デパートで国内最大級の保護猫譲渡会!~一線を越える?保護団体~

わんにゃんEXPO

デパートの催事です。

8月17日~21日 京王百貨店・新宿店

わんにゃんEXPO
 ○sippo写真展「みんなイヌ、みんなネコ」 
  コンセプト:保護犬・保護猫を普通の選択肢に
 ○国内最大級・保護ネコ譲渡会(19、20日各200頭程度予定!)
 ○とよた真帆さんなど著名人のギャラリートーク(19、20日)
 ○猫グッズ販売
 ○五十嵐健太さん写真展
 ○ペットグッズのワークショップ

国内最大級、二日間で各200頭の保護猫譲渡会!
保護団体が開きます。

「わんにゃんEXPO」と聞いて何か思い出しませんか?
前回の動物愛護管理法改正の折に禁止されるべきとして
大いに批判されていた「移動販売」。
その理由は、幼齢の犬や猫にかかる移動の負担、人混み、騒音、
衛生管理、感染症への懸念、等々・・

「移動販売」は禁止されず、現在も、以前よりは目立たない形で
続いていますが、デパート等での大規模な催事はあまり見かけなく
なったように思います。

生体が「保護動物」なら、問題ないのでしょうか?
動物が受ける影響は同じはずです。

猫ブームだったり、東京都の小池都知事が殺処分ゼロを公約に
掲げるなどして、マスコミにも保護犬や保護猫のことが多く取り上げられ、
一方で、多頭を保護している団体にとっては、
いわば、必要悪であっても、譲渡会はぜひ開催したいもの。
しかし、猫ブームに便乗した商業ベースに乗せられてしまっていいのでしょうか?
動物福祉の観点から問題はないのでしょうか?

譲渡会を開くなら、保護動物を飼養している施設で、
動物を移動させず、面会時間も制限して、感染症などにも留意する
必要があります。
そのようなベストな環境での開催はなかなか難しく、
動物の移動が必要だとしても、「数」をこなそうとすれば、
必ず「質」は落ちます。

多頭保護をしている団体も、シェルターや預かりは、ギリギリの人数で
回しているところが多い現実も考えると、
動物保護団体が数を重視するあまり、一線を越えてしまうことを
懸念します。

(m)

スポンサーサイト

テーマ : 動物保護
ジャンル : 福祉・ボランティア

フェイスブックが振りまく虚像~お困り猫ボランティア~

子猫シーズンまっただ中、ミルクボランティアという言葉も
定着して、日夜、授乳されているボランティアさん、お疲れ
さまです。ボランティア活動の中でも大変な部分の一つです。

さて、某ミルクボランティアさんのFBページを見て驚きました。
10年ほど前から熱心に活動を始めた方ですが、
地元では、多くのボランティアが知っているお困りボランティア。
その人が300人のフォロワーを持ち、ちょっとしたヒロインのように、
もてはやされています。

授乳ボランティアは有難い存在ではありますが・・。

長年、活動を続けていれば、失敗から学び、猫の扱いなども
慎重に、より丁寧になると思うのですが、性格的に学べない
ボランティアもいるようです。
世話になった人を大層ほめたかと思うと、一転、人づてに
聞いたことなどに単純に反応して悪口を言い出します。
自分で確かめようともせず・・。

たった3年前の今ごろ、このボランティアは、まだひと月半の
子猫4匹を不妊去勢し(1キロに達していませんでした。一匹は500g)、
大雨警報が出ていたにもかかわらず、TNRしようとしました。
直ちにしなくともよい(まだしない方がよい)手術に、
なんと数日で12万円以上も支払いました。ほぼ独断です。
とにかく、”数”をこなしたがる傾向があり、
一緒に活動していたボランティアは返済に追われました。

さらには、初めて猫を飼う里親希望の家族に、パルボ擬陽性の
子猫を黙って譲渡しようともしました。
厄介払いするように譲渡するのです。
「大丈夫よ。違う病院でワクチンを打ったから、擬陽性は
一時的よ」と、その人は言うかもしれません。
けれど、万一、譲渡した先で、発症したら?
里親を希望されていたご家族には二人の小学生がいて、
猫を飼うのを心待ちにしていました。
パルボで死んでしまったら、この子たちはどんなにか
悲しむことでしょう。
そこまで考える想像力は無いのです、猫のことしか
考えられないボランティアには・・。


地域で猫の世話をしている方々に連絡もなく、
とつぜん不妊去勢をすると、猫を捕まえに現れ、猫獲りと
間違われて、警察に通報されたり・・
武勇伝?と迷惑話には事欠きません。
(ご本人に自覚はないでしょうが)

さらに、ボランティアと対立すると激高し、まずはメール、
それから電話攻勢、そして夜間に相手の家にまで押しかけ、
「明日、保健所に言いに行く!」とまくし立てます。

しかし、とっくの昔から、行政は彼女を敬遠しています。

お困りボランティアについては、どんなに耳にしていても、
実際に、その人と活動してみないと分からない場合が
多いのです。
その多くは、猫に”病みつき”になっている人たちです。
もしこの世からノラ猫が消えたらどうするのでしょうか・・
けれど、それは先ずあり得ないので、やり続けるのでしょう。

今まで、彼女と一緒に活動して
長続きした地域のボランティアはほとんどいません。
そこで、基本的に独りの活動で、どんどん外へ、
動物愛護団体の手伝いへと活動を広げていきます。

このような方が活動をライフワークにしていることが、
猫にとって、動物福祉から見て、果たして良いのかどうか、
はなはだ疑問です。
多くの命を救って、幸せにしてもいるのでしょうが、
同時に、きちんと検査をしているのか、適正譲渡、
適正飼養をしているのかも気になるところです。

SNSは、その人の良い面しか表に出ない、いわば
その人のPRツールです。
こんなに頑張っています、の競い合い。
ページを見る人々は、可愛い子猫たちに心酔します。

ネット空間に振りまかれる虚像。
今さらながらに、怖いものだと思いました。
もちあげ、「いいね!」をしている人々にも、一端の責任はあると思います。

こういう話は書きたくないのですが、
あまりに虚実のギャップが大きいので、記しておくことにしました。
お困り猫ボランティア、皆さんの近くにもいませんか?

ちなみに、その方、外見からはまったくお困りボランティアには
見えません。


(m)


テーマ : 動物保護
ジャンル : 福祉・ボランティア

2017玉林犬肉祭り~犬肉の販売禁止~

6/4追記
現地からの情報によれば、犬肉まつりは
例年どおり開催されるようです。
市政当局が意図的に偽りの情報を流して
批判を交わそうとした可能性はあります。


今年の玉林犬肉祭り
犬肉の販売、禁止に。

Humane Society International
http://www.hsi.org/news/press_releases/2017/05/yulin-dog-meat-ban-051717.html?_ga=2.45160865.421577078.1495086284-249966766.1492200591

(以下、記事の要約)

HISの速報記事によれば、
今年の玉林犬肉祭りに向け、玉林市政当局は
祭りが始まる6月21日の一週間前、6月15日から、
レストラン、露天、市場で犬肉の販売を禁止します。
違反すると10万元の罰金。逮捕なども含め、
厳しく対処する方針。

今回の禁止措置は一時的なものではありますが、
長年にわたる犬食と虐待行為に終止符を打つための
大きな一歩になったと受け止めております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

海外からの批判に加え、中国国内における
抗議活動の活発化に拠るところが大きいようです。

(m)

テーマ : 動物愛護
ジャンル : ペット

ピースワンコの「殺処分ゼロ」を考える

以前からSNSなどで取り沙汰されていたピースワンコジャパンの
一件が、本日(10日)発売の「週刊新潮」で取り上げられた。


新潮の記事に関するPWJの反論はこちら。
http://peace-wanko.jp/news/252


記事と反論はお読みいただくとして、この問題、
犬の去勢避妊をしない保護団体に犬を引き渡している
広島県の問題でもあるのではなかろうか。

記事の中で、大西純子代表の発言(一部抜粋)。

「ペットショップだって不妊・去勢の判断は飼い主に
委ねていますよね。ペットショップの犬だって、
保護犬だって、同じ犬じゃないですか。いったいなにが
違うって言うんです?・・(後略)・・」

動物保護団体は個人飼い主でもペットショップでもない。

行政や、そこから犬や猫を引き出している愛護団体は
その犬や猫たちに対する公的な「責任」を持つと考える。
「責任」とは、殺処分される不幸な動物を減らすため、
社会の模範となって余剰動物を削減、
つまり、不妊去勢を施すことである。

母体のピースウィンズジャパンは名のあるNGOであり、
おそらく代表とその夫人は愛犬家で、
災害救助犬の育成を機に、
長年やりたかった殺処分問題に取り組んだのかもしれない。
「ふるさと納税」制度を活用するというのは、斬新なアイディアに
思えた。
しかし、「殺処分ゼロ」を目先の目標に掲げて取り組んだのは
無謀ではなかったか・・。
犬の殺処分最多の広島県。しかも、その多くは野犬である。
殺処分ゼロを目標に掲げるにせよ、そのためには、何よりも
行政努力と協力団体の地道な活動の積み重ねが必須となる。

(行政努力とは、飼い主による犬猫の不妊去勢を含めた
適切な終生飼養の啓発や畜犬登録などの強化である。
新潟県のように、不妊去勢を努力義務として
条例化している自治体もある)

いきなり異分野のNGOが動物愛護界に参入し、十分な準備も
現場経験や勉強も無いまま、「殺処分ゼロ」の達成のみに奔走する。
拙速であり、無理が生まれないわけがない。

現状のまま、いつまで収容1000頭を超えるシェルターを
維持継続できるのだろうか。
東京や神奈川、そしてこれから、岡山にもシェルターを作るとのこと。
岡山県には、県と連携してコツコツと譲渡を進めている団体がある。
そうした団体やボランティアにとってはハタ迷惑な話だと思う。

広島県は現状、避妊去勢をしないPWJへの
犬の引き渡しを中止すべきである。
この規模で、譲渡先で施術されたかどうかなどを
フォローするのは難しい。

また、芸能人、著名人は安易なマスコミ報道に流されて
精査せずに寄付やPRをすべきではない。
新潮の記事中、杉本彩さんが述べているように、
「世論をミスリードしてしまう」。
TV番組やネット記事なども、「殺処分ゼロ」を謳い文句に、
いい加減な取り上げ方が多いのは言うまでもないが、

5/13追記
今後、懸念されるのは、ピースワンコに倣って、
不妊去勢を施さない保護団体が増えたり、広島県が行ったような、
団体への譲渡条件の緩和が他の自治体にも波及することである。


(m)


テーマ : 動物保護
ジャンル : 福祉・ボランティア

東京都内の第1種動物取扱業者、10年前の約2倍に増加

東京都の「動物愛護相談センター整備基本構想案」によれば、
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/kankyo/aigo/shingi/singih28.files/3_siryou3.pdf

都内の第一種動物取扱業者は年々増加し、
平成28年6月には、10年前の約2倍となる
4500軒以上に達した。

ペットショップやブリーダーなど、生体を売買する業者が
どれくらい増えたのかは記されていないが、犬を飼う人が
減少したと報じられ、かたや、生体販売への批判を受けながらも、
ペットビジネスは増加の一途をたどっている。

この中には、ネコカフェなどの増加もあるだろうが、相変わらず
消費者の純血種志向(とくに犬)が背景にあると言える。
需要がある処に供給あり。

動物愛護管理法の改正に備え、動物愛護団体などからの
批判に対抗するべく、
ペットビジネスは業界横断的な組織を結成している。
ロビー活動も活発化しているはずだ。

10年前の2倍に増えたという状況からして、
いくら業界を叩いたところで、ペットショップにおける生体販売は
無くならないだろう。

純血種には遺伝性疾患などのリスクもつきまとう。
買いたい人々への情報提供と意識改革に力を入れるべきではないだろうか。

(m)

テーマ : 動物愛護
ジャンル : ペット

プロフィール

動物との共生フォーラム

Author:動物との共生フォーラム
東京都


すべての命に人道的な配慮を。


★リンクフリーです。転載はご自由に。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
旬の花時計 V2
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR