スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飯舘村などに残されている犬猫等の現状と要望書

昨日(27日)、荒井弥栄さんの現地報告でお伝えしたように、飯舘村ほか、原発事故による

居住制限地域では、飼い主が居住できず、係留されている多数の犬や猫が長期にわたって、

給餌・給水をされずに放置されたり、致死する事態となっています。

ほぼ2年間、これらの犬や猫の給餌、保護、TNRに遠方から通い続けたボランテイアも限界です。

以下の記事をお読みください。
    ↓
つくしのブログ」さんより転載。

★飯舘村とは・・
http://ameblo.jp/suginanoko/entry-11455838856.html

★真実を隠すことは罪
http://ameblo.jp/suginanoko/entry-11453109609.html

               (連載記事(限定記事を含む)なので、他の記事もお読みください)

厳冬のさなか、命の危機に瀕している犬や猫への人道的な対応を早急に要望する必要があります。

★すべての飼い主さんが放置されているわけではありません。きちんと世話をされている方々も
 いらっしゃいます。

以下に、要望書の例文を書いてみましたので(私が送るものです)、ご参考になれば・・
荒井弥栄さんのブログ記事などもリンクさせ、現状を伝えてください。

★現地に行っていらっしゃる方が報告や写真などを添え、要望していただければ最も説得力があります。


****************************************************************************************************** 
                            要望書

         ~ 飯舘村などに放置されている犬猫への人道的な対応を早急に求めます~

原発事故の被災地域は2度目の厳冬を迎えています。

飯舘村など、居住制限地域においては、仮設住宅などに住まわれている住民(飼い主)が積雪もあり、

給餌、給水がままならず、係留されている犬・猫の致死、または命の危機に瀕しているケースがある

との報告が、現地に通っている複数のボランティアからネットを通じて寄せられています。

(みだりに給餌、給水を止めることは動物愛護管理法に違反する行為です)

早急に実態を調査し、該当する犬猫への給餌・給水、衰弱している個体の保護をお願いいたします。

遠方から通う個人ボランティアは疲労困憊しています。

飼い主による世話が不可能ならば、見守り隊(有給)などによる世話をご考案ください。

長期にわたって居住が不可能ならば、仮設住宅への該当動物の受け入れ、不妊去勢など、

人道的な対応を切にお願いいたします。

******************************************************************************************************

氏名(実名)・住所を記入のうえ、下記へ送ってください。

☆地元自治体は、住民からの要望でないとなかなか動いてくれませんので、今回は省きました。
 飼い主、住民の方は地元の自治体に要望してください。

★環境省自然環境局総務課動物愛護管理室
 電子メール:shizen-some@env.go.jp / FAX:03-3508-9278


★どうぶつ救援本部
  (マンパワーなどに問題はありますが、あきらめず実態を伝え、救援をお願いしましょう)
MAIL:support@doubutsukyuen.org
〒107-0062 東京都港区南青山7-8-1 南青山ファーストビル6階 日本動物愛護協会内


★動物との共生を考える連絡会
http://www.dokyoren.com/%E3%81%8A%E5%95%8F%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9B/
 ☆動共連さんは、8月24日・25日に「東日本大震災が動物にもたらした影響を考える(仮)」
  というイベントを開催予定ですので、その為にも送ってください。

★民主党・生方幸夫議員
MAIL:zxe.04624@nifty.ne.jp
生方議員は、3月19日(火)18時30分~ 松戸市民劇場大ホールにて
  「動物愛護フォーラム」を開催されます。テーマは「福島の被災動物の救済状況」など
   ゲストは、山根義久・日本獣医師会会長/ 田邊仁 環境省動物愛護管理室室長ほか。

他に思い当たるあて先へお送りください。与党・自民党は、石破茂議員、小池百合子議員、野田聖子議員、
河野太郎議員、三原じゅん子議員・・・HPやブログのアドレスから送って下さい。


今現在、救済を必要としている動物に対応せず、将来の「ペット防災」を語るのは馬鹿げています。

(m)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 動物愛護
ジャンル : ペット

原発事故・居住制限区域の犬猫の現状 2013年冬

福島県の原発事故被災地域は2度目の厳しい冬を迎えています。

遠方から、今なお、給餌や保護、TNRに通ってくださっている方々から、
現状を直視し、伝える声があがっています。

*********************************************************************************************

福島への道   小さな命達
  荒井弥栄さんのブログ            2013年1月4日
http://ameblo.jp/beautifulenglish/entry-11441317877.html

(以下、転載)

2日には始発の新幹線に乗って福島県の
居住制限区域である村に行ってまいりました。
朝8時前からはじまって午後4時半頃まで
休憩なしで40軒以上に残された犬や猫達の
給餌に参加させていただきました。


今回は画像をとっている余裕などほとんどなく
お昼も車の中で次の家までの移動中の
1,2分でおにぎりをいただくだけで、
後はひたすら動く・・・
ものすごく寒くて外気は2度位しか無かったけれど
なんとか雪もチラホラだけですみ・・・


でも、今回は本当にショックが大きかったです。
家の中に残されて飼い主の方が何週間も
戻らない猫達へのご飯配りから始まりました。
人恋しくて空腹で見も知らぬ私にも擦り寄ってくる
うんちもおしっこも家の中に沢山あって
足の踏み場もない・・先ずはそこからお掃除する。
でも、先に40軒があるので長くはいられない。
外にもたくさんの猫達。


外につながれたまま、何日もご飯がもらえない犬達。


水は凍ってしまいもちろん飲めない。
「犬は番犬だから残す」と新しい住居が
見つかっても連れて行かず家に置き去りにして
ご飯もほとんどあげに来ない飼い主。
繋がれたリードを切って遠出している間に
妊娠してできた子犬達をダンボールに入れて
川に流す飼い主。
出てくる事実・事実に言葉が全くでなくなる。
もちろん全員ではないです。
30分かけて仮設住宅から通う飼い主さんもいる。
でも、40軒以上も放置された犬猫達がいた。
これは事実です。


ボランティアの方々は山ほどのフードを
自費もしくは寄付を呼びかけて集め
トラックに詰め込んで東京から5時間かけて
仕事のない本来は休むはずの休日に行く。
お正月なので飼い主さんが戻ってきている家も
あった。
そういう家にも「支援」といってドッグフードや
キャットフードを配る。
もらった飼い主さんは「ありがとうございます。
すみません。」と喜ぶ人もいれば
「ああ」とだけ言ってさっと受け取る人もいる。
ボランティアさん達のほうが「今年もよろしく
おねがいしますね。また来させていただきます。」
と言っている。
なぜか・・・・


命を繋ぐためには、住民の人達にへそを曲げられて
しまって「来ないでくれ」と言われてはは困るからだ・・・
動物たちが死んでしまうから。
ご飯もあげないという意識の人達だから
ボランティアの人達がご飯をあげなければ
当然死んでいくのです。
犬猫は「家畜」1週間に一度残飯ご飯でも上げれば
大丈夫・・・と思っている人がまだまだいるから。
つなぎっぱなし、ご飯もない、マイナスの寒さの中
外の冷たい小屋の中で過ごす犬達・・・・
それで多くの犬達が去年の冬を越せなかったという。
当たり前です。
犬も猫もロボットではないのです。


飼い主「仕事が決まったから遠くに引っ越すので
1ヶ月に一度しか戻れないんですよ」
ボランティア「犬は連れて行かないんですか?」
飼い主「家を荒らされると困るから番犬で
置いていくんです」
ボランティア「???」(心の中・・・ご飯は?)
ボランティア「ではできるだけ来るようにしますよ」
飼い主「お願いします」
これが普通ですか?
番犬って・・・?
誰もご飯をあげなくて
月に一度だけ帰ってきてあげて
犬が生きていられると思うのですか?
病気になっている子、明らかに弱っている子・・・・
ご飯もあげる気がないから
「里親を探しますから新しいお家で育てて
いただいたらいかがでしょう?」
と提案しても
「番犬だから」
「あ、いいんだよ」
という返答。


ボランティアの人達が頭を下げて入れてもらって
ご飯をあげて命を繋ぐ・・・・
飼い主は「あ、どうも」で終わり・・・・
(何度も言いますが全員ではないです・・・
第一、帰宅していた人の方が
5人もいなかったのですから・・・・)
本当に本当に、自分の無力さを感じた一日でした。
私が入った途端甘えて離れなかった
目も見えなくなっていた黒猫
連れて帰れなくて・・・・ごめんね。


帰宅したのは10時半過ぎ・・・
体も疲れました。
でも、それ以上に心が疲れました。
こうして命を繋ぐために多くの人達が
関東からフードを持って通っています
なにかおかしくないでしょうか?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★長文なので、後略しますが、ぜひ全文をお読みください。

明日以降、また違う角度から、現状を観るブログやボランティア活動に関するブログを
ご紹介していきます。

弁天さんの宝石
では、原発被災地域での動物支援関連記事がまとめて掲載されています。


★迷い犬情報(杉並区~世田谷区~武蔵野市~三鷹市)

保護団体から譲渡された「すもも」が1月15日朝、杉並区宮前2丁目のお宅から脱走。
広範囲で目撃されていますが、まだ保護されていません。
詳しくはこちら。情報提供など、ご協力をお願いいたします。
     ↓
http://ameblo.jp/02170505/entry-11452690481.html

☆「すもも」は無事に三鷹市牟礼にて保護されたそうです。
  ご協力ありがとうございました!



(m)

関連記事

テーマ : 動物愛護
ジャンル : ペット

【原発警戒区域 動物救援】希望の牧場~勝負の年!~

オフサイトセンターでの話し合い。
「希望の牧場」のブログから抜粋します。(太字は当ブログ)
http://fukushima-farmsanctuary.blogzine.jp/blog/2013/01/post_0e12.html#more

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
吉沢は言った
「住んでるよ。牧場に住んでもう1年になる」

部屋の空気が一変した
職員3人の顔はひきつり、若い職員の手は小刻みに震えていた

吉沢のこの発言の真意はどこにあったのか

福島第一原発爆発放射能漏れ事故から間もなく2年
これまで栄養失調や事故などで約100頭は死んだ

それでも、、
約350頭の命は残った

奇跡
わたしはそう思う

これは、、

「牛と運命をともにする」と言い続けてきた吉沢が
「住んでる」からこそだ

「約350頭の牛の面倒は生半可なことではできない
それは被ばくどうこうのレベルの話ではないんだよ」吉沢

吉沢は今回、自らの覚悟を相手に対し、
面と向かって示したのだろう

数秒、全員が沈黙した後、
再び吉沢が口を開いた

「オフサイトセンターとは何か?
警戒区域って何ですか?
原発が爆発して逃げ出した腰抜け役所がいまになって
何を制限するというのか
災対法とは何ですか?
おれは住んでるよ。それが違法なのかい?
おれは牛と運命をともにするんだ」

事故直後からこれまでわたしたちは、
国の、農水省の、オフサイトセンターの欺瞞と矛盾に満ちた政策やルールに奔走され、
本音と建て前を使い分けることをなかば強要されてきた

結果、事態はよくなっているだろうか、、

希望の牧場を、牛を、農家を取り巻く環境は悪くなる一方で
希望などまるでない

「今年は、勝負の年
農家と国がプライドや面子を捨てて本音で歩み寄り、
解決策を模索するべきときがきている
まさに真剣勝負、実力こそがものをいう」吉沢

「役所とはうまく付き合わなきゃだめだ」
「政府に盾突くなんてばかげている」
「うまいものが上から落ちてくるまで黙って待て」
そんな忠告はもう聞き飽きた

「被ばく牛は家畜ではないようだし、ましてや経済価値はない
そんな動物たちの命をどうすべきか
わたしたちの考え方、生き方、意地がいま問われている」吉沢

事故からもう2年
牛もひとも限界にきている
今年が勝負、いまそのときだ

17:15
オフサイトセンターを出て“牧場“へ

立ち入り許可証はあす、発行される見込みだ

はりがや                     (抜粋おわり)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★備忘録も含めて、ぜひ全文お読みください。

原発事故からまもなく2年。

経済価値の無くなった牛を殺処分するのではなく、生かす道を模索しつづけ、

あらゆる困難と闘ってきた「希望の牧場」・・

固体管理もままならない状況の中、多くの命が失われていく中、

この厳冬に、なおもちこたえている「希望の牧場」・・

しかし、この国のマスコミは企業倫理重視で「希望の牧場」を報道しません。

警戒区域で起こっている事は、すべて風化させようと・・?

イギリスのBBCは報道しても、日本のTV局は伝えません。

だから、微力ではあっても、こうしてブログに載せて、一人でも多くの人に事実を知らせたいのです。


「みんなの党」の久米氏は、残念ながら衆院選に落選されましたが、

引き続き助力してくださるのは嬉しいですね!

ホルに合掌。

(m)
関連記事

テーマ : 動物愛護
ジャンル : ペット

アルジェリアの人質事件 犠牲になられた方々のご冥福をお祈りします。

この度、アルジェリア・イナメナスのプラントで、テロリストの犠牲となった
日本人10名の方々、ならびに、諸外国の方々に心より哀悼の意を表します。

「日揮」は1960年代より、アルジェリアの資源開発に携わってきたそうで、技術供与や人的資源の
開発という面からも、アルジェリアへの貢献に尽力され、社員の方々もプライドをもって
仕事をされてきたと報道されています。

BP所属の運転手が、イスラム・テロ組織と内通していたとも伝えられていますが、
アルジェリア軍が警備していた隙をついての、今回の残忍な襲撃・・
とつぜん命を絶たれた方々の恐怖や痛苦、無念を想像すると、なんとも・・。

アルカイダ系のテロ組織はジハード(イスラムの聖戦)を唱えますが、その正体は「砂漠の犯罪集団」!

アルジェリアは親日国です。

私の父はTV局の記者で、1960年代にアルジェリア独立の英雄ベンベラに会見したということもあり、
子供のころから何となく親しみを感じていた国でした。

その後、アメリカに留学した折には、アルジェリアからの国費留学生数名と親しくしておりました。
彼らの日常語はフランス語でしたが、フランスには複雑な感情をもっているようでした。

その内の一人、Omar Hakmiとは、サンフランシスコ好き、映画好きという共通点もあり、
映画を見たり、食事をしたりしました。
彼はアルジェリアの国営石油からの留学生でMBAの取得が目的でした。
親分肌で、アルジェリアからの留学生の住まいなど、いろいろと面倒をみていましたし、
自然に一目置かれる存在で、ジョン・トラボルタ似でもあり、白人女性にモテモテでした。

大学院に進む前、大学付属の英語スクールで、教師が彼のことを有名な俳優、
「オマー・シャリフ」とふざけて呼んだ時、彼は一言も答えませんでした。
しばしの沈黙の後、毅然と教師を見て、言いました。
「私の名前はオマー・シャリフではありません。正しい名前で呼んでください」
澄んだ目をした青年でした・・。

日本に帰国してから、何度か手紙のやりとりをしました。
アルジェリアに帰ったのかと思っていたらびっくり、まだアメリカに居て、
「United Artists」に就職したとのこと。映画好きが高じたのでしょう。
けれど、アルジェリアでの兵役義務をまだ果たしていないので、国に戻らなければならないと・・。

その後、Omarとは連絡がとれていません。

アルジェリアでは90年代、イスラム過激派によって、15万人~20万人が殺害されています。
とりわけ、フランス語を話すエリート階級・・知識人やジャーナリストが標的にされました。

Omarが無事でいるのかどうか、他の留学生たちはどうか・・。

家族ともども、アメリカに移住した可能性はありますが・・。

新しい年を迎えてから、まだ3週間ほどなのに、届けられるニュースやメールはつらいことや、
悲しいことばかり・・重たい気分です。
(私自身も近所で、重症のネコ風邪の猫の保護に失敗してしまい・・)

どうか、人にとっても、動物にとっても、光の見える年となるよう、あらためて祈ります。

(m)
関連記事

テーマ : 最近のニュース
ジャンル : ニュース

1/20 ゾウのはな子66歳のお祝い会が開かれました。

2013年1月20日(日)大寒。

66歳となったゾウのはな子の「お祝い会」が、井の頭公園で開かれました。

長寿日本一のゾウ、66歳「はな子」を赤飯でお祝い

http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20130120-OHT1T00109.htm
  (以下、スポーツ報知より転載)

***************************************************************************************************************************************
 正月にゾウの国内飼育最高齢の66歳になった、井の頭自然文化園(東京・武蔵野市)のアジアゾウ

「はな子」の誕生会が20日、同園で行われた。

trd13012016050009-p1はな子66 特製ケーキをほおばる、はな子

ゾウ舎の前には親子連れなど約800人が集まり、童謡の「ぞうさん」を合唱。

お祝いに、食パンとサツマイモクリームにタイから贈られたイチゴを乗せた直径20センチの特製

「誕生日ケーキ」と、ここ一年食べるようになった白米のおにぎりと、

特別に赤飯のおにぎり計3・7キロを使って「66」の字を作りプレゼント。

「はな子」は一気に平らげた。

同園によると、「はな子」は一昨年暮れに体調を崩したが、

夏の冷房設置や冬の室温を5度上げる生活環境の整備の結果、食欲も回復しているという。


「はな子」は1949年9月に戦後はじめて来た雌ゾウで、タイから来た当時は2歳だったが、

正確な誕生日が分からないため元日を誕生日としている。

これまでの国内飼育最高齢は、2008年4月まで神戸市の王子動物園で飼育されていた

「諏訪子」の65歳だった。

「はな子」の名前は戦争中に餓死させられた上野動物園の「花子」を受け継いでいる。

                                     (転載おわり)
**************************************************************************************************************************

昨夜から腰痛のため、「お祝い会」に行けませんでした。残念。

今日の東京、気温はまあまあだったけど、風が強くて寒くて・・

なのに、800人もの方々が、はな子のお祝いにかけつけてくれたんですね!

一昨年の年末に体調を崩し、好物がくるくる変わるということでしたが、

飼育担当者さんたちの試行錯誤の努力の結果、

今では、「おにぎり」にハマって、元気になったそうです。

歯の無いはな子の消化にも良いそうですが、ゾウの普通食ではないとのこと。

でも、今日のはな子の写真、昨年の「お祝い会」の時よりかなりやせたような・・?

一日も長く、元気でいて欲しいと切に願います。

飼育担当者さんたち、ご苦労様です。どうかよろしくお願いします。

「タマらんブログ」は毎日、「ゾウのはな子」に多数のアクセスをいただいております。

「お祝い会」の感想や「はな子情報」などございましたら、ぜひお寄せくださいね。

(m)
関連記事

テーマ : 東京
ジャンル : 地域情報

プロフィール

動物との共生フォーラム

Author:動物との共生フォーラム
東京都


すべての命に人道的な配慮を。


★リンクフリーです。転載はご自由に。

カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
旬の花時計 V2
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。