スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【福島原発警戒区域 動物救援】20キロ圏 一時帰宅開始は連休明け?

情況は毎日、変化しているようです。
このGW、多くの保護団体、ボランティアの方々が福島に出向かれていることでしょう。
皆さまに、多謝!!

(4月30日朝日新聞によると)、

「政府は、20キロ圏内「警戒区域」への住民の一時帰宅は連休明けから、
6月上旬にかけて、段階的に実施する案を自治体側に話した」
自治体側は「1世帯ごとに1人。滞在時間は2時間程度」とされる
制限を緩めることや、自家用車やペットを持ち出すことなどについて要望し、
政府側が検討することになった」

「5月1日に再度協議し、具体的な日時などを詰める」

4月25日、枝野官房長官によれば、「計画的避難区域については封鎖はしない」とのこと。

福島県も、環境省も、国の許可が出るぎりぎりのところで動いていると思われます。
県による警戒区域のペットの調査・保護は5月2日までとされていますが、
それが延長されるのか?
先日の情報のように、ボランティアの立入りが許可されるのか?
許可の条件となる、「時間が経過することで公益が損なわれること」
このまま放浪犬を放置しておくことは、放射能被曝の問題、
野犬化による咬傷事故、狂犬病予防法の観点からも、公益を損なうものです。

現在に至るまで、国による家畜・ペットの放置・見殺しは、動物愛護管理法に違反しています。

・第44条第1項
「愛護動物をみだりに殺し、又は傷つけた者は、1年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処する。」
・同条第2項
「愛護動物に対し、みだりに給餌又は給水をやめることにより衰弱させる等の虐待を行つた者は、
五十万円以下の罰金に処する。」
・同条第3項、
「愛護動物を遺棄した者は、五十万円以下の罰金に処する。」
・同条第4項
「牛、馬、豚、めん羊、やぎ、犬、ねこ、いえうさぎ、鶏、いえばと及びあひる」 と
「人が占有している動物で哺乳類、鳥類又は爬虫類に属するもの」を愛護動物と定めています。

アニマルエイドさんは、4月26日、飼い主さんと共に、浪江町の臨時役場に赴き、
特例措置でミニチュアダックスのトム君を保護。

t02200165_0800060011189478539家の前で
家の前で飼い主をず~っと待っていたトム君    「こんな小さな子がよく生きていました…」

************************************************
(アニマルエイドさんのブログより)

「放浪犬にもなれずに、じっと誰も来ない家の前で待つ犬や、軒下でじっとあたりを伺っている猫は、

まだまだいるはずです。。。

とにかく、飼い主さんたち、どうか、立ちあがって下さい!!!!

ペットは財産です。

今回は、飼い主さんが絶対助けるという強い意志があったから助けることができました。

どうか、まだ、残しているペットがいる飼い主さん、

このまま、死ぬのを待たれているなんてあんまりです。

どうか、家の前で、誰も来ないのに、じっと待っている犬や猫たちを見捨てないで!」

o0800060011189489991トム
ようやくの飼い主さんのお迎えで、ド~ッと安心して、まどろむトム君。

                         (写真と文は「アニマルエイド」さんの許諾を得て掲載)

***********************************************

県の立入調査が始まった28日以降、民間の「警戒区域」立ち入りが難しくなっているようです。

下記の情報は、すでにご存知の方も多いと思います。
事実確認ができなかったため、当ブログでは掲載を控えていましたが、
ひとつでも多くの命を救い出すため、
飼い主さんに、救出要請を福島県に届けていただくために
掲載することにいたしました。

しかし、県による、今回の警戒区域立入りの目的は狂犬病予防法にもとづく
放浪犬などの実態調査で、保護が目的ではありません。

飼い主さんからの保護要請は受付けますが、人員に限りがあり、他の業務に支障が出るため、
必ずしも、要請に応えられない場合もあるかと思います。



*******************************************

以下、被災地動物情報のブログより

(*29日、ブログ管理者が担当課に電話確認されたとのこと)

飼い主さんからの要請のみ受け付け。

※以下の番号は飼い主さんからの要請のための番号ですので

飼い主さん以外の方からのお問い合わせの電話はお控えください。

情報が広まりすぎて申請が殺到しますと、
すべての届け出には対応ができなくなることを
ご了承ください。(道路事情や放射線量の状況で対応できない場合もあるそうです)


【問い合わせ先】

福島県食品衛生課

024-521-7245
     (ペット救済の件でとお問い合わせください)

もし上記の番号がかからない場合は、

福島県代表番号より電話を回してくれます。

024-521-1111                               (引用終わり)

*********************************************

・福島県内、4月末にはシェルターが完成予定とのこと。

・国会議員の方々も働きかけをされています。
 生方幸夫HP「今日の一言」
現実に、人間優先の政治行政の中で、動物のために真っ向から声をあげるのは、大変なことです。
生方議員に、応援メールを! HPの下方、問い合わせ・意見のメールアドレスへ。

藤野真紀子元衆議院議員も精力的に動かれています。こちらにもエールを!

THE ペット法塾さんが
4月21日、緊急災害時動物救援本部に意見書および公開質問状を提出。
4月25日、福島原発20キロ圏内の動物を救護するための緊急措置を求める要望書(113要望団体)を提出。

stt11011402330007-p2小沢
動物愛護法改正議員連盟  愛犬家で知られる小沢さん、鳩山さんは何をしてるの?

souma-dog_20110418201033.gif
http://tora7.ciao.jp/dog-sos/      迷子動物の登録・検索できます。
                        ネット環境にない方にポスター配布できます。

(m)

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 動物愛護
ジャンル : ペット

【原発警戒区域 動物救援】28日 狂犬病予防法に基づき、犬5匹、猫1匹保護

28日、福島県は、南相馬市小高地区、葛尾村に取り残されているペットの実態調査に入りました。

(以下、TBSNewsより抜粋)

【福島第一原発から20キロ圏内で28日、住民の一時避難を前に新たな対策が行われました。

 「放置犬、放れている犬の調査、それから保護活動をしたい」(福島県の担当者)

 置き去りにされた犬が野犬化したり、狂犬病にかかったりすると住民を襲う恐れがあります。このため福島県は、28日から20キロ圏内の犬や猫の保護活動を開始しました】  (28日23:06)

  http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4712300.html

朝日、毎日、共同ほか、各社それぞれ、少しニュアンスが異なりますが、
上記の記事が、現時点で最新、的確な状況把握ではないか思われます(あくまでも私見です)

食品生活衛生課の職員や獣医師10人ほどが2班に分かれ、犬5匹、猫1匹を保護したとのこと。
放射線量に問題はなく、除染の必要なし。
犬猫への給餌はしてくれたものと推察しますが…。
犬5匹!?、猫1匹!?

この数では、とても「保護」「救出」を目的とした立入りとは言えません。
昨夜のニュースに喜びすぎたようです。
(立ち入る人数が少ないので、?でしたが…)
マスコミが、「保護」だの、「救出」だのと、書きすぎているのでは…。

食品衛生課が赴いたのですから、狂犬病予防法に基づくことになるのでしょう。
未曾有の事態に、動物愛護管理法も、防災計画における動物救援も適用の対象外となり、
狂犬病予防法を、国に許可を出させるための突破口にしているのではないでしょうか。
原発の状況も無視できません。

緊急災害時動物救援本部の活動経過を見ても、
4月26日の会議では、警戒区域に残された動物の給餌、給水、保護収容について国から許可が下りず、
調査に入る福島県に給餌、給水を要請、とあります。

↓のブログによれば、

http://blogs.yahoo.co.jp/shinjo_ah

本日4/28~5/2までの間、立入りの目的は状況把握と給餌。
 5/3以降、住民の一時帰宅が認められた時点で、ボランティアの方は該当市町村に届出を出すことで、立ち入りが可能とのことです。
【⇒現在国で定めようとしている一時立ち入りの基準として、以下のいずれかにあたることが必要になる模様
①時間が経過することで公益が損なわれるもの
②住民であること】                 (ブログをお読みください)
                     
******************************************

国会議員、環境省の担当官、獣医師、保護団体ほか、皆さまが精力的にご尽力されていますので、
状況を冷静に把握しつつ、事態の好転を期待します。

(m)
関連記事

テーマ : 動物愛護
ジャンル : ペット

NEW!!【福島原発警戒区域・動物救援】警戒区域内のペット、28日~5/2保護へ!!

このところ夜になると、ビッグニュースが飛び込んできます!いよいよ…

福島県が、「原発警戒区域」に取り残されているペットの保護に動き出すとのことです。

(以下、毎日JPより引用)

福島第1原発:警戒区域内のペット保護へ 必要あれば除染

 福島県は27日、東京電力福島第1原発の半径20キロ圏内への立ち入りを禁じる「警戒区域」にいる犬などのペットを28日~5月2日に保護すると発表した。野放しにされたり、衰弱している犬を優先的に捕獲する。スクリーニング検査をして必要があれば除染し、県内の保健福祉事務所などで保護するという。

 県によると、警戒区域内にいる狂犬病予防法に基づく登録犬は約5800頭だが、正確な頭数は分からないという。飼い主が分かれば市町村を通じて連絡し、居住先が決まれば返す。県のホームページで保護したペットの特徴を公開する予定。【松本惇】  (引用終わり)

************************************************
こちらも!

20キロ圏内でペット保護へ…獣医師立ち入り

読売新聞 4月27日(水)21時37分配信

 福島県は、福島第一原発20キロ圏内の警戒区域にいる犬などペットを保護するため、28日から獣医師の県職員らが同区域に立ち入ることを決めた。

 ペットは保健福祉事務所で一時預かり、県のホームページに写真や収容場所を掲載して飼い主に引き取ってもらう。28日は南相馬市小高区と葛尾村で、市長、村長の許可を得て実施する。

 県によると、警戒区域内で登録されている犬は約5800匹。先に国が公表した警戒区域への立ち入り許可基準では、ペットの持ち出しは別途検討するとしていたが、保護を求める要望が相次いだため、まず、県独自で保護することにした。一時帰宅の際のペットの扱いは別途検討される。

 獣医師らは2班計10人の態勢で、防護服やマスク、線量計を身に着けて作業にあたり、ペットの被曝放射線量が高い場合はシャワーで全身を洗い流す「除染」を行うという。
                                     (引用終わり)

***********************************************

この決定の裏には、獣医師、国会議員、保護団体……多くの皆さまの懸命なご努力が
あったのですね。誠にありがとうございました!!
多くの国民の声も届いた、と思います。
1匹でも、1頭でも多くの命が救われますよう祈っております。
家畜の方もどうぞよろしくお願いいたします!

しかし、気になるのは「一時帰宅の際のペットの扱いは別途検討される」の部分…
解釈にもよりますが、この際、もう待ったなし!みんな保護してしまって欲しい!


souma-dog_20110418201033.gif
http://tora7.ciao.jp/dog-sos/

待ってるよー!早く迎えに来てください!!


DSCN1940_convert_20110415185826.jpg  あ~、ホっとしタマらん…

(m)
                                  
関連記事

テーマ : 動物愛護
ジャンル : ペット

杉並どうぶつ相談員ダイアリー【桜の季節に逝った猫】

神田川の桜09年4月5日+010_convert_20110417212040

白色、所々に小さな黒いブチのあるオス猫、ゴン太。
百戦錬磨の野武士。汚れ、傷だらけの、頑然とした野良猫。
ゴン太というのは、私が勝手に名付けて、呼んでいた名前。

住宅街の、踏切に近い路で、時おり彼を見かけた。
彼はいつも独り路傍を歩いていた。
前方を見ていても、特に何かに興味を示すふうでもなく、
うつむき加減に、一定の歩調でゆっくりと歩いていた。
私が呼びかけても、振り向いたことはなかった。

去年の桜のころ、いつもの場所で、ゴン太に出会った。
しばらく見ない間に急激に痩せ衰え、死が間近に迫っているように見えた。
彼は歩くのがやっとという有様で、ひどくよろけながら身体をひきずり、
路傍を一歩一歩進んでいた。

しかし、私は彼に救いの手を差し伸べはしなかった。
彼は私に目もくれなかった。助けを欲しているようには思えなかった。
険しい人生の終着点に、自分の意志と力で到達したいように思われた。
人と人の関係がさまざまであるように、人と猫との関係もさまざまである、と思う。

しばらくして、ゴン太が死んだことを踏切の近くに住む人から聞いた。
ゴン太がいつも数軒の家を回って食物を得ていたことを知った。
自分の死期が迫って、その一軒一軒を訪ね、挨拶をしていったのだという。
あの日、苦しそうに、力を振り絞って歩いていたのは、ゴン太のお礼行脚だったのだ。
ゴン太が死に瀕しているとは気づかず、彼の行動を不可解に思った世話人もいたらしい。
そして、ゴン太が最後にめざしたのは、踏切の傍らのIさんの店だった。
Iさんは気さくで気丈なひと。これまでも野良猫を看取っている。
Iさんは、ゴン太のためにフカフカの温かい寝床を用意した。
ゴン太は一晩その床で眠った。
翌朝、Iさんは、線路わきの土手で息絶えているゴン太を見つけた。

ゴン太が最期に見た夢は、一体どんな夢だったのだろう……。
 

                                         
                              (「雨聴便り・2009年4月」より転載)

**********************************************

先週、19日(火)、平成23年度「杉並どうぶつ相談員」の委嘱式が杉並保健所講堂でありました。
その後に、懇親会。新メンバーを加え、20名ほどが参加しました。
簡単な自己紹介のあと、検討中の事項について話し合いました。
まずは、前回の連絡会での意見をもとに、Tさんが作成してくださっている「猫の正しい飼い方」の
チラシについて。
杉並区には、飼い主のいない猫の世話をしているグループ向けのガイドラインはあるのですが、
個人で世話をしている方へのチラシが無いので、不妊処置や置きエサをしないなど、
気をつけていただきたい事柄を盛り込みました。
そして、今年度から、各地域の「区民センター祭り」の折、犬、猫の飼養相談を行うことになって
いますので、その打ち合わせ。
大震災で被災した動物の話も出て、飼養相談では、災害時に、あわてずペットと避難できるよう
普段からのしつけや、準備しておきたい物などについても取り上げようという意見が出ました。
区の方としても、ペット連れの住民向けに別棟(別室)の避難場所を準備いただきたいと願います。

誤解されている方もいらっしゃるのですが、
杉並区には「猫の登録制度」や「餌やり罰則」の条例はありません。
その代わりとして、作られたのが、「杉並どうぶつ相談員制度」です。

それから、3年。相談員は意欲的で、いくつもの企画を出したものの、区の方が動いてくれず、
みんな、本当にじれったく思い、愛想をつかして辞めてしまった人もいますが、
昨年から今のM課長になり、ようやく、実質的な意味で動き出せそうです。

相談員は、地域ごとに班分けされていますが、
東京都愛護推進員のように、各人がばらばらに活動するのではなく、
区と連携し、みんなでひとつのことをやる方向性もめざしています。
相談員は、さまざまなバックグラウンドをもち、
猫TNRや、保健所から犬を保護されているなど、
グループや個人としても、活動している方々がいらっしゃいます。

杉並区には、相談員以外にも、NPO法人「自然と動物を考える市民会議」
「ラ・コントレ・ミグノン」「杉並どうぶつネット」などの団体や、
個人で活動されている区民もいます。
団体や個人、どうぶつ相談員が、どこかでつながっているような状況です。
保護活動は現場、啓発など、自分が出来ること、自分に向いていることを
地道に続けていくこと、持ち味のちがう、異なる活動が重複していることが、
人と動物の共生を実現していくうえで大切ではないでしょうか。
どうぶつ相談員は各自がマイペースで楽しく活動できればいいですね。

この大震災を通して、普段から、行政とボランテイアの連携、ボランティア
のネットワークを築いておくことの必要性を痛感しました。

「杉並どうぶつ相談員」になるには、「杉並地域大学・杉並どうぶつ相談員講座」
(週1回2ケ月)を受講する必要があります。

(m)
関連記事

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

【福島原発警戒区域・動物救援】環境省、一転、獣医師・保護団体の立入りをあきらめる!?

4月27日(水)最新情報をアップします。

情報源が拡散を希望されています。

*******************************************

(引用)
【環境省,一転してペット動物救護のための警戒区域内へ獣医師とボランティアの立入りを拒否する模様!】
このままでは,区域内に残された状態のペットへの適切な処置・救済ができなくなる恐れが大きいです!なお一層の環境省への強い働きかけが求められます!皆様,どうか働きかけにご協力ください!!


詳しくは →http://blogs.yahoo.co.jp/shinjo_ah


環境省:https://www.env.go.jp/moemail/ (自然環境・自然公園)

☆The Environmental Ministry seems to give up the plan to allow vets and NGOs to enter in the no go zone. (On April 27)


(m)
関連記事

テーマ : 動物愛護
ジャンル : ペット

プロフィール

動物との共生フォーラム

Author:動物との共生フォーラム
東京都


すべての命に人道的な配慮を。


★リンクフリーです。転載はご自由に。

カレンダー
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新記事
最新コメント
旬の花時計 V2
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。