高齢者に子犬や子猫を売りつけるペットショップ

先日TVで、認知症になった一人暮らしの高齢者の問題を取り上げていたが、

一人暮らしの高齢者とペットの問題が今、急増しているのではないか・・

今年になって、私のもとに直接の相談が2件、身近で耳にした話も数件ある。

直接の相談のうち一件は、90歳になる私の伯父。

私に内緒でトイプードル3歳を飼っていたのだが、87歳の伯母が2月に急死、

伯父も足腰が弱り、犬の世話ができなくなったため、私が引き取り、里親を探した。

小型犬とはいえ、散歩させることもままならず、室内のあちこちで糞尿をしていたという。

伯父は大の犬好きで、昔から飼っており、ペットショップで見てしまうと自制がきかなくなるタイプ。


もう一件の相談は、近所の87歳女性のラグドール。

ペットショップで買って来て、不妊せずに外に出していたら一歳未満で妊娠、

仔猫が5匹産まれたが世話ができない・・というもの。

この方の場合は認知症があって、対応が難しかったが、仔猫は私が預かり

里親を探すことになった。母猫はガリガリに痩せていた。

ちなみに、出産したラグドールの前に買ったラグドールも外に出し、

行方不明になってしまったという。

すでにペットを飼うことが無理な状況だが、一人暮らしで、

猫の世話を生きがいのようにされているので、不妊手術を済ませてから、

周囲の見守りつきで、猫は飼い主の家に戻る予定。


80代後半になってペットを買うのは非常識な話だが、

高齢者に子犬や子猫を売りつけるペットショップも問題だと思う。

飼えなくなることは時間の問題と知りつつ・・


ペットが、独居する高齢者の心のささえとなっているケースは多い。

しかし、もしもの時に引き取ってくれる人は確保されているだろうか。

高齢だから飼ってはいけないというのではなく、高齢なりのペットの飼い方が望まれる。

元気な高齢者なら、保護団体から一時預かりをしたり、

成犬や成猫を引き取る、など・・。

今後、老犬、老猫ホームはますます繁盛するだろうが、入居にはかなりの費用が必要。

行き場を失う犬や猫が増えることが懸念される。


高齢者への販売を規制する法律は無くても、販売する動物の将来を考え、

動物取扱業側の自粛を望みたい。


(m)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 動物愛護
ジャンル : ペット

三鷹女子高生刺殺事件~警察の失態~

2013年10月8日の夕刻、家の上空を旋回するヘリの音がうるさくて、

何だろうと思い、テレビをつけたら、女子高生が刺されたと報道されていた。

画面をよく見ると、犯行現場は、私もときどき歩く道!

閑静な住宅街と報じられていたが、いささか寂れた雰囲気の道で、

夜ともなれば人通りも少ない。

現場は、神田川を挟んで、三鷹市と杉並区の隣接地点。

被害者の学校の担任は、事件の4日前、

杉並署に彼女へのストーカー行為を相談していたが、

杉並署は、住まいのある三鷹署に相談するよう促し、署から連絡はしなかった。

だが、ストーカーは実際、どこに現れても、どこで事件を起こしても不思議ではない。

校門の傍らで待ち伏せしていたかもしれないし、駅のホームで犯行に及んだかもしれない。

容疑者はすでに自宅まで来ていたのだから、警察がすべきは、彼女を護衛することだった。

ストーカー行為に関しては、被害者の身を守ることが最優先されるべきである。

若い女性にしてみれば、ストーカーは恐怖そのもの。

それをどこまで、警察は察知していただろうか。

被害者の自宅近くには交番もあったので、自宅まで付き添うことも、

パトロールすることも可能だった。

被害者にそこまでの危機感がなかったとしても、

「殺すぞ!」という脅し文句だけの事例がほとんどであったとしても、

今回、手続きを重視し、容疑者への電話と被害者への安全確認の電話だけで済ませようとした

警察の失態は否めない。

しかも、警察からの電話が容疑者の殺意を増大させた可能性もある。

相談を受けた折、自宅の戸締りに気をつけるよう、一人にならないよう、注意したのだろうか。

警察が、彼女の命を本気で守ろうと思えば、未然に防げた事件だと思う。

逗子のストーカーによる殺人事件でも、

警察は被害者の現姓を犯人に見せるなどの過ちを犯した。

市民の命を守ることにもっと真剣になってもらいたい。


ところで、今回の痛ましい事件については、恋愛のもつれや怨恨以外にも、

要因があるように思えてならない。

二人の生活環境や境遇が違いすぎるのだ。

被害者の女子高生は脚本家・倉本聰氏の親族で、現代美術家の曾孫でもある。

ご家族が出したコメントにも教養が感じられる。

彼女は女優・タレント活動をしながら、米国留学もして、得意な英語を活かし、

国際機関で働くことも夢見ていたという。

つまり、自分の夢や目標を明確にもち、実現をめざして着々と歩んでいた。

一方で、容疑者は無職。以前はフリーター。

フィリピン人とのハーフとのことだが、今まで差別を味わってきたのかもしれない。

格差社会と言われているが、彼女の夢や裕福さも、彼の憎悪を増幅させたのだろうか。

だからといって、容疑者に同情の余地はないが、

昨今の多くの事件が示しているように、

彼が決して特異な人間ではないこと、夢や目標を見失っている人が多くいること、

支える人や仕組みが十分でないことを痛感する。

事件後、被害者の淫らな動画がネットで流されたそうだが、

ネットとは所詮、そういうもの。

ネットで知り合い、付き合って、幸福を得たカップルがいるなら、

それは宝クジに当たったに等しい。


被害者のご冥福を心よりお祈りいたします。


(m)

追記:

11日夕方のニュースでは、
警察からかけた電話は、容疑者の携帯電話ではなかったとのこと。
また、被害者宅のクローゼットに潜んでいた容疑者は、
被害者と警察の電話やりとりを聞いたものの
内容まではわからなかったと話している、と報道されました。

授業が再開された被害者の高校の通学路では、
警察官が物々しく警備にあたっていましたが、
まるで儀式のように、今さら警備しても手遅れでしょうが!
関連記事

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

琵琶湖のカワウ 撃ち殺すだけが解決策か?

2013年9月30日(月)朝日新聞 「ひと欄」に掲載された以下の記事。
             
           
琵琶湖で増えすぎたカワウを撃つ獣医師ハンター

琵琶湖のカワウ


(記事より抜粋)太字は当ブログ

「・・・樹上の巣にいる親鳥の急所をエアライフルで狙う。
命中率80%・・・5年間に一万7161羽を仕留めた。
会社全体では4万5千羽を超えた。
子育て中の親を撃つのが功を奏し、生息数は一万羽余りまで減った。
緑も戻りつつある。

殺生への葛藤は犬の解剖実習のとき乗り越えた。
「カワウ全体と共存したい。そのために、あのカワウを殺す。
迷いはありません・・(後略)」
                              (抜粋おわり)

****************************************

琵琶湖の竹生島がカワウによって占拠され、島の自然を壊し、

琵琶湖の漁業被害にも深刻な影響を及ぼしているのは事実だ。

しかし、カワウ繁殖の原因をつくったのは人間である。

詳しくは、こちらを参照ください。
http://eaglet-office.co.jp/nature-essay/561

人間が長い年月をかけてカワウ繁殖の原因を作っておいて、

人間の生活に悪影響をおよぼすとして殺処分されるのは野生動物の常と言ってもいい。

人間はまったく勝手な生き物、しかも、自分たちの力を尊大視して自然を破壊する。

その罪滅ぼしのように、「人と動物との共生」を唱えるが、

お題目だけで、自分たちに害がおよべば、即殺のご都合主義。

人間が謙虚になり、百歩も千歩も譲らなければ、自然や動物との共生はおぼつかない。

それにしても、子育て中の親鳥を殺して、ヒナも全滅させるというのは残酷な方法に

思えてならない。もう少し知恵を絞り、動物福祉に配慮できないものだろうか。

ハンターの須藤氏は獣医大学の解剖実習で殺生への葛藤を乗り越えたと述べている。

先日、ある講演会で、獣医大学での外科実習の話が出た。

実験動物として入手、あるいは繁殖させたビーグル犬などを班ごとに毎回1頭を手術・・

不妊去勢、腎臓摘出、脾臓摘出、胃切開、腸管吻合、膀胱切開、骨折・・

切り刻んで、殺処分。物のように使い捨てられる命・・

欧米の大学では、動物を使わない代替法や動物献体制度が設けられ、

獣医学水準も日本に比べてはるかに高いのだという。

自ら代替法を訴えてきた講師によれば、獣医学生は言われるままに致死実験を行い、

動物を飼ったこともなく、動物を愛したこともない・・

かたや大学では殺すことしか教えず、そのまま卒業していく・・


殺生の葛藤を乗り越えるのではなく、持ち続け、疑問に感じて欲しい。

数ではなく、「命」として向き合い、知恵を絞って共存の道を見出して欲しいと願う。

(m)



関連記事

テーマ : 動物愛護
ジャンル : ペット

プロフィール

動物との共生フォーラム

Author:動物との共生フォーラム
東京都


すべての命に人道的な配慮を。


★リンクフリーです。転載はご自由に。

カレンダー
09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
旬の花時計 V2
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR