福島・警戒区域 立入禁止から3年 牛の涙

思い重ねて:東日本大震災3年 牛の涙、忘れない 
福島・楢葉で世話を続けた牧場主 激励の手紙「いつかお礼を」



(以下、毎日新聞 2014年04月28日 東京夕刊より転載)
http://mainichi.jp/shimen/news/20140428dde041040054000c.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「瀕死(ひんし)の牛に『ごめん』 最後の世話 1日分の餌」−−。


忘れられない取材がある。2011年4月21日、福島県楢葉町の蛭田(ひるた)牧場。

干し草を積むトラックが着くと130頭の牛が鳴き出し、我先にと餌を食べ始めた。

牛舎で栄養不足の子牛が息絶えようとしていた。「何もしてやれなくてごめんな」。

牧場主の蛭田博章さん(45)は涙を浮かべ、牛の背をなでた。

20140428dd0phj000143000p_size5.jpg
瀕死の子牛の背をなでる蛭田さん=福島県楢葉町で2011年4月21日


東京電力福島第1原発事故を受け、原発の半径20キロ圏内は

翌22日から立ち入り禁止の警戒区域になることが決まった。牧場は原発から19キロ。

事故以降、蛭田さんはいわき市の避難先から3日おきに餌やりへ通っていた。

「最後の世話」の見出しがついた記事は22日朝刊(東京本社発行紙面)に掲載された。


だが、それは「最後」にはならなかった。

蛭田さんはその後も抜け道を車で2時間走って牧場に通った。

「どうしても見殺しにはできない」。すぐ後に異変は起きた。


5月上旬、牧場へ着くと、牛50頭が牛舎から外に出ていた。誰かが牛舎の柵をこじ開けていた。

半分は牛舎に戻せたが、残り半分はぬかるみにはまって動けなくなり、助け出せずに死んだ。

その後、牧場に「牛を殺すな」との張り紙がされた。


自分が書いた記事のせいではないか−−。電話で蛭田さんから事情を聴き、申し訳ない気持ちになった。

    □

今年3月、蛭田さんと再会した。ずっと気になっていた牛の最期を聞かせてもらった。

3日おきの餌やりにもかかわらず、栄養不足や夏の熱中症で次第に数は減り、

11年末に10頭になった。

研究機関から、警戒区域の動物の残留放射線量を調べる検体にする提案を受けた。

「牛の命が世の中の役に立てるなら」と承諾した。


11年12月27日。穏やかな青空が広がっていた。

横たわってかすかな息をしている牛に注射をし、安楽死させる作業が粛々と進んだ。

最後の1頭は、4歳の雌牛だった。骨と皮だけで辛うじて立っている。

暴れないよう固定具を付ける際、元気な牛なら逃げ回る。だが、その時は向こうから近づいてきた。

蛭田さんが固定具を付けると、牛の大きな目から涙がこぼれた。


蛭田さんは今、楢葉町の農業復興組合で除染後の農地の保全活動に携わっている。

祖父(93)が創業した牧場は、震災前は県内有数の規模だったが、再開は見通せない。


蛭田さんは一時、自殺も考えた。だが「支えてくれているものがある」という。

あの記事が出た際、全国から激励の手紙が寄せられた。数人と今も文通を続け、

「お体に気をつけてください」などのささいな言葉にいつも励まされる。


「牛がつないでくれた縁。まだ会ったことのない方々ですが、いつか直接お礼を言いたいんです」

はにかむような笑顔だった。 【袴田貴行】

                      (転載おわり)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

2011年4月22日・・もう一つの忘れてはいけない日

(m)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 動物愛護
ジャンル : ペット

坂東眞砂子氏「子猫殺し」の真相をめぐって

今年1月に亡くなった作家、坂東眞砂子氏を偲ぶ会が2日に都内で開かれた。

【記者ノート】坂東眞砂子さん、「猫コラム」の真相
http://www.yomiuri.co.jp/book/news/20140416-OYT8T50158.html?from=yartcl_blist
(2014年04月25日 YOMIURI ONLINEより抜粋)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
坂東さんはタヒチ島在住だった2006年、ペットの避妊手術への疑問から、

飼い猫が産み増えすぎた子猫を崖から落とし、「私は子猫を殺している」と書いたコラムを、

日経新聞夕刊に掲載し、波紋を呼んだ。


このことについて、東野圭吾さんが、「じつは子猫を殺してなどいなかった坂東眞砂子さんのこと」

と題する追悼文を、集英社の文芸サイト「レンザブロー」に今年2月に発表している。


その文章によると、東野さんが当時、帰国した坂東さんに会った際、

その崖は2メートルほどの段差の上、下も草むらで落としても死なない状況で、

「正確にいうと、子猫を草むらに捨てた、ということやね」と語っていた。

また、問題のエッセーには、「人間が(牛、豚、鶏など)動物の肉を食べるなら、

生きていくために命をもらっていることを自覚するため、その動物は自分で殺すべきだ」

との思いが根底にあった旨話していた。その信念の延長線上にある思いを伝えるため、

「(生き残るのが難しい場所に捨てて)子猫を殺しているも同然」ではなく、

「殺している」と衝撃度の高い表現をしたらしいという。・・後略・・(文化部 佐藤憲一)     

                  (抜粋おわり)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
坂東氏の「子猫殺し」のエッセーに対するバッシングは激しかったようだ。

私も週刊誌の見出しで見かけたような気はするが、「山姥(やまはは)」のような

作品を書く作家だもの、相当に変わった人なんだろう、と思ったぐらい・・。

(ちなみに「山姥」は日本の土俗的な要素をぐつぐつと煮詰めて具現化したような力作で

小説の中盤まではぐいぐい引き込まれて読んだ記憶があります)

「子猫殺し」のエッセーの中で、坂東氏は、獣の「生」を充実させるために避妊せず、

交尾をさせたと書いたが、彼女の「獣」の解釈に違和感を覚える。

動物は、野生動物か、品種改良されているかで別れる。

犬や猫などの家庭動物は、気の遠くなるような歳月をかけて、人間の役に立つように、

改良されてきたという既存事実がある。幸か不幸か、彼らは帰る自然を奪われたのであり、

奪った人間には彼らの面倒をみる責任がある。

坂東氏は、野生動物と家庭動物を「獣」として一括りにし、混同している。


「崖から落として殺した」という表現が苛烈であるために激しい非難を浴びたが、

実際には、段差のある草むらに捨てたのだという。

「それならたんに捨て猫ではないか」と東野氏は追悼文の中で書いているが、

instant death と slow deathの違いでしかない。

行動そのものは残酷に思えるが、崖から落とした方が子猫の苦痛は少ないだろう。

飼い猫を不妊せず、子猫を産ませては川に流すような行為は現代の日本でも行われている。

けれど、知的な居職の人の行為であったために世間の関心を呼ぶことになった。

その後に出版された「子猫殺しを語る」を読むと、彼女なりのれっきとした論理が分かる。

「子猫殺し」を語る――生き物の生と死を幻想から現実へ「子猫殺し」を語る――生き物の生と死を幻想から現実へ
(2009/02/25)
坂東 眞砂子、佐藤 優 他

商品詳細を見る

その論理に反論する作家も多い。

故・立松和平氏のコメント。

「子猫が生まれてしまうと、本当に困るので、ウチでは避妊手術しています。

手術は人間の勝手と言えば勝手だけど、一緒に生きるためには仕方がない。

坂東さんは、猫の<本質的な生を、人間の都合で奪いとっていいものだろうか>

と主張しているが、だったら人間の勝手で、子猫を殺してもいいのでしょうか。

命をとるよりは避妊手術のほうがずっとマシだと私は思う。

自分の論理を押し付けるくらいなら猫を飼わなければよいのです」

多くの人の気持ちは、立松氏のコメントに集約されると思う。

坂東氏は、飼い猫の「生」を充実させるために、子猫の「生」を犠牲にした。

彼女にとって、飼い猫の「生」は子猫の「生」より重く、感情的な差別があった。

さらには、飼い猫から「育児」という充足感も奪っている。

どうしても猫を飼いたいし、避妊したくないと言うのであれば、野良ネコがごろごろいる

タヒチであっても、産まれた子猫の里親を探す坂東氏(人間の側)の労苦も求められる。

猫に避妊させたくないという人は結構いる。不自然だ、種が滅びるなどという理由で・・

その気持ちも確かにわかる。但し、産まれる子猫の命にも責任を持って欲しい。


坂東氏に対するバッシングは一過性だったと思う。

とくに、ネットは、過激なネタにワッと興味本位に反応してパッと引く。

今でも「子猫殺し」のイメージがつきまとうのは、紙媒体に載ったからではないだろうか。

「子猫殺しを語る」を読むと、頷ける事柄も多々あるが、

(例えば、現代の人間が動物の命を奪って生きているにも関わらず、スーパーのパック詰めされた

肉や魚しか見ていないため、命を戴く感覚が希薄になっていること、など・・)

なんとなく、彼女の弁明の書にも思われるし、実のところ、本音では、

「子猫殺し」のエッセーを書いたことを悔やんでもいたのではないだろうか。

偲ぶ会での、作家・桐野夏生氏の追悼のメッセージ。

「高知の山奥に独りで住むこともできた、個で生きる強い人。

彼女自身が、(直木賞受賞作の)『山妣やまはは』だったのでは」(言い得て、微妙・・)


作家には動物の虐待歴をもつ人々がいる。誇張されているのか、どこまでが本当なのかは

測りがたいが、井上ひさし氏、柳美里氏など・・

猫殺し、の記憶で、柳美里氏のブログを検索してみたら、なんと、ほぼ「猫ブログ」!

作家の屈折した愛情のなせる業なのだろうか・・。


坂東眞砂子氏のご冥福をお祈りいたします。


(m)
関連記事

テーマ : ブログ
ジャンル : ブログ

韓国客船沈没 胴衣の紐を結び合った男女生徒

男女生徒、胴衣のひも固く結ぶ 船内に遺体、潜水士ら涙

2014.4.25 08:12

(以下、産経MSNより転載)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140425/kor14042508120002-n1.htm

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
珍島沖で沈没した韓国の旅客船内で、互いの救命胴衣のひもを結んだ男女2人の高校生の遺体が見つかった。

ひもを解き男子生徒を先に収容しようとしても、離れがたいかのように浮かび上がらず、

潜水士らは涙したという。韓国紙、京郷新聞が伝えた。


潜水士(58)は、乗客用通路でジーンズに救命胴衣を着た男子生徒の遺体を発見。

船外へ出そうと押した時、重みを感じた。

1メートルほどの胴衣のひもが下に伸びはだしの女子生徒が身に着けた胴衣につながっていた。

「一緒に恐怖に耐えて生き残ろうと、互いのひもを結んだのだろう」。

潜水時間が10分しか残っておらず、2人の遺体を一度に引き出せないと思い、

男子生徒から先に引き揚げようとひもを解いたが、遺体が浮かび上がらない。


「この子たちは離れるのが嫌なのか」との思いに涙が出て力が入らなくなり2人を残し水面へ上がった。

「これまでで一番胸が締め付けられた」。

助けを求めた後輩たちも、作業をしながら涙を流したという。(共同)
 
                    (転載おわり)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恋人同士だったのでしょうか・・ご冥福をお祈りします。

(m)

関連記事

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

苫小牧市保健所 事故から救って介護中の犬を殺処分に!?(4/24 里親さん見つかりました!)

この犬の命が助かりました!苫小牧保健所の皆さま、ありがとうございます!
詳しくはこちらで

   ↓
http://satsuzerozero.blog.fc2.com/blog-entry-277.html

職員さんの手で奇跡的に歩けるようになった仔も
4月28日には殺処分しなければならない現実~北海道苫小牧市

             
http://satsuzerozero.blog.fc2.com/blog-entry-271.html

(元記事もお読みください)

(以下、抜粋します)

交通事故に遭い立つ事すらできなかった仔が

収容保健所の職員さん達の献身的なリハビリによって

奇跡的に立ち自力で歩く事もできるようになりました!

苫小牧犬全体

苫小牧犬横


ここは北海道苫小牧市保健所です。
http://www.iburi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/tth/inuneko.htm

収容されてから2ケ月以上、毎日職員さん達の介護により
自力で歩くまでになりました。

ただ、1日1回カテーテル導入による排尿の世話だけは
してあげなければなりません。

苫小牧犬詳細

この仔の全てを受け入れてくださる方を
募集しています。

この保健所と連携しているボラさんの話では
ここの職員さんたちは寒さ対策や寂しくないように
1日何度も声を掛けたりしているそうです。

命の期限:4月28日

場所:北海道苫小牧市(道外譲渡可能)
  (空輸のお手伝いはしてくれるそうです)
年齢:不明(成犬)
体重:20kg前後
性格:穏やかでおとなしい

情報元:坂上真由美さん
https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=1592529514304736&id=100006431075269&stream_ref=10
             (転載おわり) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この記事は弁天さんの宝石より転載させていただきました。

せっかく治療して、介護して、回復してきたのに、なぜ殺処分するのですか?

それが規則だとしたら、あまりに矛盾していませんか?

犬はまた?人から裏切られるのですか?

職員さん、どうかそんなつらい規則、もう止めませんか?

(m)

関連記事

テーマ : 動物愛護
ジャンル : ペット

プスキニア リバノティカ~春の鉢植え~

プスキニア リバノティカという憶えにくい名前の花。
    これです。
   
      

春の花

鉢土が黒い方が花の色が引き立ちますね。う~ん、失敗。

草丈15cmほどの小さな、愛らしい花。キャンデイーみたいで食べたくなります。

秋に球根を植えておくだけで咲き、自然に増えます。特に場所は選ばないようです。

もっとたくさん見たい方はコチラ


大してやりませんが、園芸は気分転換になります。

花3

花々の美しいひと時。

花2

再生の季節に動物たちの幸せも祈ります。


(m)
関連記事

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

プロフィール

動物との共生フォーラム

Author:動物との共生フォーラム
東京都


すべての命に人道的な配慮を。


★リンクフリーです。転載はご自由に。

カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
旬の花時計 V2
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR