動物との共生フォーラム

Friends of Nature & Animals Forum

【原発警戒区域 動物救援】5/13 三春シェルターでイベントですが・・

2012年5月13日(日)、福島県三春シェルターでイベントが開かれますが、懸念する声も・・

以下、森茂樹の部屋さんより、転載します。

***************************************************************
福島シェルターで今更イベントなの!!
2012-04-28 19:40:04

いままで福島シェルターの問題点を発信してきました、、

多くの関係者、団体等々へ、、問題点を共有する事が大事との思いです。

そんな中とんでもない情報が寄せられました、、

福島シェルターの現場「三春シェルター」でイベントを実施すると、、

何で今なの、、必要なの、、との疑問が周辺から聞こえてきます。

そんな予算があるのなら、、すべきことは山ほどあります。


一年を越すのになかなか改善されない状況、、

運営を任されていた行政の営みは、動物福祉とは無縁だったと言わざるを得ません。

愛護センターを持たない行政のノウハウの無さに原因があるという意見もあります。

お決まりの予算が無い、、


海外の保護団体も調査するなか私達と問題点を共有しています。。

喜んでいた環境省からの予算措置も、環境省外郭団体へ丸投げ、、

団体名は「財団法人 自然環境センター」と聞きました。

唐突に出てきた予算措置、、


結果を見ると、デキレースなのではと勘繰りたくもなります。

しっかりと事業をしてもらいたいと願うばかりですが、どこかへ丸投げするんでしょうね、

救援本部運営を行政から獣医師会へと移管されたので、獣医師会が請け負う事になるのでしょうか。


この予算の使途は詳細に透明性を担保して欲しいものです。

さてイベント、、

ステージでライブとかお散歩コーナーとか、、

びっくりです。

保護犬は喜んでいるの!? 


発想が安易ですね、効果の程も怪しい、、むしろやる事が目的化している感じです、、、


とても、現場の声を聞いたとは思えません、、やる事の発想が現場無視、

予算措置ができたからなんでしょうか、、


被災ペット達の福祉はどこかへ、、企業は社会貢献していると言わんばかりか、、

結果、被災ペット達が利用されている現実。

増築の予定などこのイベントで後回しとすれば本末転倒、、

保護されているペット達、1日でも早くストレスのない生活を送りたいんですけどね、、

大切な予算、、ど派手なイベントは不要です、、1日が大事なんです。 (転載おわり)

**************************************************************

森茂樹さんは、家庭動物環境コーディネーターとして、昨年から三春シェルターを訪問され、
飼育環境がなかなか改善されないことを懸念されており、

立派な施設(ハード)よりも、シエルターワークの専門家による運営管理(ソフト)が必要であると
指摘されています。

主催は「福島民報社」ですが、
イベントが本当に収容保護されている動物のためになるといいのですが・・

福島県には、震災以前、「動物愛護センター」は存在しませんでした。
原発事故により、とつぜんシェルターを立ち上げることになってしまいました。
換言すれば、
全国で、何とか殺処分を減らそうと尽力しているセンターのノウハウ蓄積は大きい・・?

*********************************************************************

自治体職員・動物保護施設関係者・獣医師・動物看護師向けセミナー

<イベント情報>

アニマルシェルターセミナー 第3弾

地域の防災とボランティア教育のために

昨年開催した第1弾・第2弾のセミナーはボランティア養成を主たる目的に開催し、大変好評を博しました。
そこで、被災地の状況を反映させながら、
シェルターメディスンの見地からのセミナーを企画致しました。
東日本大震災以降、各地で防災計画の見直しが図られています。
そのような状況下で、動物の同行避難等で様々な問題解決をしていかなければなりません。

この度のセミナーが各地でお役に立てれば幸いです。

●日時
 2012年6月30日(土)10:00~17:00

●会場
 日本獣医生命科学大学 C棟501教室
 (東京都武蔵野市境南町1-7-1 JR武蔵野駅から徒歩2分)
 ※当日は工事中のため正門からは入れません。入口の表示にご注意下さい。

●講師
 ・田中 亜紀 氏(カリフォルニア大学デイビス校)
 ・水越 美奈 氏(日本獣医生命科学大学)

●対象
 自治体職員、動物保護施設関係者、獣医師、動物看護師

●受講料
 無料

●講義内容
・シェルターメディシン
・ボランティアトレーニング概論
・犬の行動学
①犬のストレスとボディーランゲージ
②社会化とシェルターでのトレーニング
・ディスカッション
※12月に開催予定の第5弾セミナーでは、同じ内容で「猫」を中心に行なう予定です。

