ風邪はアウトか?感染する皮膚病については?
感染症のキャリアについては?
※傷病の犬猫でも引き取って世話をしたいという人はいる。

収容スペースが無いために、譲渡に適した犬猫を
優先収容したいという考えも理解できますが、
「殺処分ゼロ」を数字だけ達成させるために定義づけするのは
多いに疑問です。
譲渡困難=里親希望者が少ない、ということだけで判断されかねません。
また、定義づけにあたっては、具体的かつ詳細なガイドラインが
必要だと思います。

以下は、東京都の定義(ご参考までに)
(カウントされない殺処分)

(6) 殺処分
・以下の場合は譲渡対象とはせず、動物福祉の観点から殺処分することがあります。
・飼養管理が困難な生後間もない子犬や子猫
・治療が困難な著しい苦痛を伴った負傷動物
・著しい攻撃性等、問題行動を持ち矯正が困難な動物
・飼育管理が困難な高齢動物

これでもまだ不十分だと思いますが、東京都には野犬はほぼおらず、
最近は雑種犬も見かけることが少なく、
殺処分の大半は生後まもない子猫で(処分数は激減)
50を超える保護団体が引き取りをしています。
ただ今後、高齢者の飼育放棄や多頭飼育崩壊の増加を考えると、
現今の団体頼みのシステムでは厳しくなるでしょう。

殺処分の定義は、法改正の指針に盛り込まれるとのことなので、
センターや保健所と関わっている団体や個人ボランティアは
意見表明をされた方が良いと思います。

以下、殺処分の定義に関して、西山ゆう子獣医師がFBで
的確に指摘されていますので、ご参考までに。

https://www.facebook.com/dryukonishiyama?fref=pb&hc_location=friends_tab


(m)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今年はGWに、マイクロチップの義務化法案やら、殺処分の定義やら、
重要なニュースが次々と報道されました。
この記事を書こうとしていたところ、中国へ行ったパンダのニュースを
見て、そちらを優先したため、投稿が遅くなりました。

今回の動物愛護管理法改正は、多くの面で残念な結果になりそうです。







#殺処分 #定義 #環境省 #譲渡困難 #犬猫
スポンサーサイト

テーマ:動物愛護 - ジャンル:ペット

  1. 2018/05/10(木) 17:06:04|
  2. 動物行政
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東京都における殺処分の定義

巷では「殺処分ゼロ」の是非が盛んに取り上げられていますが、
そもそも、殺処分の中身とは何か。
以下は、東京都の殺処分について。

動物愛護相談センター整備基本構想(案)
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/kankyo/aigo/shingi/singih28.files/3_siryou3.pdf

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1.動物福祉等(苦痛からの解放、著しい攻撃性、
  衰弱や感染症によって成育が極めて困難)
  の観点から行ったもの、及び、
2.引き取り、収容後に死亡したものを除いた致死処分を
  殺処分と表現しています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


小池都知事は殺処分ゼロを公約に掲げており、
東京都は動物愛護相談センター(本所)を移転、新築します。

上記1,2を除いた殺処分は、離乳前の子猫が大半。
都民からの意見募集(2月・送付者数 180件)でも
新たに構想されているセンターにおけるガス処分廃止を求める意見が
多数寄せられました。

東京都の場合、子猫の殺処分に対策を打つ必要があり、
処分頭数からすれば、もはやガス処分機は要りません。
麻酔薬を使った安楽死に切り替えて欲しいと切に願います。

ガスによる殺処分は非人道的です。
薬を使うのは担当職員の心的負担が大きいと言われ、
コストもかかりますが、
人間の都合により、センターに持ち込まれた犬や猫を
機械のボタンを押すだけで窒息死させ、遺骸をゴミのように
処分し、この世に存在しなかったように扱うことこそ、
「殺処分ゼロ」を唱える前に止めるべきことではないでしょうか?

「終生飼養」「適正飼養」の啓発も必要ですが、
すべての人間が良い飼い主になれるわけではありません。
やむを得ず、ペットを手放す場合もあります。

「ゼロ」という数字に囚われ、
以前よりも、ガス致死の廃止を求める声が少ないと感じております。
(中型~大型犬を保定できる獣医師が少ないからとも聞きました)

(m)

テーマ:動物保護 - ジャンル:福祉・ボランティア

  1. 2017/04/23(日) 23:15:43|
  2. 動物行政
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

熊本県動物愛護センターの現状

殺処分ゼロ宣言の前に必要なことは、現場の受け入れ態勢を整えること。

ボランティアの善意に甘える行政。

殺処分ゼロのもとで放置される収容動物たち・・

以下は、現場ボランティアさんからの貴重な発信です。



「鬼」は誰なのか。熊本県動物愛護センターの現場から。
http://ameblo.jp/yumeyume0801/entry-12267087727.html



テーマ:動物保護 - ジャンル:福祉・ボランティア

  1. 2017/04/20(木) 22:56:26|
  2. 動物行政
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

杉並区 飼い主のいない猫を増やさない活動支援事業

久しぶりに、ぜんこく犬猫助成金リストを見たら、
杉並区の助成金額の欄が「要確認」となっておりましたので、
以下に、支援内容を記しておきます。

★杉並区では、今年度より支援事業が変更されました

*支援事業の対象は「飼い主のいない猫」。

新たに、登録グループ(3人以上)として区への登録が承認されると、
3~5頭までを随時、区内の協力動物病院で以下の処置が無料で
受けられます
(登録証と腕章を配布)。

・不妊または去勢手術 ・3種混合ワクチン接種 ・ノミダニ寄生虫駆除
・耳カット ・マイクロチップの挿入 ・妊娠中の猫の堕胎手術

また、今まではグループ申し込み制だった、春秋(4月・9月)の募集も
個人で申し込みが出来るようになりました。
但し、オス2千円、メス4千円が自己負担となります。
支援内容は上記と同じです。

なお、杉並区では、子猫はもちろん、馴れている成猫は保護し、
馴れていない猫も、なるべく馴らして譲渡するTNTAを推奨しています。


※ Trap (捕獲)Neuter(不妊去勢) Tame(馴らす) Adopt(譲渡)

mike_2015041723124576f.jpg

さらに、飼い主のいない猫が多数繁殖し
直ちに対応が必要な場合は、
「緊急枠」もありますので「杉並どうぶつ相談員にご相談ください。



(m)
  1. 2017/04/08(土) 19:28:28|
  2. 動物行政
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

動物行政の深刻な人手不足

犬猫の流通、監視できていますか 
自治体の業者規制など調査 
動物愛護の担当「人手不足」

朝日新聞 sippo
http://sippolife.jp/article/2017013000001.html


重要な記事なのでぜひお読みください。
全国の自治体を対象にした最新の調査の結果、
浮かび上がってきたのは、
動物行政の慢性的な人手不足という深刻な現実。

苦情への対応に追われ、動物取扱業の管理にも手が回らず、
保護動物への世話にも追われる自治体職員。

前回の動愛法改正の際にも、地方自治体から人手不足の声が
あがっていたと思いますが、
まさに現場は悲鳴をあげている・・
動物行政を増強しない限り、今後とも、どのような改正が
法律上、実現しても、現場での運用はかなわず、
記事でも書かれているように、絵に描いた餅となります。

(m)

テーマ:動物愛護 - ジャンル:ペット

  1. 2017/02/08(水) 20:35:44|
  2. 動物行政
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

動物との共生フォーラム

Author:動物との共生フォーラム
東京都


すべての命に人道的な配慮を。


★リンクフリーです。転載はご自由に。

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

旬の花時計 V2

最新記事

カテゴリ

大震災 動物関連 (124)
動物愛護管理法 (71)
民主党【犬猫等の殺処分を禁止する議員連盟】関連 (5)
ゾウのはな子 (22)
野生動物 クマ (49)
秋田・クマ牧場 (26)
ゾウ (12)
野生動物 その他 (32)
動物園 (31)
犬・猫などペット (30)
動物行政 (32)
地域猫 (20)
官民協働 (19)
動物関連ニュース (35)
政治・時事 (45)
映画・TV (13)
エッセー (32)
Book Review (8)
オススメ! (1)
イベント案内 (21)
杉並&近隣情報 (10)
自然・環境 (11)
植物・園芸 (7)
未分類 (3)

鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ

クリックでエサをあげられます

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR