スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千代田区猫殺処分ゼロが全国モデルになれない理由

こちらの記事ですが、内容からして、
知識を持たない、調べもしない記者の筆
であることが一目瞭然です。

猫殺処分ゼロ達成の先駆け 
千代田区と区民が二人三脚で歩んだその道のりとは

http://petokoto.com/795

飼い主のいない猫活動の初心者や一般人を
対象にしたようなトークですが、
記事の内容はそのとおりですし、
千代田区が「千代田ニャンとなる会」を核に、
飼い主のいない猫を減らす活動の先駆けとなったことも事実。
千代田区のボランティアの頑張りに敬意を表します。

ただ、「殺処分ゼロ」を毎年連続達成してきた裏側には、
※(東京都動物愛護相談センターは)
千代田区内で見つかった猫については、区の要請で区側に連絡し、
対応を任せている。(朝日新聞 2016.9.19)
つまり、ボランティアが引き取っているということですね。

誤解のないように述べておきますが、
これ自体はとても良い仕組みだと思いますし、
頭数が少ないとはいえ、常に受け入れ態勢を整えておくことも、
なかなか出来ないことです。
けれど、それを人々に伝え、記事にしないことには、
情報として欠落しているのではないでしょうか。

こうした仕組みがなければ、こぼれ殺処分が出てしまいます。

さらに気になったのは、飼い主のいない猫の「殺処分ゼロ」
という数字にこだわりすぎること。
大半の猫、とりわけ子猫は、センターではなく、町中で死んでいます。
ノラ猫で無事に1歳を迎えられるのは2割弱ではないでしょうか。
それをよく知っているのもボランティアです。

記事は、副理事長(実質、当初より理事長)の言葉を引用して
締めくくっています。
「千代田区の事例がモデルケースとして全国に普及し、
殺処分が削減されて、動物愛護・動物福祉が
推進することを願っております」

千代田区の事例は理想ですが、極めて特殊でもあります。
まず、石川区長という猫愛にあふれる首長の下、
飼い主のいない猫の殺処分ゼロを
千代田区のブランド事業とする区の強力な後押しがあり、
大手企業が集まり、人口はたったの5万人という
特殊な自治体で、予算をふんだんに取れる潤沢な財政・・
そして、強力な区の広報戦略・・
(※小池都知事が「猫まつり」を訪ねたのは区長選の絡みです)

「千代田モデル」、すごいわ~、うらやましいわあ~
と、ため息をついている猫ボランティアさんは多いと思います。
ただ、千代田区のケースは特殊な条件が重なり合った結果であり、
同様に他の自治体で実現させるのは難しいのも事実です。
冷静に、お住まいの自治体の状況に見合った
現実的な方策を考えていく必要があると思います。
※TNTAなんて無理、TNRが精一杯の地域も多いでしょう。

※2001年に千代田区が事業をスタートさせた時点での殺処分数は
 79頭。そもそも他自治体と比較して極めて少なかったのです。

そこで、参考になるのは、千代田区のように、最初から行政が
やる気満々だった自治体ではなく、
東京なら国立市のように、行政が消極的で、そこをなんとか
ボランティアが働きかけ、仕組みや制度を構築していったような
自治体でのプロセスやノウハウを知ることだと思います。
案外、そういう自治体も多いのではないでしょうか。

先述したように、千代田区の方針やボランティアの活動に
敬意を払いつつも、千代田区のブランド戦略の過剰なPRと、
それを安易に受け売りする記事には辟易としてしまいます。

(m)
スポンサーサイト

テーマ : 動物保護
ジャンル : 福祉・ボランティア

山梨県庁の猫 ボランティアと見守り管理を。

山梨県庁の敷地内に猫が増え、
猫を目当てに写真を撮りに来る人もいる一方で、
近隣からは苦情も。


山梨県庁が猫の新名所に 
猫ファンVS近隣住民 知事は「共生」表明


産経新聞 11/21(月)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161120-00000531-san-soci


山梨県庁の猫
 (写真 産経新聞)


山梨県庁が、増える”県庁猫”に頭を痛めています。
知事が「共生」を表明されたそうですので、
動物愛護推進員(委嘱されていますか?)あるいは、
猫のボランティアを募り、早急に不妊去勢手術を
実施するべきと思います。
そのうえで、共同で見守り管理をし、
通りがかりの人などによる
むやみなエサヤリを禁止し、
「飼主のいない猫との共生」を実現させてください。

これから春にかけて、猫は繁殖期を迎え、
現状のまま放置すると、来春には一挙に頭数が増えます。

ボランティアの協力を得て、譲渡できそうな猫は
動物愛護の面からも、里親を探してください。
屋外での暮らしは、のんびりしているように見えても
猫にとっては過酷です。

(m)

テーマ : 動物愛護
ジャンル : ペット

2月22日 猫の日の「天声人語」

朝日新聞「天声人語」を以下に抜粋します。

http://www.asahi.com/paper/column.html

きょう2月22日は「猫の日」。
三つ並ぶ2をニャン、ニャン、ニャンと読む語呂合わせだそうだ。
東京では、近所の公園を歩く猫の背中の毛色にも、
淡い春が光っている。
恋の季節を迎えて鳴き声が狂おしく、
けたたましいのも今頃である。

▼猫好きは多いけれど、迷惑がる人も少なくない。
飼い猫でもなければ、そこそこ目立つ動物が
住居ひしめく場所で生きるのは難しい。
そこで不妊去勢の手術を施して、
猫とご近所との共生を探る人たちが増えている。

▼命を一代限りで尊重しながら、数を減らしていく試みは、
各地で広がりつつあるようだ。
譲渡会などの取り組みもあって、猫の殺処分は
最も多かった1991年度の3分の1に減っている。

▼無責任な餌付けで野良猫が居着いたといったもめごとは絶えないが、
近頃は耳に切れ込みのある「手術済み」も結構見かけるように聞く。
〈春寒く子猫すりよる夕(ゆうべ)かな〉高浜虚子。
飼うにせよ地域でかわいがるにせよ、責任が欠かせない。
そんな一句と読み取りたい。   (抜粋おわり)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「天声人語」で猫の話題は珍しいような・・?
不幸な猫を減らしていく取り組みや活動を
こうしたコラムで世間に知らせてくれるのは有難いと思います。

「地域猫」という言葉だけがひとり歩きして、
「地域猫」=地域にいる猫などと誤解している方々が
一般人はもとより、ボランティアにも多いのを憂えております。
それこそ、トラブルのもとです。

(m)

テーマ : 動物保護
ジャンル : 福祉・ボランティア

大田区 猫の不審死と「地域猫」

東京大田区で、今年4月から今月にかけて、計29匹の猫の不審死が相次いでいる。

場所は蒲田2丁目と大森西6丁目の半径約400メートルの範囲内。

魚のフレークのようなものから、有害な化学物質「エチレングリコール」が検出され、

警視庁大森署は、毒殺の可能性があるとみて、捜査している。

(以下、朝日新聞8月26日朝刊より抜粋)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

野良ネコをかわいがっていた住民たちはショックを受けている。

70代の主婦は6年前、近所の人と費用を出し合って、メスの野良ネコに不妊手術を受けさせた。

再び放して、「地域猫」としてその猫だけに餌を与えてきた。

だが、今月16日、死んでいるのが見つかった。

一方、公園の近くに住む男性は、

「野良ネコは何匹いるかわからないほどいた。うちは飼っていた小鳥を殺された。

フン害もひどく、近くの保育園では掃除が大変そうだった」。

蒲田2丁目自治会副会長の真崎暉雄さん(80)は、

「エサやりに反発する人もいた」と明かす。

猫の世話をしていた主婦は言う。

「猫をめぐって、あいさつしないようになった人もいる」

                  (抜粋おわり)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

半径400メートルほどの範囲で29匹もの猫が不審死したということは、狭いエリアに

相当数の野良猫が集まっていたということである。

記事中の主婦は、「地域猫」としてエサを与えていたというが、

はたして、ここの猫たちは、地域住民から、「地域猫」として認められていたのだろうか。

毒殺されたとして、犯人は、サイコパスや愉快犯ではないとしたら、

猫による被害に腹を立てている住民だろうか。

「地域猫」に反対はしないが、「地域猫」活動をするなら、地元自治体も交えて、

住民としっかり話し合い、その方法なども含めて、合意を得ることが必要である。

近年、「地域猫」という言葉だけが、ひとり歩きしていることを懸念する。

「地域猫」活動を積極的にPRしているのは猫好きのボランティアが多いため、

正確な情報提供に欠ける傾向もある。

例えば、飼い主のいない猫の平均寿命は4~5年と言うが、2~3年生き延びることの

出来た猫は、適切に世話をすれば、10年以上生きることもままある。

誰かが引き取らない限り、活動は10年以上続くということだ。

プランターや砂場などを設置して、フン尿を始末すると言うが、

すべての猫が、お行儀よく、そこをトイレとしてくれるわけではない。

許可を得て、他人の敷地にいちいち入ってフン尿の始末をするのもなかなか大変。

ましてや、それが猫嫌いの住民が丹精込めて作った花壇だとしたら・・。

木酢液や超音波など、あれこれ試しても、長期的に猫の侵入を防ぐのは難しい。

そして、何よりも重要なのは、洩れなく猫を不妊去勢して数を減らしていく不断の努力だ。

そのためには、住民ときちんと話しあえ、年中走り回れるボランティアの存在が不可欠。

もちろん、行政の協力(助成なども含めて)は欲しい。

「地域猫」活動は、あくまでも一代限りの命を世話する過渡的な措置。

いい加減な「地域猫」活動は、住民の反発を招き、その怒りが猫に向けられるのが怖い。

公園や駐車場など、一か所に多くの猫を集めてエサを与えるのは反感をもたれやすいし、

動物虐待も誘発する。猫の遺棄も招き、猫捕りの噂も絶えない。

「地域猫」活動は机上の論理としては頷けるが、実際に行うとなると、ハードルは高い。

環境省は「地域猫」を推奨しているが、

東京都は「動物愛護管理推進計画」(ハルスプラン・平成26年度)において、

不妊去勢の推進など、「飼い主のいない猫」を減らす対策を提言しつつも、

「地域猫」「地域猫活動」という言葉はまったく用いていない。

「地域猫」は、その地域の特性に合ったかたちで出来ればいいと思うが、

「地域猫」を提唱する方は、どうか、活動の良い面ばかりでなく、難しい面についても、

正確な情報を発信して下さい。

(m)

テーマ : 動物保護
ジャンル : 福祉・ボランティア

杉並区「飼い主のいない猫を増やさない活動支援事業」11日〆切

杉並区・飼い主のいない猫を増やさない活動支援事業

前期分の申請受付中!

〆切は6月11日(水)です。お急ぎ下さい。

招き猫イラストカラー

★対象:飼い主のいない猫を適正に管理しているグループ(区民)

★今回の手術予定頭数 110匹

申請書は杉並保健所生活衛生課で配布。
(希望者には郵送してくれます)

区ホームページからも取り出せます。

同課へ、郵送(〒167-0051 荻窪5-20-1)または、ご持参下さい。

後日、承認・不承認が決定され、通知があります。

この区事業はグループの育成が目的です。
☆グループづくりでお困りの方は、杉並保健所生活衛生課へご相談ください☆


 ★東京都獣医師会杉並支部の協力動物病院にて下記が実施されます。

  1.不妊・去勢手術
  2.手術済みであり、管理者がいることを示す標示とマイクロチップ挿入
  3.感染症予防注射
  4.寄生虫駆除剤

   *1~4は無料ですが、獣医師が治療等を必要と判断した場合には、
    その治療費などはグループの自己負担となります。

 次回募集は9月(予定)

この事業のお問い合わせは、杉並保健所生活衛生課 ☎3391-1991まで。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(m)

テーマ : 動物保護
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

動物との共生フォーラム

Author:動物との共生フォーラム
東京都


すべての命に人道的な配慮を。


★リンクフリーです。転載はご自由に。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
旬の花時計 V2
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。