【動物愛護管理法改正】自民党・河野太郎議員の意見

2012年1月29日。「動物愛護管理法改正」について、自民党の河野太郎議員が
ブログを書かれています。長文ですが、ご一読いただきたく、転載いたします。(下線は当ブログ)

*********************************************
(以下、河野太郎議員のブログ)

動物愛護法改正のために
http://www.taro.org/2012/01/post-1156.php

2012年01月29日 10:37

私が初当選した頃、当時の鈴木恒夫自民党環境部会長の下で、動物愛護法の大改正が行われた。

それ以来、このことに熱心な方々とおつきあいさせていただき、いろいろと議論の末端に加えていただいている。

が、最近、少し気になることがある。

この動物愛護法という法律は議員立法なので、改正も毎回、議員立法で行われる。

この法律のカレンダー的なことから言えば、この通常国会で改正案が議論されることになるのだが、議員立法は、そう簡単ではない。

臓器移植法などは見直し規定にもかかわらず、十年も改正が見送られた。

通常国会では、まず予算と予算関連法案が優先的に審議され、その後、予算関連でない法案がぞろぞろと三月の終わり頃から出てくることになる。

さらに、議員立法は、よほど満場一致でもない限り、また、復興関係などのように喫緊のことでない限り、政府提案の法案よりも審議の優先順位が下がる。

とくに、この通常国会のように、もめそうな時は、議員立法の扱いは不透明だ。

で、こういうときに法案審議の采配をふるう与野党の国対が必ず言うのが、議員立法なら委員長提案にしろ。委員長提案というのは、与野党が既に合意していて、委員会審議をすっ飛ばして本会議に委員長が上程して、採決する。

そのためには、与野党が合意していなければならない。もちろん、与野党がそれぞれ内部でも合意していなければならない。

今回の改正には、動物実験の規制や週齢規制をはじめ、さまざまな論点があり、環境省の審議会小委員会でも結論をまとめられなかったものもある。

これから各党が議員立法の内容をそれぞれ議論した上で、与野党の担当者が協議して一致点を見つけていく。

自民党では小池百合子代議士や松浪健太代議士、三原じゅん子参議院議員などが中心になった有志の議員連盟が昨年からいろいろとヒアリングを始めているが、これはまだ議員連盟というプライベートな議員の集まりでの議論だ。

党としては、吉野正芳部会長率いる環境部会で、予算関連法案、政府提出法案の審議の後、正式な議論が始まる。民主党も2月1日から党のワーキングチームの会合が始まるらしい。

だからこの時点では、多くの国会議員は、今回の法改正について、まだ詳しくは知らない。

動物愛護法に興味を持っている方々に、今、やってほしいことは、とにかく議員に情報を伝えること。なにが問題なのか、それをどうすべきなのか、中央環境審議会ではどんな議論が行われ、どう結論づけられたのか。

情報を伝えるためには、それなりに勉強していただかなければならない。

たとえば、幼齢動物を親から引き離す時期について、昨年末の中央環境審議会 動物愛護部会 動物愛護管理のあり方検討小委員会の動物愛護管理のあり方検討報告書では、「具体的日齢については、ペット事業者の団体が目指している45日齢、科学的根拠(ペンシルバニア大学のジェームズ・サーペル博士の行った実験結果)のある7週齢(49日齢)、海外に規制事例のある8週齢(56日齢)に意見が分かれている」と書かれている。

科学的根拠は7週齢なのに、なぜ8週齢でなければならないのかと尋ねられたら、きちんとその理由を伝えるべきで、罵倒するようなメールを後から送りつけても、その議員の考え方を変えることにはならない。

BSEの関係で牛の月齢が問題になったが、牛の特定の月齢を確認する方法はある。では、犬の週齢をどうやって確認するのかと尋ねられた時に、そんな質問をするなんてあなたは法改正をやる気がない、と決めつけてみても、問題解決にはつながらない。犬の週齢の確認の方法を調べて伝えればいいだけだ。

この法改正では、まず最優先で、動物取扱業の登録取り消しや登録拒否のための条項の追加、動物虐待罪の構成要件の明確化等々、中央環境審議会の小委員会が明確に報告書にとりまとめたことを、改正案に盛り込まなければならない。

これらを確実に盛り込んだ上で、さらに意見が割れていることを議論して、合意に積み重ねていくべきであって、たとえば、「他のことがいくら盛り込まれても、動物実験についてこれこれが盛り込まれなければ法改正してもまったく意味がない」、などというブリーフィングは、この議論にあまりプラスにはならない。

ある代議士によると、中央環境審議会報告書は23項目について、意見が分かれているそうだ。もちろん、それらが全て合意されて盛り込まれればベストだが、その中のこの項目がダメならば、法改正そのものを否定するというのは正しいやり方ではない。

動物愛護法を最初に改正した時、動物実験をめぐってずいぶんと意見が割れた。しかし、法改正を目指すグループが大同団結して、動物実験の規制をあきらめても、まず、虐待を取り上げて法改正に盛り込むことが最優先だというコンセンサスを作り上げた。そして、党の会議でどんな質問が出ても、きちんと調べ上げてそれに対する答えをくれた。

今日に至るまで、私は、あれが国会議員とNGOの共同作業のお手本だと思っている。

今回の法改正は、まだ、スタートラインに着くところに至っていない。しかし、なんとなく足並みの乱れとエキセントリックな発言が目につくような気がしている。

議員立法は、三十人三十一脚のようなもので、一人ではゴールにたどり着けない。
                                                       (転載おわり)
************************************************

文中、「罵倒するようなメールを後から送りつけても、その議員の考え方を変えることにはならない」
とあるのは、8週齢規制の成否を懸念されているジュルのしっぽさんのメールプロジェクトのことでしょう。

私も先日、このブログ記事にリンクさせていただきましたので、気になるところです。

発言には気をつけるよう、ブログ主は書かれていますが、
議員にメールを送った方はついつい感情過多になり、相手を罵倒するような内容になったのでは?
これは、確かに逆効果だと思います。
いくら国会議員とはいえ、いきなり見知らぬ人から罵倒メールが山ほど来たら不快に思うでしょう。

河野議員によれば、

「動物愛護法に興味を持っている方々に、今、やってほしいことは、とにかく議員に情報を伝えること」

「情報を伝えるためには、それなりに勉強していただかなければならない」

いくつかのブログのコメント欄に目を通していると、
明らかに、よく調べているらしいコメントがある一方で、、
拡散希望者が右を向けと言えば右、左を向けと言えば左を向くような、
自分の考えのまるで無い感情ひとすじのコメントもあり、
一字一句違わないコピペが次々に送られてくれば、
その行為自体が、攻撃的なものと受け取られてしまいます。

ただ、河野議員が引用されている検討小委員会の報告書の文言、
「科学的根拠(ペンシルバニア大学のジェームズ・サーペル博士の行った実験結果)のある7週齢(49日齢)」

これが現在、そしてこれからも一人歩きすることを危惧しております。
なぜ「動物愛護管理のあり方検討小委員会」において、このデータが唯一の科学的根拠であるような
短絡な結論付けがされたのか?
なぜ国政レベルの委員会で、古いデータやサーベル博士のデータしか提出されなかったのか?
「業界の人たちの考えをちょっと入れました」と発言した委員も・・。

ジュルのしっぽさんのブログでは、
アメリカのカレン・オーバーオール教授による2011年8月の最新データが紹介され、
「7週齢は問題外。少なくとも8週、本当なら8.5週」という見解。
(詳しくはブログでお読みください)

また、昨年末、日本小動物獣医師会が発表した獣医師へのアンケート結果は、
親から離す好ましい日齢は平均63,6日。
56日以上が好ましいとする回答が81,3%。

時間はありませんが、こうしたデータを携え、有力議員を説得するロビー活動が必要なようです。

(m)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 動物愛護
ジャンル : ペット

ダボス会議【無責任企業第2位に東電】1位じゃないんですか? 

「無責任な企業」2位は東京電力 国際NGOが発表
http://www.asahi.com/national/update/0128/TKY201201280125.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(asahi.comより引用)

スイス東部に政財界のリーダーが集う世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)に合わせ、
国際NGOが27日発表した「無責任な企業」のランキングで、
東京電力が第2位になった。
福島第一原発事故をめぐり
「情報の公表が遅く、うそもあった。隠蔽(いんぺい)、改ざんの体質がある」とされた。

 環境NGO「グリーンピース」などが主催する
「地球に害を与え、人権を侵害した」企業を選ぶ「パブリック・アイ(世間の目)賞」で、
総数8万8千票のインターネット投票で約2万4千票を集めた。
1位は約2万5千票を獲得したブラジルの資源メジャー、バーレ。
アマゾンのダム開発で4万人を補償なしに立ち退きさせようとしている、とされた。

 世界のNGOが指定した40社の中から最終候補6社が選ばれ、投票の対象になった。
工場労働者に有害物質と知らせずに扱わせたとされる韓国のサムスン電子が3位、
投機的な食糧の先物取引を通じて世界の貧困層を飢餓に追い込んだとされた英金融大手バークレイズが4位だった。

                                                    (引用、終わり)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(朝日新聞より)

ダボス会議に参加し、同賞の記者会見にも同席したノーベル経済学賞受賞の
ジョセフ・スティグリッツ米コロンビア大教授は、
東京電力をめぐり、
「世界中の原子力産業は補助金漬けで、企業だけが責めを負うことではないが、
この賞で企業も政府も責任に気づいて欲しい」と述べた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
t_TKY201201280130東電
投票を呼びかけるためにNGOが作った東京電力のイメージ画。
キャッチコピーは
「我々が作り出したのは、我々の手に負えないものだった」
(環境NGOグリーンピース提供)

山河滅んで、東電あり!


(m)
関連記事

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

~真冬のぬくもり ホスピタルコンサート~

昨日は、東京湾岸エリアにある病院へ検診に行きました。
最高気温は5℃。
厳冬地に比べたら暖かいのでしょうが、
冷たい風が肌に沁みます・・

2階の外来に上がり、ソファで順番を待っていると、
突然、美しいピアノの調べが階下のホールから・・!
ぼーっと座っていた私はハッとなり、耳をすませました。
哀愁をおびた、やさしいメロディーが、病院中にあふれます・・
なんだか懐かしいような曲・・よく聴いたことがある・・
ひとり、又、ひとり、と順番待ちの人たちが音楽に気づきます。

この病院は1階と2階が吹き抜けになっていて、
天井はガラスばり。陽の光がさんさんと降りそそいでいます。
手すりまで行って、階下のホールをのぞくと、
中年の女性が背すじをまっすぐにグランドピアノを弾いていました。

なんていう曲だっけ・・?
気になったので、下に降りてみました。
いつのまにか、ピアノの周りに人垣ができています。
点滴している患者さん、車椅子の患者さん、家族の人たち、
外来の患者さん・・

「すみません、この曲なんでしたっけ?」
小声で、近くにいた病院のスタッフにたずねてみました。
「えーと・・えーと・・確か、アラン・ドロンの・・」
「?・・」
しばらくしてようやく思い出せました。
「太陽がいっぱい」のテーマ曲。

いただいたチラシによれば、
ピアニストは石井英子(ひでこ)さんという方・・
武蔵野音大ピアノ科を卒業され、音大生や卒業生の演奏指導にあたるかたわら、
「求められる所で、求められる音楽を・・」と、
首都圏を中心にいくつもの病院でミニコンサートを開いていらっしゃるそうです。
華美なコスチュームではなく、カジュアルな服装で・・

レパートリーはクラシックからポップス、童謡・・

私が検診を受けている病院はガン専門の病院です。
緩和病棟もそなえています。
私はガンではありませんが、いつなるとも分かりません・・
音楽に耳をかたむけていた患者さんはそれぞれ、
どのような思いを抱かれていたのでしょうか・・

音楽は私たちの心の奥深くにしみわたり、
時に、さまざまな感慨を呼び覚ましてくれます。
懐かしさ、愛しさ、切なさ・・

音楽は心の特効薬・・。

ホスピタルコンサート。とても素敵な活動だと思いました。

wp-hana14s水仙

(m)
関連記事

テーマ : 今日のつぶやき
ジャンル : ブログ

~2月11、12日 杉並どうぶつ相談員「犬と猫の飼い方相談」~

2012年2月11日(土) 10時~16時
        12日(日) 10時~15時半

阿佐谷地域区民センター「あさがやセンターまつり」で

杉並どうぶつ相談員による「犬と猫の飼い方相談」をおこないます。

犬と猫の適切な飼い方やしつけなどの飼養相談、
子供たち向け「ペットが飼えるかな?」などのクイズ(景品つき)、
飼い主のいない猫「杉並ルール」や、
ペットの防災に関する展示など・・

「あさがやセンターまつり」は歌やダンス、バザーや地域の皆さまの作品展示など、
イベント盛りだくさんです!

杉並どうぶつ相談員のブースは1Fロビー、正面玄関入ってすぐ左手!
どうぞお気軽にお立ち寄りください!

阿佐谷地域区民センターへの地図など、情報はコチラから。 (JR阿佐ヶ谷駅より徒歩2分)
             

http://www.yoyaku.city.suginami.tokyo.jp/HTML/0004.htm

★予告

3月3日(土)、4日(日) 10時~16時 西荻地域区民センターまつりで、飼い方相談をおこないます。

http://www2.city.suginami.tokyo.jp/map/detail.asp?home=H04910

201201-chah01_convert_20120127014257.jpg
待ってるよ~    チャースケより

(m)
関連記事

テーマ : 動物愛護
ジャンル : ペット

【動物愛護管理法改正】ペット法塾・意見交流会~参加報告~

速報!
自民党は8週齢規制に反対の意向!
   詳細はコチラ!

2012年1月20日(金)、THEペット法塾主催「真に動物を守る法律へ」
衆議院議員会館で開催された意見交流会に行ってきました。
小雪の舞う中、会場はぎっしり満員。早々に定員に達したようなので、
参加できなかった希望者も多いのでは?

{内容}  (以下、敬称略)
テーマ①
動物愛護管理法35条 行政の引取り義務の制限(撤廃)についての意見
◆意見発表 
松崎正吉(熊本市動物愛護センター所長)   黒澤泰(横浜市港南福祉保健センター獣医師)
和崎聖子(NPO法人 動物実験の廃止を求める会(JAVA)) 
山田佐代子(財団法人 神奈川県動物愛護協会会長)    武藤安子(NPO法人 グリーンNet)

テーマ②
野良ねこ等所有者のいない動物について「行政の保護義務」及び
「国民の愛護・保護義務」規定についての意見

◆意見発表 
高木優治(新宿区保健所衛生課職員)       工藤久美子(NPO法人 ねこだすけ代表理事)
溝渕和人(動物ボランティアCat28)         荒井りか(中之島公園猫対策協議会代表)

テーマ③
動物取扱業者の規制(8週齢問題等)についての意見
◆意見発表
野上ふさ子(NPO法人 地球生物会議ALIVE代表)     エリザベス・オリバー(NPO法人 アニマルレフュージ関西代表)
太田匡彦(朝日新聞社 「犬を殺すのは誰か」著者)    成田 司(株式会社コークア代表取締役・Giraf Project)
渡辺眞子(作家)

□■意見交流会(パネルディスカッション)□■
◆パネリスト
岡本英子(衆議院議員)/野上ふさ子/工藤久美子/松崎正吉/高木優治/細川敦史(弁護士・THEペット法塾事務局長)/
◆司会
植田勝博(弁護士・THEペット法塾代表・芦屋市教育委員長) 

Special Guest: 杉本彩  渋谷寛(弁護士) 

議員
・鴨下一郎(自)、松野頼久(民)、岡本英子(民)、高邑勉(民)、谷ひろゆき(民)、小宮山泰子(民)、
瑞慶覧長敏(民)、高木美智代(公)、松浪ケンタ(自)、三原じゅん子(自)、生方幸夫(民・秘書)、大田信盛(民・秘書)
阿部知子(社・秘書)

ペット法塾+001_convert_20120122161644 エリザベス・オリバー氏

当日の各発言者の内容については、こちらのtogetterでフォローされています。
Freepetsの方々、ありがとうございます。
      
http://togetter.com/li/244491                     

以下、印象に残った発言(部分)を当日のメモから抜粋します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆35条の解釈については、行政が動きやすい法律の表現に改正してほしい」(黒澤氏)

☆今回の法改正は歴史に残る法改正にする。民主党の3つの動物愛護議連とも8週齢規制で一致。
 各党に働きかけて今回の法改正で何とか実現したい。(民・松野氏)

☆「アエラ」に「8週齢規制に反対」と書かれたが、党としての結論はまだ出ていない。(公明党・高木氏)

☆今の狂犬病予防法、5割しか登録しておらず7割しか注射しない。改善もされていない。
 省を超えて、登録の時に戸籍作りをし、愛護管理法と連携させなければ8週齢も機能しないと思う。(自・松浪氏)

☆引取りの拒否ではなく捨てることは犯罪だと説得。非常にエネルギーを使う。譲渡先を探してもらう。
  仔猫の場合でも親がそばにいれば引取らない(松崎氏)

☆80万円の罰金犬が町中に多数(犬の登録や予防注射などの違反をトータルすると80万円)
 犬は徹底的に飼い主責務。福島県の被災ペットは飼い主(鑑札、不妊処置等)と行政に責任がある。
 今の猫の問題は行政と国民のすべてに責務がある。だらしのない飼い方を長い間、黙って見てきた。(工藤氏)

☆業界は、8週齢反対の根拠として、日本での動物愛護の歩みは神道や仏教の影響下にあると陳情。(太田氏)

☆国内のペットフード会社も大きく売上が落ちている。飼う側が正しい知識を持つと業界も変わっていく。(成田氏)

☆長年、動物を保護してきたが、きりがない。これからは人の教育に力を入れたい。(オリバー氏)

☆政省令が弱すぎる。(野上氏)

☆27万もの署名が集まっているというのは、もはやペット業者と愛護団体の対立ではない。
 獣医師からも具体的なデータが出てきている。(細川氏)

☆落し物は3ヶ月の公示で落とし主を探す。動物は飼い主を探す場合でも、5日間で殺処分。(植田氏)

☆東京都動物愛護センターは1時間くらいは引き取り依頼について説得していると聞いている。(高木氏)

☆事務所からは「ペット産業には深い闇があり、芸能活動するなら愛護活動するのは危険・・」と言われた。
 ペット産業がTVを支えているという面もあり、発言がオンエアでカットされる。多くの人が見るバラエティ番組
 などに啓蒙を入れ込まないと広く知ってもらえない。ゆくゆくは生体展示販売をやめさせたい。(杉本氏)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ペット法塾+002_convert_20120122161744 パネル・デイスカッション
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(感想)
 24日から通常国会が始まります。このタイミングで、しかも国会議員のお膝元の議員会館で、
これだけの数の実績のある団体、行政関係者、満員の聴衆・・今回の法改正はかつてないほど
盛り上がっている、と言っていいでしょう。

マスコミも、大手数社が取材。当日夜、「ワールドビジネス・サテライト」で取り上げられたほか、
NHKも動愛法改正にあたっての特集を企画中とのこと。

マスコミ・・・世論へのアピールが非常に大切!それが、今まで徹底的に欠けていた・・。
ペット法塾さんのイベント・セッティングに拍手です。
閉会中の金曜日でしたが、国会議員も次々と駆けつけ、会場の熱気を感じたはず・・

福島原発警戒エリアの家畜やペットの悲惨な状況もあり、一方で、ツイッターやブログ、FBなどで
パブコメや、こうしたイベント情報がどんどん伝わるようになったことも大きいですね。

今回の改正は動物取扱業の適正化に重点がおかれ(それが殺処分削減につながるのですが)、
殺処分削減については、検討小委員会であまり議論されていない印象でしたが、
この意見交流会では、真正面から「殺処分削減」をテーマにしていました。
願わくば、畜産動物や、実験動物の福祉について、もっと声を大にしていただきたい・・。
(とにかく、改正すべき問題がありすぎるのですね・・)

自民党に動愛法改正議員連盟が復活したそうなので(会長・小池百合子)、
民主党・松野議員によれば、野党にも呼びかけ、超党派で進めたいとのことで、
動物の問題は超党派で対処すべきと思うのですが、
公明党の高木議員は、「党の結論はまだ」と8週齢に同意したわけではありません。

すでに、自民党が「8週齢に反対の意向」との情報もあります。

会の冒頭、植田弁護士は、「環境省は、深夜販売などの規制など、ちょっとした改正ですませるつもり」と
発言されています。

検討委員の渡辺眞子氏によれば、愛護派が多かった小委員会でも、
8週齢を推したのはたった3名(渡辺、野上、山口委員)とのこと。
「8週齢」は、「繁殖制限」「飼養施設の改善」とセットで取り組まれるべき問題です。

ゲストの杉本彩さん・・
ご病気も回復されたようで、この日は一段とノリノリで、熱弁でした。
「ペット業界の深い闇」・・・「かかって来るなら、かかって来い」・・・。

細川弁護士の発言にもありましたが、
「動物取扱業 VS 動物愛護団体」という従来の構図ではなく、
「動物取扱業 VS 命を大切に考える市民」とメディアに認識してもらうことが肝要と思います。

(m)
関連記事

テーマ : 動物愛護
ジャンル : ペット

プロフィール

動物との共生フォーラム

Author:動物との共生フォーラム
東京都


すべての命に人道的な配慮を。


★リンクフリーです。転載はご自由に。

カレンダー
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
旬の花時計 V2
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR