スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原発警戒区域にはびこるセイタカアワダチソウと一時帰宅

原発警戒区域に訪れる2度目の冬・・

この秋、警戒区域はセイタカアワダチソウに制圧されました。人の背丈を越える高さ・・

20121109020jdセイタカ河北 水田を覆いつくすセイタカアワダチソウ (河北新報)

セイタカアワダチソウは明治時代末期に観賞用植物として日本に紹介され、
戦後、アメリカによる占領時代に、種が輸入物資に付いて入り、全国的な繁殖の発端となったそうです。

福島県の警戒区域だけではありません。日本中、ほぼ至るところに・・

10月中旬、所用で軽井沢へ行きました。碓氷峠まで、高速道路から眺めると、
セイタカアワダチソウが途切れる景色はほとんどありませんでした。
高速道路の中央分離帯にも侵入しています。
寒冷な気候には弱いのか、軽井沢では見かけませんでしたが・・。

imagesセイタカアワダチソウ

さて先日、警戒区域の一時帰宅について、「プライム・ニュース」(BSフジ)で、
現地を視察した平野復興相、浪江町の馬場有町長が出演され、現地の様子を報告されていました。

帰宅困難区域内の家屋の傷みは予想以上に進んでおり、空き巣被害もひどく、持ち帰れる物は無い状態・・
ブタなどが住みついていたり、イタチぐらいに大きくなったネズミだらけ・・
(ペットフード被害の話は出ませんでした)

「もうとても住めるような状態ではない・・」と、平野復興相は無念そうな表情でした。

馬場町長の悩みも深そうです。
「ビジョンを出して欲しい」と町民から請われ、「5年間は戻れない」と宣言したものの、
年間線量が20ミリシーベルトに下がるまでに5年、
その後、20~30年、戻れない状況が続く可能性も・・。
未曾有の原発事故の終息を予測することは不可能なわけです。

すでに3割近くの住民が、アンケートに「戻らない」と回答しており、とくに、若い世代、
子供をもつ家族が線量を心配するのは当然のこと・・
雇用や医療、教育といった切実な問題もあります。

もともと過疎の地域であり、雇用確保の面からも、原発が誘致されたのです。
(浪江町の住民は誘致に反対だったと聞きましたが・・?)

自治体が、何とか町を復興させたいと願い、
お墓参りをしたい、また故郷に住みたいという住民の方々の思いはあるでしょうが、
史上最大の産業事故とも言われる今回の原発事故を考えると、
いつかは帰れるようになる・・と、これ以上、淡い期待を抱きつづけるのはいかがなものでしょうか・・
曖昧な口約束は、かえって残酷な気がします。

私は東京生まれ、東京育ちで、故郷への思いが薄いのかもしれません。
実際、かつて住んでいたサンフランシスコにずっと暮らしてもいいと思っていたし、
気に入った場所があれば、移住してもかまわないと思っています。
そもそも女性は結婚すれば、生まれ育った土地を離れるものだし、
仕事などの理由で、都会に居つづける人が多いのも現実・・

ただ、そこへ永久に帰れないとなれば・・故郷を失うとなれば・・どのように感じるのか
実際に体験してみないと分かりません。

チェルノブイリの原発事故では、16の村が地図から消えました。
かの地では、消えた村々のプレートが墓碑銘のように立ち並んでいます・・

以下のブログで、警戒区域の一時帰宅の様子が、写真とともに報告されています。
        ↓

★山本宗補の雑記帳 2012年11月26日
 忘れがちだが、忘れてはならない警戒区域の惨状(一時帰宅同行記) 
 http://asama888.cocolog-nifty.com/blog/2012/11/post-709b.html

  (以下、転載)
「被ばく牛を活用すれば、益畜として農地保全に大きな貢献ができるのは明らかなのだが。
 国はなぜ殺処分を止め、被ばく牛を生かして活用する道を考えないのだろうか」


★原発事故以来、警戒区域にとどまり続け、牛や犬、猫、ダチョウなど、多くの動物を世話されている
 松村直登氏。今回、「どうぶつ救援本部」から義援金が交付されなかったとのこと。
 皆さまのご支援をお願いいたします。
 (こちらのブログでも一時帰宅の様子が報告されています)
       ↓
ときぶーの時間  2012年11月26日
牛がダメだって?
http://blog.goo.ne.jp/tokigootokiboo/e/3c4b97a0caad973112c7d20335043fe4

(m)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

~早くも政策を撤回!「日本維新の会」~

合流した当初、「太陽の党」が「日本維新の会」の政策をすべて呑んだ、
と報道されましたが、

その後、「日本維新の会」が次々と、既に発表した政策を翻しています。

企業・団体献金は、「禁止」から、「経過措置として上限を設ける」へ。

原発は、「2030年ゼロ」から、「安全基準など原発のルール構築、電力市場の自由化」へ。

TPPは、「参加」から、「交渉に参加するが、国益に沿わなければ反対」へ。

経済政策は、「競争力を重視する自由経済」から、「中小・零細企業対策を中心に経済を活性化」へ。

暴走老人に操られる?橋下維新。

石原慎太郎氏と橋下徹氏は、互いに、自分の持っていないものに魅かれあっている・・

橋下氏は、自分の人気がいつまで続くか、不安なのでしょうね。

彼はやはり口先人間でした・・政策の相次ぐ撤回が、選挙の前で幸いです。

それにしても、右傾化が止まらない日本・・?

自民党の安倍総裁は、「国防軍」構想を実現したい構え。

安部晋三氏は、有能な首相でしたか?

民主党による最大の迷惑は、極端に右寄りの方々を勢いづけてしまったことかもしれません。

(m)
関連記事

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

阿仁クマ牧場改修~斬新な発想で地域振興を~

地方点描:阿仁熊牧場[鷹巣支局]

http://www.sakigake.jp/p/column/chihou.jsp?kc=20121121ay

(以下、さきがけon the Webより転載) 下線は当ブログ

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

従業員の死亡事故があった秋田八幡平クマ牧場(鹿角市、廃業)からクマを引き受けることになり、

注目の的になった北秋田市の阿仁熊牧場。同牧場の歴史は1980年代半ばまでさかのぼる。


本紙の86年2月5日付朝刊に旧阿仁町が

「日本一のクマ牧場を中核とした“マタギの里”づくりを目指す」とあった。

クマだけでなく町内の野生動物もそろえ、豊かな自然と組み合わせた一大リゾート構想とし、

観光客誘致による過疎脱却を図るという内容だ。



当時の計画ではツキノワグマを150頭まで増やす予定で、クマの確保が大きな課題だった。

記事に「町は県や他市町村に『クマを捕獲した場合はぜひ当町に』と呼び掛けている」とあり、

作家のC・W・ニコルさんからツキノワグマを贈られたとの記載もあった。


施設は約1億8千万円掛けて完成、90年4月29日にオープンした。

ツキノワグマ37頭のほか、秋田市の大森山動物園から譲り受けたニホンザル、タヌキ、イノシシ、

パンダウサギなどもいる「ミニ動物園」のようで、初日は3千人超が訪れた。

現在はツキノワグマ79頭、ヒグマ1頭を飼育中。クマ以外の動物はおらず、

子グマと触れ合える春先以外は閑散としており、当初の構想と現状は大きく異なる。

県は、阿仁熊牧場が新たにヒグマ21頭を受け入れるのに向け、県費でヒグマ専用飼育施設を新設する方針だ。

ヒグマは繁殖させないようだが、いなくなった後の施設利用をどう考えているのかなど、

まだよく分からない点が多い。

今をやり過ごすためではなく、長期展望をしっかり持った構想が必要だ。   (転載おわり)

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

今から26年ほど前に、「一大リゾート構想」があったのですね。

私は90年代に、阿仁を2度訪ねていますが、過疎地という印象でした。

打当温泉にも2度宿泊し、マタギ資料館も見学しましたが、「一大リゾート」とはかけ離れた施設で、

あそこに県外から人が大勢来るとは思えませんでした。

コンクリートのクマ牧場には行きたくないので、パス。

マタギの里である根子の村落を歩きまわりました。

北秋田の自然や、村落に残されているマタギの遺産はすばらしいと思います。

記事のとおり、「長期展望を持った構想が必要」です。

八幡平から移送されるヒグマだけが生態観察型公園に放されるようですが、

そのヒグマたちがいなくなった後はどうする、という話ではなくて、

現在、阿仁にいるツキノワグマも、生態観察型公園に移していかなくては・・。

コンクリートで囲った飼育場と、山野放牧型が隣接するのもちぐはぐで、人を呼べるでしょうか?

土地の入手とともに、ツキノワグマを去勢するなど、頭数も減らしてゆかねばなりません。

自然や文化を守りつつ、地域振興を図るなら、斬新なセンスと、思い切った発想の転換が必要です。

(m)
関連記事

テーマ : 地域情報
ジャンル : 地域情報

【秋田八幡平クマ牧場】阿仁クマ牧場を生態観察型施設に改修

クマ「行動展示」施設の構想 国内有数規模
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/akita/news/20121119-OYT8T01599.htm
(2012年11月20日 読売新聞より転載)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ヒグマに襲われて女性従業員2人が死亡した鹿角市の「秋田八幡平クマ牧場」(廃業)

に残っているヒグマ21頭について、県と北秋田市は、

同市が所有する「阿仁熊牧場」の敷地内の林野を電気柵などで囲い、野生に近い状態で飼育、

展示する構想を固めた。「行動展示」型の施設としては、北海道旭川市の旭山動物園が有名だが、

実現すれば、クマの飼育施設では国内有数の規模となる。


関係者によると、構想では、同牧場敷地約2万8100平方メートルのうち林野の一部を柵などで囲って飼う。

餌やりをクマ舎で行う以外は自然の中で飼育するため、クマ本来の生態を見ることができる。

逃走防止のため、周囲を電気柵や、上部に「返し」が付いた壁で囲う。

地面を掘って逃げるのを防ぐため、境界の地中に壁を埋めることも検討している。


今年4月の事故では、ヒグマ6頭が運動場の雪山(高さ約3・3メートル)を登って脱走し、2人を襲った。

この6頭は射殺されたが、男性経営者(68)は牧場を廃業し、残ったクマの扱いを県に委ねた。

県は全国のクマ牧場や動物園で譲渡先を探したが難航。

佐竹知事は一時殺処分も示唆したが、北秋田市が受け入れを表明した。


県は今月初め、八幡平クマ牧場からツキノワグマ全6頭を阿仁熊牧場の既存施設に移したが、

ヒグマ21頭は施設に余裕がないため、クマ舎の増築や林野を活用した施設整備などを検討していた。

先月22日、同市側に構想を提示した。

県は12月県議会の補正予算案に、この構想を含む設計費を盛り込み、来年4月着工、来年夏の完成を目指す。


同市の津谷永光市長は「新施設は野生のクマの活動や生態が学べる施設が理想。

クマの『ミニサンクチュアリ(小さな聖域)』になれば関心も持たれる」と歓迎している。

同市幹部は「県と市で協議し、逃走の危険性を排除した安全対策を練りたい」と話した。


北海道新得町の「ベア・マウンテン」が、同様に約15万平方メートルの林野でヒグマ13頭を飼育しており、

県の担当者は先月視察した。
                              (転載おわり)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ベア・マウンテン」に比べると、クマの頭数にたいする敷地面積が小さいのが気がかりですが、

コンクリートのクマ牧場から、クマの生態に即した自然型の展示施設への改修は嬉しいニュースです。

残念ながら、オスのツキノワグマ2頭が、阿仁クマ牧場への移送後すぐに死んでしまいました。

新しい施設は獣医師やクマの生態に詳しい専門家を配置し、

北秋田の素晴らしい自然とマタギ文化、温泉などをうまくリンクさせ、一級の施設に衣替えすれば、

経営的にも、地域経済にとってもプラスとなります。

ぜひ実現させていただきたいものです。

現在、八幡平クマ牧場に残されているクマの中には、衰弱しているクマもいるそうですし、

ヒグマのコグマ2頭も良い環境とは言えません。
        ↓
http://doubutsuforum.blog.fc2.com/blog-entry-330.html

残されたクマたちが厳しい冬を越せるよう、飼育面で充分な配慮をお願いいたします。

(m)
関連記事

テーマ : 動物愛護
ジャンル : ペット

【秋田八幡平クマ牧場】阿仁クマ牧場へ移送のクマ2頭死ぬ

先週、秋田八幡平クマ牧場から阿仁クマ牧場へ移送されたツキノワグマ6頭のうち、
オス2頭が死んだそうです。

移送先でクマ2頭死ぬ
(秋田県)
http://news24.jp/nnn/news8614129.html
(2012年11月16日 秋田放送より)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
鹿角市の八幡平クマ牧場から北秋田市の阿仁熊牧場に移されたツキノワグマ6頭のうち、

16日までにオス2頭が死んだことがわかりました。

県によりますと2頭は、2~3日前から食欲がなくなり、下痢やおう吐の症状がみられていましたが、

1頭が15日の朝7時半頃、もう1頭が16日朝9時頃、オリの中で死んでいるのがみつかりました。

2頭の解剖を行ったところ、目立った病気はみられないことから、

県では環境の変化などによる急性胃腸炎が死因ではないかとみています。

別のオスのツキノワグマも下痢やおう吐の症状がみられ、獣医師が抗生物質を注射して治療を行っています。

メスのツキノワグマ3頭は健康に異常は見られないということです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

移送や環境、エサの変化によるストレスが原因??
移送の際、専門家が立ち会ったのでしょうか・・

残るオス1頭、回復すればいいのですが・・

今後、多数のヒグマの移送を控えており、死因究明とともに、適切、丁寧な対応が求められます。


★12月12日まで、環境省は、クマを含む特定動物の飼育管理の改正に関するパブリック・コメントを
 募っています。ぜひご意見をお送りください。
    ↓
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=15944

(m)
関連記事

テーマ : 動物愛護
ジャンル : ペット

プロフィール

動物との共生フォーラム

Author:動物との共生フォーラム
東京都


すべての命に人道的な配慮を。


★リンクフリーです。転載はご自由に。

カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
旬の花時計 V2
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。