犬猫の殺処分数が激減 11年度福岡市

犬猫殺処分:11年度福岡市、2割以下に 

民間と連携し効果 不妊去勢手術助成、地域猫活動支援 /福岡

毎日新聞 2013年05月22日 地方版
http://mainichi.jp/area/fukuoka/news/20130522ddlk40040337000c.html

(以下、転載)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

福岡市の犬と猫の殺処分数が激減している。不妊去勢手術への助成や地域猫活動などに取り組み、

2006年度に3327頭だった処分数を11年度は649頭と5分の1以下まで減らした。

市生活衛生課は「今後も民間団体と連携し、更に殺処分数を減らしていきたい」としている。


市は09年4月に市動物愛護管理推進実施計画を策定。犬や猫を持ち込む飼い主に飼育継続を説得したり、

イベントなどで適正飼育を指導したりしてきた。

同年10月から野良猫を無償で不妊去勢手術して地域で世話をする地域猫活動を支援。

今年3月までに37地域で計665頭の地域猫を指定した。

猫への個体識別データ入りマイクロチップの装着や不妊去勢手術への助成制度もあり、

今年度から助成対象頭数を200頭から300頭に増やす。


計画では、殺処分数を18年度までに犬160頭以下、猫1300頭以下にする目標だったが、

11年度で犬は59頭、猫は590頭まで減少。

合計殺処分数は政令指定都市で少ない方から数えて10番目だった。

一方で、ふんの放置や鳴き声などへの苦情は11年度計1538件と依然多い。


福岡市の動物福祉団体「ライフリレーネットワーク」代表の木本美香さん(50)は「

犬や猫が好きな人も嫌いな人も野良犬、野良猫を減らしたい思いは同じ。

今後も不妊去勢手術などむやみに増やさない方法を広めたい」と話した。【木下武】

〔福岡都市圏版〕                         (転載おわり)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

東京杉並区で昨年(2012年)、「杉並どうぶつ相談員」が実施したアンケート調査によれば、

猫について、約9割の飼い主(区民)が、「屋内飼育」「不妊去勢済み」と回答しています。

地方ではまだまだ、不妊去勢をせずに屋外に出ている飼い猫が多いので、こうした猫たちの不妊去勢を

進めていくだけでも、殺処分の削減につながると思います。犬についても同様です。

(m)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 動物愛護
ジャンル : ペット

福島県山中でクマに襲われ4人重軽傷 不明者は死亡

<クマ>捜索中襲われ4人重軽傷 不明者は遺体で 福島

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130528-00000094-mai-soci
毎日新聞 5月28日(火)より転載

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

28日午後2時ごろ、福島県会津美里町の明神ケ岳(みょうじんがたけ)の山中で、

行方不明となっていた無職男性(78)を捜索していた県警会津若松署員ら4人がクマに襲われた。

署員らは男性の遺体を発見し運び出そうとした際に襲われたといい、捜索に加わっていた男性の息子(46)と

町職員が頭に重傷、署員2人が両腕に軽いけがをした。男性の遺体にもクマに襲われた痕があったという。

男性の遺体は収容できておらず、29日早朝から再開する。


同署などによると、男性は会津若松市在住で、27日から山菜採りに出かけたまま行方が分からなくなり、

28日午前10時から署員や地元消防など50人以上が山中を捜索していたという。

4人は同午後1時50分ごろ、男性が山林で横たわっているのを発見。

確認したところ既に亡くなっており、頭にクマに襲われた傷があったという。

4人を襲ったクマは体長約1.5メートル。4人は自力で逃げて下山し、会津若松市内の病院に運ばれた。

現場は会津美里町役場から西へ約8キロの山中。

近くに民家はなく、この時期は山菜採りでにぎわうが、過去にもクマが出没していたという。

署員らはクマよけの鈴などを身に付けて捜索していたという。【乾達、三村泰揮】

                                      (転載おわり)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
死亡された男性のご冥福をお祈りいたします。

<続報>
<クマ襲撃>78歳男性の遺体を収容 福島

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130529-00000070-mai-soci

遺体には、熊に襲われた傷があったそうです。死因は失血死とのこと。

捜索に出た方々は、クマ鈴をつけていたのにもかかわらず襲われたとのことです。

<続報>
クマ:襲われ男性5人死傷 警戒強める住民 「子ども外に出せない」 /福島
毎日新聞 2013年05月29日 地方版より抜粋
http://mainichi.jp/area/fukushima/news/20130529ddlk07040141000c.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「6月2日に予定されていた明神ケ岳の山開きも中止に。
現場周辺によく山菜採りに行くという近所の金田チサイさん(75)は
「クマが活動するのは朝夕で、昼間に出たというのは山奥の食べ物が少ないのでは」と推測。
「近所の者はクマの通り道は避けるし、人間もクマも声を出して互いに近づかないようにしている。
捜索の人たちは等間隔で沢に下りて行ったと聞いたので、クマが逃げ場を失って襲いかかったのかも」
と話していた。

県警によると、会津美里町では今月3日、山菜採りに出かけた男性(65)がクマに襲われ軽傷を負い、
5日にもクマの目撃情報が寄せられたという。今年1月〜今月28日の目撃例は33件に上る。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今年もクマの出没が多くなる時季となりました。

山中はクマの棲息地なので、立ち入る人間の側に十分な気構えと装備が必要です。

クマは人家の近くにも出没しますので、朝夕の不急の外出は避け、農作業時などにもご注意ください。

人身事故を起こしたクマではなく、無関係、無害の熊が捕殺されるケースもままあります。

(m)
関連記事

テーマ : ニュース
ジャンル : ニュース

杉並どうぶつ相談員 高円寺セシオンまつり6月2日「犬と猫の飼養相談会」開催

「高円寺 セシオン杉並まつり2013」に於いて

杉並どうぶつ相談員による「犬と猫の飼い方相談会」を開催します。


日時:2013年6月2日(日) 10時~15時

会場:3階(第8~10集会室)


「こどもひろば  -遊んで!学んで!楽しく!」

★飼い主のいない猫のご相談もどうぞ! 


杉並どうぶつ相談員西荻2013__
2013年3月2日・3日 西荻センターまつりで「飼養相談会」 約350名来訪


★「杉並どうぶつ相談員」は、杉並区と連携し、区民の求めに応じて、動物の飼養相談、

動物福祉の普及啓発、飼い主のいない猫を増やさない活動支援事業への協力などを行うボランティアです。

区の取り組みと「杉並どうぶつ相談員」の協働により「人と動物が共生できる杉並区」の実現を目指しています。


(「飼養相談会」は有志による定期的な自主活動として、地域に根づくため、地道にひたひた続けております)


犬・猫の「飼い方クイズ」や「お散歩ルールクイズ」にチャレンジしてみませんか?

幼児のみなさんは「動物のお絵かき」に参加できます。


セシオン杉並まつり2013は、「高円寺地域区民センター協議会設立25周年」を祝い、

さまざまなパフォーマンスやこども広場、屋台村、物産販売など、楽しいイベントが盛りだくさん!

ぜひご来場ください!!

詳細はコチラ
  ↓
http://www.sesion.jp/whats_new/sesionfesboshuu/

(m)
関連記事

テーマ : 動物愛護
ジャンル : ペット

ゾウのはな子 2013年5月17日「開園日」の様子

2013年5月17日(金)。友達と井の頭公園「ペパーミントカフェ」でランチ。

五月晴れの気持ちのいいお天気なので、ゾウのはな子さんに挨拶して行こうと、文化園へ移動。

すると、なんと「開園日」とのことで、無料でした!

園内はいつもより人出が多く、子供たちの姿もたくさんありましたが、ゆったり、のんびり感は相変わらず・・

動物が少なくて、樹木やベンチが多いせいか、動物園という感じがしないのです。


はな子さんは、細かくしたサツマイモ?を一片、一片、熱心に、食べていました。

食べ終わると、珍しくも、私たち見学者の方に向き直り、近づいて来ました!

お目当ては私?・・じゃなくて、私の隣で見ていたおばあちゃん。

「はなちゃん、ひさしぶり・・ごめんね、なかなか来られなくて・・」

と、しきりにはな子に話しかけておられました。

_はなこ2_
挨拶する?はな子さん

しばらくすると、また体の向きを変え、今度は運動場の端に移動。こちらでは、高齢の男性が無言で

はな子を見つめて立っていました。この方もはな子ファン? はな子は分かるんですね・・

はな子を気にかけている方は、中高年の世代に多いのではと思います。

66歳のはな子とともに、自分の人生を重ね合わせてきたような感慨があるのではないでしょうか。

はな子2013 5月1__
はな子さんは機嫌よさそうでした。

その後、はな子を見るには絶好の位置にある「はな子カフェ」へ。

木漏れ陽が楽しめる屋外カフェです。

はな子の飼育担当者さんが自転車で巡回、少し離れた位置から、はな子の様子を見て行かれました。

見守られているんだね。

(m)

関連記事

テーマ : 吉祥寺
ジャンル : 地域情報

「北あきたの自然・動物と共生する市民の会」結成記念講演会

★「北あきたの自然・動物と共生する市民の会」結成記念講演会

「熊に学んだ人類」ベア・ロード(熊の道)

イギリス、バッキンガム宮殿の衛兵が被る熊皮の帽子、北天に輝く大熊座とギリシャ神話の伝承、

ユーラシア大陸北辺からベーリング海を越えた北アメリカ、南下して日本に至る「熊祭」ベルト地帯、

そして子どもたちが抱き抱える熊のぬいぐるみ。


熊の母子関係が優先することで、人類の救いの精神性を育んできた母系性。


人類は熊の気配を察し、熊から自身の生存方法を学んできたのであろう。

シベリアから日本に達するベア・ロード(熊の道)を提示する。


★講師 赤羽正春さん(あかばまさはる 民俗学者・熊学)

 1952年長野県に生まれる。明治大学卒業、明治学院大学大学院修了。文学博士(新潟大学)。

 2012年には新潟「水と土の芸術祭」にて、ワークショップの講師を担当。

★著作 ものと人間の文化史シリーズ『採集 ブナ林の恵み』『鮭・鱒?』『熊』
    『樹海の民 舟・熊・鮭と生存のミニマム』『白鳥』ほか

★日時 5月26日(日)午後1時30分~3時30分

★会場 秋田県北秋田市「みちのく子供風土記館」(旧鷹巣町、材木町「ファルコン隣」)。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「北あきたの自然・動物と共生する市民の会」は昨年、秋田八幡平クマ牧場で起きた悲惨な事故を契機に、

阿仁熊牧場に移されることが決まった八幡平のクマたちの「命」を見守り、

北秋田の豊かな自然、そして、縄文文化やマタギの伝統などを次世代へとつなげ、

人と自然、動物との共生を願う地元の方々が立ち上げた会です。

関心のある方、ぜひご参加ください。

(m)
関連記事

テーマ : 動物保護
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

動物との共生フォーラム

Author:動物との共生フォーラム
東京都


すべての命に人道的な配慮を。


★リンクフリーです。転載はご自由に。

カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
旬の花時計 V2
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR