動物との共生フォーラム

Friends of Nature & Animals Forum

北朝鮮 夫人の醜聞隠しに9人を公開処刑

9人処刑、正恩夫人の醜聞隠し 
http://www.asahi.com/shimen/articles/TKY201309200660.html

 (以下、朝日新聞デジタルより抜粋) 太字は当ブログ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(機動特派員・牧野愛博)

北朝鮮で8月、金正恩(キムジョンウン)第一書記の夫人、李雪主(リソルシュ)氏の不祥事が持ち上がり、

事実を隠蔽(いんぺい)するために関係者の公開処刑が行われた。

李氏がつて在籍した銀河水(ウナス)管弦楽団は解散したという。

日韓両政府も事実関係を確認した模様だ。

最近脱北した北朝鮮高官が明らかにした

不祥事の発端は、銀河水管弦楽団と旺載山芸術団の団員9人が、

自らが出演するポルノを制作した事件。

警察にあたる人民保安部が9人の会話を盗聴し、

「李雪主も昔は、自分たちと同じように遊んでいた」

という会話を傍受したという。

正恩氏は李氏に関する醜聞が外部に漏れることを懸念。

8月17日に9人を逮捕した後、裁判にかけずに3日後の20日、

平壌市の外れにある美健軍官学校の練兵場で、

軍や党の高位幹部や楽団関係者が立ち会う中、9人を銃殺した。

9人の家族らは政治犯収容所に送られ、両楽団は解散した。  (抜粋おわり)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

夫人の醜聞を隠蔽するための、見せしめの公開処刑だったはずが、脱北した政府高官により

暴露され、世界中に知れ渡ってしまいました。

政府高官といえども、明日は我が身が危険な状況なのでしょう。

(m)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2013/09/21(土) 15:03:15|
  2. 政治・時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

杉並どうぶつ相談員から「講演会」のお知らせ

★杉並区 動物愛護週間「講演会」

日時 9月26日(木)午後2時~5時

場所 杉並保健所 地下1階講堂

対象 杉並区在住の方 (定員40名) 無料

講師 ハナ動物病院院長・NPO法人ゴールゼロ副理事長
    太田快作先生

内容 「人と動物の共生について」

   犬猫の殺処分ゼロをめざす活動をしている獣医師と
   不幸な動物を増やさないため、
   また地域と動物が共生するためにどうすべきか一緒に考えます。


お申し込み 電話 3391-1991 杉並保健所生活衛生課まで  *先着順

OSK201104230131もなか


杉並区だけでなく、区外のボランティアさんたちにも心強い協力病院であり、
福島被災動物の治療・不妊・去勢にも協力してこられた太田先生が
「人と動物との共生」について語ります。                                
                           ?? 転載歓迎!

杉並保健所1Fロビーでは、動物愛護週間中(9月20日~26日)、
杉並どうぶつ相談員が作成した、飼い主のいない猫関連の掲示物や
ペットのための防災グッズを展示しますので、併せてごらんください ?


************************************************************

★飼い主のいない猫を増やさない活動支援事業

杉並区の事業です。今年度2回目の申請を受け付けます。

申請書は杉並保健所生活衛生課で配布。区の公式HPからも取り出せます。

対象は、飼い主のいない猫を適正に管理しているグループ。

申請期間 9月11日~10月10日(必着)同課へ郵送して下さい。

     〒167-0051 荻窪5-20-1

お問い合わせ 03ー3391-1991


(m)
関連記事

テーマ:動物愛護 - ジャンル:ペット

  1. 2013/09/11(水) 20:08:57|
  2. 動物行政
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

杉並どうぶつ相談員 9月7・8日「井草センターまつり」で飼養相談会を開催しました。

2013年9月7日(土)、8日(日)「井草センターまつり」に於いて

杉並どうぶつ相談員による「犬と猫の飼い方相談」(飼い主のいない猫を含む)を行いました。

井草は若いファミリーや子供たちが多いと聞いてはいましたが、

土曜日は、開場と同時に子供たちが大挙して押しかけ、その時点で、相談員が4人しか居らず、

来場者数をかぞえるヒマもないほど、対応に追われたそうです。

子供たちは、時に親に助けられながら、犬や猫の適切な飼い方などのクイズに挑戦。

幼い子たちは「人と動物が幸せに暮らしている絵」を描きます。

相談員がとくにアピールしたいのは、「動物を飼ったら最後まで大切に世話をすること」。


井草
土日で420名を超える来訪者がありました。


動物愛護管理法も改正され、近い将来の「8週齢規制」も鑑み、

母犬、母猫と一緒に良い環境で、十分な期間を過ごし、社会化を経た子犬や子猫を飼うことの必要を、

消費者の立場からお話しています。


飼い主のいない猫の相談もお受けしていますが、

地域の身近な相談員としては、まだまだ区内をカバーできる人数ではありませんので、

今後も、活動に参加してくれる方々を増やしていくことが目標のひとつです。

(杉並どうぶつ相談員は杉並区との官民協働です)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「みんなの党」なのに、(杉並区には)ボク一人、と言いつつ立ち寄ってくれる

ネコ好きの横田区議、ありがと~

(m)
関連記事

テーマ:動物愛護 - ジャンル:ペット

  1. 2013/09/09(月) 22:24:26|
  2. 官民協働
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

子ゾウのマーラ ~懸命のリハビリ~

豊橋総合動植物園で飼養されているアジア象の子、マーラ。

日本で4例目のアジア象の出産で、順調に成長していると思われていた矢先、

両前脚を骨折していたことが判明。

タイから専門家も招き、飼育担当者や獣医師が懸命の治療を行っています。

(以下、テレビ愛知より転載) 2013/8/23

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

前脚を骨折した子ゾウ・マーラ 懸命にリハビリ中

2011年に
豊橋総合動植物園で生まれた
メスのアジアゾウ・マーラ。

2013年1月に
前脚の骨折が分かり、
これまで懸命なリハビリが行われて、
8月23日はその様子が報道公開されました。

マーラの骨折は
現在は完治していますが、
寝たきりの状態が長く続いたため、
脚の骨は骨折の前より弱くなっていて、
自分で立ち上がることはできません。

8月23日は
ベルトで吊り上げられたマーラが、
プールで脚を地面につけたり
動かしたりするリハビリが行われました。
また、マーラは時折顔を左右に動かしたり、
鼻で水を飲んだりと元気な様子も見られました。

「治ると信じて職員は頑張っている。
元気になったマーラを見てもらえるよう
みなさんも応援してほしい」

(豊橋総合動植物公園 今田 七重さん)       (転載おわり)

http://ww.tv-aichi.co.jp/news/2013/08/post-2

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

脚を骨折した子ゾウの回復は難しいそうですが、皆さんの頑張りと、

マーラの生命力に希望をつなぎ、

なんとか生きて欲しいと心から願い、応援しています。

マーラとは「花の冠」の意味。

マーラは母親のアーシャーが出産後、すぐに飼育放棄したため、人工哺育されました。

骨折は、母乳を与えられなかった子ゾウに多いとのこと。

ゾウは子供であっても、おとなの象について群れで長距離を移動します。


誰しもが、動物園で、さまざまな愛らしい動物を見たいと思いますが、

マーラような事例を聞くと、人工的な環境下での野生動物の飼養、

とくに大型野生動物の狭いスペースでの飼育は無理があるように思えてなりません。

旧来型の動物園からの発想転換が求められます。


マーラが骨折する以前の愛らしい様子は、こちらに記録されています。

            ↓
アジアゾウ「マーラ」の成長記録!
http://www.toyohaku.gr.jp/tzb/history/a-sya-baby2011.html

(m)
関連記事

テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

  1. 2013/09/05(木) 16:00:00|
  2. 動物園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Book Review 「共震」相場秀雄著

「震える牛」に続き、私にとっては二作目となる相場秀雄氏の著作。

本のオビにある通り、今回も「事件意外はノンフィクション」仕立て。
大震災の被災地を題材にするということは、それなりに込められた思いと道義が
求められるが、東北を舞台に作品を書いてきた著者だけに、気構えは充分といえる。

「震災を風化させたくない」
登場人物や著者が幾度となく口にする言葉。
この作品のメッセージは、この言葉に尽きるだろう。
実際、多くのページが被災地の状況や被災した人々について割かれ、
ミステリーとしての展開は作品の後半まで遅々として進まない。
被災された人々の心に寄り添いたいと願う著者の気持ちは伝わって来るが、
震災2年後と震災直後を頻繁に往来する複雑な構成は読者を振りまわす。

ネタバレになるので、あまり書けないが、作品のキーワードは「貧困ビジネス」。


(以下、文中より)

「前夜、東京の遊軍長から、一部のNPO法人が持つ裏の顔を聞かされた。
・・(略)<マル暴御用達のNPOがいくつもあるぞ・・そもそも、国が緩い
基準作ったから、抜け道だらけだ>・・(略)・・経理処理が一般の事業法人よりも格段に緩いため、
支出入金の管理が杜撰な法人がいくつもある・・」

(引用おわり)

震災直後、マスコミは、身内や友人を津波で亡くしながらも、懸命に耐え、粛々と
炊き出しの列に並ぶ地元民や、被災地へ通うボランティアの姿を
「これほどの被害に遭っても耐え忍ぶ人々」「善意のボランティア活動」として、
美談を撒き散らした。

しかし現実はどうだったのか・・。
福島では、原発事故で住民が避難した直後から空巣がはびこり、多くの商店
や民家は散々な被害にあった。
住民の一時帰宅の際、ある商店では、札を抜かれたレジスターが道端に放り出されていたという。
イノシシやネズミばかりが悪者あつかいで報道されるが、
人の不幸や弱みにつけ込む醜い連中のことは十分に報道されてきただろうか。

復興景気で風俗店が繁盛しているという事実もある。

膨大な復興予算と流用の問題。
願わくば、復興予算にたかる「シロアリ」の実態をさらに深くあぶり出して
欲しかった。

(オビの宣伝文句は前作より自嘲気味。「顔のない男」・・作品を最後の方まで
読み進んで、ようやく意味が分かりました)


参考:貧困ビジネス
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B2%A7%E5%9B%B0%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

8月中、長野県の山中に居り、ネット接続に問題があってブログをお休みしました。

今夏は3年ぶりにキツネに遭遇。たいそう痩せていました。
タヌキの親子にも出会いました。子ダヌキは草むらで遊んでいましたよ。

幸いクマには会いませんでしたが、クマ鈴は必携。

長野県では、今年もクマが民家の近くや果樹園に出没し、人身事故もあって、加害グマかどうか分からないまま、

捕殺されています。事故や農業被害を防ぐためにも、クマの専門家によるモニタリングや電気柵の設置などを

さらに進め、クマの無差別な捕殺を極力減らして欲しいものです。

今秋、山の実りはどうでしょうか。家の周りには例年なら、まだ緑色の栗がたくさん落ちていますが、

今年は見かけませんでした。たまに落ちていても、実の無い小さなイガばかり・・。


本日、9月1日より、改正された動物愛護管理法が施行されます。

(m)
関連記事

テーマ:読書記録 - ジャンル:小説・文学

  1. 2013/09/01(日) 18:29:03|
  2. Book Review
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

動物との共生フォーラム

Author:動物との共生フォーラム
東京都


すべての命に人道的な配慮を。


★リンクフリーです。転載はご自由に。

カレンダー

08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

旬の花時計 V2

最新記事

カテゴリ

大震災 動物関連 (124)
動物愛護管理法 (71)
民主党【犬猫等の殺処分を禁止する議員連盟】関連 (5)
ゾウのはな子 (22)
野生動物 クマ (48)
秋田・クマ牧場 (26)
ゾウ (12)
野生動物 その他 (32)
動物園 (31)
犬・猫などペット (30)
動物行政 (32)
地域猫 (20)
官民協働 (19)
動物関連ニュース (35)
政治・時事 (45)
映画・TV (13)
エッセー (32)
Book Review (8)
オススメ! (1)
イベント案内 (21)
杉並&近隣情報 (10)
自然・環境 (11)
植物・園芸 (7)
未分類 (3)

鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ

クリックでエサをあげられます

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR