スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テレビ時評「フジテレビが視聴率を落とした理由」

今週発売の「週刊文春」が、「フジテレビ『失敗の本質』を衝く」というタイトルで、
視聴率が日本テレビ、テレビ朝日に抜かれ、第三位に転落した理由を書いています。

日枝久会長(74)の長期政権による、組織や企画のマンネリ化や、長らく視聴率トップの座にいたため
番組作りが守勢になり、自由や斬新さが徐々に失われていることなど・・。

3.11大震災以降の視聴者意識の変化も理由のひとつ。
日テレ&フジは、軽チャーの代名詞ともいえる局。
フジといえば、「チャラチャラ感」・・軽佻浮薄のイメージが強い。
3・11を境にして、社会の空気が変わってしまい、
震災報道となれば、多くの人々がNHKにチャンネルを回したのはうなずけます。

今年6月の人事で常務取締役に昇格した大多亮氏(53)によれば、
「F1(20~34歳の女性)とかティーン層はまだうちが強いのですが、
視聴率調査のボリュームゾーンである50代以上には、うちの番組は魅力がない」

しかし、今後も若い層を中心に番組作りをするとのこと。

文春の記事には書かれていませんが、フジが視聴率を下げた原因は、新聞の番組欄にもあると思うのです。
各社、TV番組欄の構成は多少ちがいますが、例えば、朝日新聞の場合、
私は、在宅していれば、かならずニュースを見るので、
まず左端のNHKの欄を見て、それから右へ、民放へと視線を移していきます。
ーーーアレ、どこへ行っちゃったの?フジテレビ・・

TVのデジタル化に伴い、BSを除けば、いちば~ん右端の隅っこに押いやられてしまった?フジテレビ・・
そこはかつて、さびしい12CH、テレビ東京の指定席でした(縁起わる~い)。
今は7CHとなり、フジの左側に移動。

で、けっこう真ん中にドカンと目だっているのが、躍進めざましい5chテレ朝なのです。

テレ朝は、サッカーやフィギュアスケートなど、人気スポーツを取り込み、
毎晩9時54分、大衆迎合と揶揄されつつも、安定した人気の「報道ステーション」があります。
ときどき(とくに秋)、本格的な単発ドラマも見せてくれるし、
あとは人気の「相棒」をはじめ、得意のサスペンスドラマが並びます。
サスペンスドラマは、それなりに今の社会を写し出すし、
いわば、「おとなも見られるTV局」のイメージ。
(「ドクターX」は二番煎じ。米倉涼子は主役として意外性が無いけれど、今、スーパーウーマンドラマは
数字とりそう・・)

テレ朝がエライな~と思うのは、あきらめないところです、
「相棒」だって、最初は視聴率あまり良くなかったけれど、「これはイケる」と信じて粘った成果。
「科捜研の女」も地味だし、「土曜ワイド劇場」だって、まだ続いているのです・・
そして、これらの番組には、これまたしぶとい中高年の視聴者がくっついている・・
ストーリーがパターン?そんなこと、どうでもいいの、時間つぶしているだけですから・・

しょせん、民放は「儲かればいいんです!」ということで・・

NHKの夜ドラは、少し前から対象を40代女性に向けてきたようですね。
「セカンドバージン」がヒット、
「眠れる森の熟女」も、この世代の会話にリアル感があって、
主役に元バレリーナの草刈民代さんというのも意外性があり、
若いころに、トレンディードラマを見ていた世代が、シビアな日常に向き合い、共感できるという点で、
NHKの狙いは当たっているのでは・・。
(大河など、時代劇はコケつづけていますが・・)

でもフジテレビ、実は私、よく見ています。
夜8時、BSの「プライム・ニュース」・・この時間帯、他に見たい番組がないので、ながら見・・
月~木の八木亜希子キャスターと金曜の島田彩夏キャスター。
番組の進行も上手く、ゲストには、なかなかシビアな問いかけ。
フジの女子アナ、見そこなっちゃいけません。◎のお二人です。
ただし、この番組、60代以降の視聴者に人気とのこと。
え~!!

(m)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : TV番組
ジャンル : テレビ・ラジオ

~城島財務相にも暴力団との関係疑惑が浮上~

10月18日発売の「週刊文春」が、城島光力財務相と暴力団のフロント企業との繋がりを報じました。
http://shukan.bunshun.jp/articles/-/1921

(以下、転載)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
城島光力財務相が暴力団フロント企業から選挙応援


城島光力財務相が、2009年の衆院選挙の際に、稲川会系暴力団のフロント企業から応援を受けていたことが、
「週刊文春」の取材で判明した。

また、別の稲川会系暴力団元組長の仲介で、筆坂秀世元共産党参院議員が城島氏の応援演説に駆けつけていた。

城島氏が09年の選挙戦を戦った神奈川10区(川崎区など)には、
指定暴力団・稲川会の中枢を占める二次団体・山川一家の本部がある。

今回城島氏の応援をしていた稲川会系暴力団のフロント企業には、
10月9日に逮捕された山川一家三代目総長・内堀和雄容疑者の親族も役員に名を連ねている。
同社社長は、「週刊文春」の取材に、
「川崎がよくなってほしいから、一生懸命応援しただけだ」などと答え、
城島氏を応援し、同氏のパーティなどに出席していた事実を認めた。

また、元暴力団組長からの依頼を受けて城島氏の応援演説をした筆坂氏は、
「応援演説をしたのは事実だが、仲介者が何をしていた人かは知らなかった」と説明している。

一方、城島氏は、代理人の弁護士を通じて
「(暴力団フロント企業社長とは)落選中にどなたかの紹介で会ったことはある。
フロント企業の人とは知らなかった」と釈明し、
筆坂氏の応援演説については「応援演説に来てもらった事実はない」と否定している。

暴力団に詳しいノンフィクション作家の溝口敦氏は
「山川一家は稲川会の首領の中の首領。そのフロント企業と接点があること自体、大問題」
と指摘しており、財務相としての適格性をめぐって議論をよびそうだ。
                                       (転載おわり)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
この記事に関して、城島財務相は反論されています。

(以下、時事通信より転載)
http://jp.wsj.com/Japan/Politics/node_532045

城島財務相は、「暴力団関係者など反社会的勢力との付き合いは一切行わないということを
重要な活動基準としており、相手が暴力団関係者ないし反社会的勢力であることを知りながら、
何らかの関わり合いを持つことはない」と反論する文書を発表した。

この中で城島氏は
「記事は推測や伝聞の形で虚偽の事実を述べたもので、著しい名誉毀損(きそん)だ」と主張。
訂正と謝罪文の掲載を求める催告書を版元の文藝春秋社に送付したとしている。 
                                     (転載おわり)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

訂正と謝罪文の掲載を求めたとのことなので、文春側の対応を待ちたいと思います。

城島議員は、国対委員長から財務相へと、このところ目覚しい出世ぶり・・

「民主党・犬猫等の殺処分を禁止する議員連盟」の会長でもあり、

社)ジャパンケネルクラブ(JKC)の永村武美理事長とは東大時代からの知り合い。

過去に、農水省畜産部長であった永村氏が、偽装牛肉事件を起こした食肉業者ハンナングループを、
パーティー券の購入先を探していた城島議員に紹介。

その後、永村氏は農水省を辞任し、農水省認可の社団法人ジャパンケネルクラブに天下りしました。

永村武美氏は今年度、環境省中央環境審議会動物愛護部会の委員を辞任されましたが、

これは「銃殺発言」が理由ではないでしょう。

(検討小委員会における「同行避難できないペットや家畜はどんどん銃殺すべき」という発言は、
「銃殺」の言葉のみが拡散されてしまいましたが、議事録は委員の承認を得て公開されるので、
まずいと思えば、削除を依頼すればいいわけです)

永村氏にはこのような問題もありました。
      ↓
http://news.infoseek.co.jp/article/09gendainet000165575
(記事より抜粋)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さらにこの団体(JKC)は、05年にカラ出張で裏金を捻出、
非常勤理事らにヤミ報酬を支給していたとして3億5000万円の脱税を国税に指摘されている。
ところが、公益法人の認可を取り消されることもなく、永村理事長もポストに就いたままだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

城島議員の選挙区は川崎、永村氏も神奈川県の出身です。

「動物愛護」の繋がりは奇怪で、複雑・・

(m)
関連記事

テーマ : 動物愛護
ジャンル : ペット

【秋田八幡平クマ牧場】県獣医師会等が支援する会を設立

秋田八幡平クマ牧場:クマ支援会、県獣医師会など設立 /秋田

毎日新聞 2012年10月16日 地方版
http://mainichi.jp/area/akita/news/20121016ddlk05040045000c.html

(以下、転載)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

従業員がヒグマに襲われ死亡した秋田八幡平クマ牧場(鹿角市)に残された27頭のクマを支援しようと、

県獣医師会と秋田市の動物愛護保護団体アニマルハートは15日、

「秋田八幡平クマ牧場のクマの飼養管理を支援する会」を設立した。

募金を集めてクマの移送費やエサ代に充てる。


同牧場のツキノワグマ6頭は年内、ヒグマ21頭は来秋までに北秋田市の阿仁熊牧場に移送される予定。

事務局の県獣医師会は

「動物愛護の観点から残されたクマがよりよい環境で生活できるようにしたい」としている。


 募金は、北都銀行秋田駅前支店の同会の口座(普通6143579)へ。【小林洋子】

                                          (転載おわり)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「アニマルハート」は日本愛玩動物協会の秋田県支部です。

八幡平クマ牧場に残されているクマについては、

「日本熊森協会」や受け入れ先となる「阿仁熊牧場」も基金を設け、寄付を募っています。

しかし、阿仁熊牧場の改修がどのようなものになるのか、

自然環境を重視したクマのサンクチュアリ的な施設になるのか、

単にコンクリートで囲われた飼育場を増やすのか、

具体的な計画を示したうえで、寄付を募るべきではないでしょうか?

(m)
関連記事

テーマ : 動物愛護
ジャンル : ペット

富士サファリパークで飼育員 出産直後のゾウに襲われ死亡

富士サファリパーク:飼育員が象に襲われ死亡

毎日新聞 2012年10月16日 09時22分(最終更新 10月16日 12時31分)
http://mainichi.jp/select/news/20121016k0000e040146000c.html

(以下、転載)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
16日午前3時10分ごろ、静岡県裾野市須山の富士サファリパーク(浜中幸(みゆき)園長)の象舎内で、

ラオス国籍の飼育員、インサボン・カムホンさん(30)が象に襲われた。

上半身を踏まれたとみられ、搬送先の病院で死亡が確認された。

県警沼津署は業務上過失致死の疑いで調べている。


同署などによると、襲ったのは体重約2トン、体長約3メートルのアジアゾウ(メス、18歳)。

14日に出産し、おりの中で子象といた。

飼育員5人が24時間態勢で見守っていたが、直前に子象の叫び声が聞こえたため、

カムホンさんら2人がおりの中に入り母親から引き離そうとしたところ襲われたらしい。

助かった同僚は「前足で踏まれた」と話しているという。


この象は昨年7月、学術研究のため韓国の動物園から譲り受けた。

カムホンさんは15歳からラオスで飼育員をしており、同月に来日し職員に採用された。

同パークは事故を受け16日は臨時休業した。

同パークでは05年10月、男性飼育員(当時34歳)が同僚とともに

ヒグマを熊舎から外に出す作業をしていたところを襲われ、死亡する事故があった。
【樋口淳也、西嶋正信、荒木涼子】
                                 (転載おわり)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

またしても、動物展示施設で痛ましい人身事故が起きてしまいました。
死去された飼育員のご冥福をお祈りいたします。

ゾウによる飼育員の死亡事故は過去にも何度か起きています。
とくに出産後の雌ゾウは興奮して産まれた子ゾウを襲ったりするので危険とのこと。
子ゾウを守ろうとした飼育員が犠牲となってしまいました。

(m)
関連記事

テーマ : 動物愛護
ジャンル : ペット

ALIVE 野上ふさ子氏逝去 ご冥福をお祈りいたします。

2012年10月10日午前、地球生物会議ALIVE代表の野上ふさ子氏が乳がんのため
永眠されたとのことです。享年63歳。

面識はありませんが、時折り、お見かけしました。
昨年は衆議院議員会館で、今年も議員会館で開かれた動愛法改正の意見交流会で登壇されていました。
小柄なお身体なのに、びっくりするほどのエネルギーを蓄えられていたのですね・・

長年、動物実験や殺処分、毛皮や野生動物、家畜の福祉、クマ牧場・・そして、自然、環境にいたるまで
幅ひろく、諸々の問題に取り組んでこられました。

動物愛護管理法改正に向けて、検討委員会にも毎回出席され、家庭動物から野生動物まで、
広範囲にわたる知識の豊かさと厚みは、しっかりと議事録に残されています。

それだけに、今回、動物実験に関する改正が見送られてしまったことは心残りであられたでしょう。

動物実験の関係者や動物取扱業からの攻撃は激烈ではなかったかと思いますが、
それは、それだけ野上氏が手強い存在であったからではないでしょうか。

ALIVEが毎年発行されている全国の犬猫殺処分に関する統計は情報として貴重です。
動物福祉の向上に取り組まれている同じ分野の方々から、何かと批判もあったようですが、
「継続は力なり」という言葉を、その生き方をもって、しめされてきたと思います。
大変な勉強家であり、努力家であられたことに敬意を表します。

日本の動物福祉活動は大きな人を失ってしまいました。

自伝を執筆されていたそうです。

葬儀は近親者で執り行われ、後日、「お別れの会」が開かれるとのこと。

ご冥福を心よりお祈りいたします。

(m)
関連記事

テーマ : 動物愛護
ジャンル : ペット

プロフィール

動物との共生フォーラム

Author:動物との共生フォーラム
東京都


すべての命に人道的な配慮を。


★リンクフリーです。転載はご自由に。

カレンダー
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
旬の花時計 V2
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。