●定員
 120名

●主催
 公益社団法人日本動物福祉協会、公益社団法人日本動物病院福祉協会

●後援(申請中)
 環境省、東京都獣医師会、日本獣医生命科学大学

●協賛
 メリアル・ジャパン株式会社、マース ジャパン リミテッド

●お問い合わせ・お申し込み
 公益社団法人日本動物福祉協会へ、参加者氏名・所属・緊急連絡先を
 お電話かFAXにてお知らせ下さい。
 (TEL:03-5740-8856・FAX:03-5496-0930)

・会場への往復には、地球温暖化防止のため、公共交通機関をご利用下さい

※第4弾は7月14日(土)に福島県郡山市で、第5段は12月に東京で開催致します。

******************************************************************


アニマルシェルターセミナー第1弾、第2弾の内容要旨は当ブログに掲載しています。
                   ↓
 http://doubutsuforum.blog.fc2.com/blog-category-25.html

(m)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:動物愛護 - ジャンル:ペット

  1. 2012/04/30(月) 00:45:53|
  2. 大震災 動物関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

~秋田八幡平クマ牧場 5月中にも閉鎖 残ったクマは安楽死?~

クマ牧場 来月中旬にも閉鎖

2012年4月26日 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/akita/news/20120426-OYT8T00098.htm
(以下、転載)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鹿角市八幡平の「秋田八幡平クマ牧場」でヒグマに襲われて2人が死亡した事故で、
同牧場の男性経営者(68)が25日、取材に対し、牧場を再開せず、5月中旬にも閉鎖したい考えを明らかにした。
男性は動物愛護団体に対し、クマの譲渡先や今後の給餌方法などを相談。
同団体のメンバーが5月初めにも本県を訪れ、
男性や県の担当者らと、当面の飼育態勢を協議するという。

男性は25日、取材に応じ、「すぐに牧場を閉鎖しなくては。年間の赤字額は約200万円で、金はなく、人もいない。
5月中旬をめどに経営をやめる」と話し、
来月にも牧場経営から撤退する意向を示した。
現在、牧場の8か所のオリで飼育中のヒグマやツキノワグマなど計27頭に関しては
「安楽死させるかどうするか、まだわからない」と話した。

県の事故前の調査などによると、クマの餌は、死亡した女性従業員2人が中心となって、
1頭当たり残飯約10キロ・グラムと、リンゴ2キロ・グラムを1日おきに与えていた。
事故当時、牧場内にいたが逃げて無事だった男性従業員(69)は退職したため、
現在は経営者の男性が知人と2人で給餌を続けているという。

餌は、地元の社会福祉施設や病院から出た食事の残りなどだったが、
このうち大館市立総合病院は事故を受け、
5月末をめどに支援を打ち切る意向を固めた。
同病院では、入院患者らが残した食事約300リットルをポリバケツ約6個に入れ、週3回、無償で提供していた。
担当者は「牧場側と十分に相談して理解を求めたい」と話す。

男性は23日、動物愛護活動を行っているNPO法人「地球生物会議」(東京都)に
「自分が牧場をやめたら、誰も飼育する人がいなくなる。クマの今後が心配だから受け入れ先を探してほしい」と連絡し、
閉鎖に向けた協力を求めた。

同会議はこれまで、県に対し、同牧場の飼育環境が劣悪な上、
施設の老朽化で人的被害が出る恐れがあると訴え、
指導・監督の強化を求めてきた。
5月1日をめどに本県にスタッフを派遣する予定。

同会議の野上ふさ子代表は取材に対し、
「『もうどうにもならない』と男性は追いつめられた雰囲気だった。
無事に譲渡されるまで、クマの命をつながなければいけない。
県や鹿角市が飼育員を雇うことも必要」と話している。              
                                            (転載おわり)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(m)
関連記事

テーマ:動物愛護 - ジャンル:ペット

  1. 2012/04/26(木) 11:56:43|
  2. 秋田・クマ牧場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

佐渡のトキにひな誕生!ハラハラ、どきどき・・無事に育って!

4月22日、環境省の発表。佐渡で放鳥されたトキのペアに3羽のひなが生まれていたことが分かりました。
自然界では、36年ぶりとのこと・・。
一口に36年と言っても、長きにわたってトキの自然復帰に携わってきた方々にとっては、
さまざまなご苦労の連続だったことでしょう。

2003年10月10日、「トキ保護センター」で35年7ケ月も飼育されていたキンが死に、
日本のトキは絶滅しました。
キンはオりの中で老いおとろえ、両眼の視力を失いながらも、
突然に飛び立ち、とびらに激突して息絶えました。

野生に帰りたい・・。
本能の最期のうずきに突き動かされ、
残されたわずかな力をふりしぼって、飛び立とうとしたのでしょうか・・。

うす桃色の美しい羽を授かったがゆえに、乱獲され、死に絶えた、日本のトキ。

トキ保護活動の教訓は、失われた種の回復には、大変な手間や時間がかかるということだ。
ほかの絶滅危惧種の保護にも力を入れるべきだ」
(山岸哲・新潟大特任教授)

大変な手間や時間がかかることを実体験されたのは、
トキを見守ってきた佐渡の人々、
なるべく農薬や化学肥料を使わないコメ作りを実践してきました。

結局、それが人間にとっても、安全で安心な農作物や環境をつくることになったのです。
(佐渡のお米、美味しいですよ~)

ひなの誕生はトキの自然復帰への第一歩。
テンやカラス、トンビなど、天敵はたくさん、
親鳥も、子育ては初体験・・
十分にエサがとれるでしょうか。
これから毎日、はらはら、ドキドキ・・
どうか、ヒナがみな、無事に巣立ち、佐渡の空にはばたいてくれますように!

ところで、初回の放鳥失敗で、本州へと渡ったトキは、その後どうなったのでしょう・・?
目撃情報はあるのでしょうか?
旅がらす、ならぬ、旅トキ、となってしまったわけですが、
こちらも無事に生きていて欲しいものです。

動物を守ること、自然を守ること、それは、人を守ること・・ですね。

(m)
関連記事

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2012/04/24(火) 00:40:56|
  2. 野生動物 その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

~秋田八幡平クマ牧場で事故 女性従業員二人死亡 ヒグマ6頭射殺~

4月20日午前、秋田県角館市八幡平の個人経営の観光用クマ牧場で、
女性従業員2名がオリから逃げ出したクマに襲われ死亡しました。

以下、NHK NEWSwebより転載
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120420/k10014598721000.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

秋田県鹿角市の観光用のクマ牧場で、女性飼育員が熊に襲われて死亡し、
行方が分からなくなっていた1人も、午後4時前に遺体で見つかりました。

地元の猟友会が、おりから逃げた6頭を射殺し、ほかに逃げた熊がいないか確認しています。

20日午前10時ごろ、秋田県鹿角市八幡平にある「秋田八幡平クマ牧場」で、
70代の女性飼育員が、飼育しているヒグマに襲われたと、消防に通報がありました。
救急隊員が駆けつけたところ、
女性飼育員がおりの外に倒れていたほか、
おりの扉が開いて、中のヒグマがいなくなっていました。

地元の猟友会が、昼すぎにおりの外にいた4頭を射殺し、午後3時前に、もう2頭を射殺しました。

消防は、この間に、熊に襲われ倒れていた女性飼育員を運び出しましたが、すでに亡くなっていました。

さらに午後3時50分ごろには、行方が分からなくなっていた別の60代の女性従業員も、
牧場の敷地内で遺体で見つかりました。

猟友会と警察は、ほかに逃げた熊がいないか確認しています。

クマ牧場は、鹿角市の中心部から20キロほど南の山あいにあります。
秋田県によりますと、個人が観光用にヒグマやツキノワグマなど38頭を飼育し、
大型連休前に向けて開園の準備をしていたということです。

警察で、2人が熊に襲われたときの状況などについて調べています。
                                              (転載、おわり)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

高齢の女性従業員の方2名が死亡されるという大変に悲惨な事故になってしまいました。

NHKのニュースによりますと、飼育場の一箇所に、かなり雪が積もっており、
これを上ってヒグマがオリの外に出たのではないかということですが、
詳細はまだ分かっていません。

過去には、北海道・登別温泉のクマ牧場で、飼育場に積もった雪を上ってクマがオリの外に出ることが懸念され、
石油不足から、ヒグマ55頭が射殺されました。

291クマ牧場
秋田八幡平クマ牧場の飼育場  コンクリートの中、きわめて不自然な環境で飼育されています。

いったんこのような事故が起きれば、人の生命も、クマも、悲惨な結果となってしまいます。
日本の観光用クマ牧場については、
クマの飼育、管理のあり方に関して、以前より、国内外から多くの批判が寄せられています。

ご参考までに: 
クマ牧場 Wikipedia  <飼育上の問題点>
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%9E%E7%89%A7%E5%A0%B4

(m)
関連記事

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2012/04/20(金) 19:55:59|
  2. 秋田・クマ牧場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【原発警戒区域 動物救援】~牛の殺処分頭数~

福島原発警戒区域において、現在までに捕獲され、殺処分された牛の頭数。

JAVAのブログより転載。
http://java-hisaidoubutu.sblo.jp/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
警戒区域の牛の処分・捕獲状況
2012年4月17日

昨日4月16日に環境省の動物愛護部会が行われました。

その中で震災対応の報告もあり、
畜産動物については4月5日に出された「新たな避難指示区域設定後の家畜の取扱いについて」等に関する説明が、
農林水産省畜産振興課よりされました。

配布された資料に「牛の月別安楽死処分・捕獲実施状況(4月9日現在)」というものがあり、
2011年5月から2012年4月までの頭数表がありました。

そこから合計数を抜粋しました。
●安楽死処分頭数839頭
●捕獲頭数(畜主による管理牛を含む)731頭

牛の月別安楽死処分・捕獲実施状況(pdfファイル)

現在放たれている数は計算上では230頭程ですが、
震災後に生まれている牛がいるのでもっと多いと推測しているそうです。

また、研究利用については口頭で報告されました。
●東京大学 豚約30頭
●北里大学 牛30頭
●東北大学加齢医学研究所 牛150頭

会場では聞き取れない部分もあったため、改めて農林水産省に問い合わせをしました。

・他の畜産動物についての表はない。豚は3,100~3,200頭を処分している。
・東北大学の研究は、行政が安楽死処分した牛の死体を利用。
・北里大学については3月で終えたと思われるが、こちらも最終的には安楽死させて解剖している。
・研究利用も行政の処分も、指針に沿った3段階の安楽死を実行している。
                                                 (転載おわり)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆月別の殺処分数については、PDFファイルをご覧ください。

安楽死は実行されているのでしょうか・・?

昨年5月から現在に至るまで、民主党政権(管内閣・野田内閣)は一貫して「殺処分」を続行してきました。
少数の議員をのぞき、「生かす」方策は模索されませんでした。

子供手当て、高速道路の無料化、行政改革・・いずれも実現することなく、
(そもそも無体なマニフェストを作るからで・・)
大型公共事業は次々と復活、
民営化された道路公団の役員数は何倍にも膨れあがっており、
結局、官僚に鼻先であしらわれた格好です。

米国や中国に対する外交的失敗・・

自民党の頃にも増して、メディアの自主規制は強いと感じます。
(とくに原発事故以来、メディアに対する不信感の増大は深刻)

そして、ここに来て、第三者委員会も立ち上げず、
一方的に大飯原発の再稼動を決定。

相変わらず、党内意見はまとまらないまま・・
議員は選挙風を受けて、地元行脚に精を出し、

かといって、自民党は民主の足をひっぱるばかりで、反省も刷新も無く、亡霊のごときロートル(老頭)達は健在。

これじゃあ、次の選挙、橋下旋風に吹き飛ばされても仕方がない・・。

(m)
関連記事

テーマ:動物愛護 - ジャンル:ペット

  1. 2012/04/18(水) 00:27:28|
  2. 大震災 動物関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

動物との共生フォーラム

Author:動物との共生フォーラム
東京都


すべての命に人道的な配慮を。


★リンクフリーです。転載はご自由に。

雪が3Dで降るブログパーツ ver2

マウスで見る方向変えられます

カレンダー

03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

カテゴリ

大震災 動物関連 (124)
動物愛護管理法 (70)
民主党【犬猫等の殺処分を禁止する議員連盟】関連 (5)
ゾウのはな子 (22)
野生動物 クマ (49)
秋田・クマ牧場 (34)
ゾウ (12)
野生動物 その他 (30)
動物園 (29)
犬・猫などペット (22)
動物行政 (31)
地域猫 (21)
官民協働 (19)
動物関連ニュース (37)
政治・時事 (48)
映画・TV (13)
エッセー (32)
Book Review (8)
オススメ! (1)
イベント案内 (21)
杉並&近隣情報 (10)
自然・環境 (11)
植物・園芸 (7)
未分類 (2)

最新記事

最新コメント

旬の花時計 V2

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR