タンザニアの中国大使「中国人による違法な象牙製品の持ち出しが絶えない」と批判

「アフリカの中国人は、悪習が身に染みている」

2014年7月15日

(以下、読売新聞より転載)  ☆太字は当ブログ
http://www.yomiuri.co.jp/world/20140714-OYT1T50116.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
中国紙・南方都市報(電子版)は13日、中国の呂友清・タンザニア大使が、

アフリカへの進出がめざましい中国企業や中国人に自省を促す異例のインタビュー記事を掲載した。


呂大使は、タンザニアで中国人だけが空港で荷物検査を受けたり、

路上で警察に呼び止められたりするのは、

実際に中国人による違法な象牙製品の持ち出しが絶えないからだと暴露した。

また、同国内では中国製の粗悪品が出回っており、

タンザニア国内で請負工事が許可されなかった中国企業が、

周辺国で安価で道路工事をしているとも指摘。

将来、問題が発生した場合は「どこそこの企業ではなく、中国が造った道路だと言われることになる。

我々は利益より国家のイメージを優先すべきだ」と語った。   (北京・五十嵐文)

                  (転載おわり)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
タンザニア駐在・中国大使の勇気ある発言。

象牙を買わないで

印鑑を作る際は、象牙ではないか確かめて下さい

(m)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 動物保護
ジャンル : 福祉・ボランティア

「新装開店お庭にようこそ」のわかにゃんさん永眠

6月初旬の大雨の直前に杉並区内で保護された子猫たち、

そして、6月下旬、はるばる能登半島から保護されて

我が家にやって来た子猫たちの世話にあわただしく、

20歳4ケ月のうちの長老猫、ヒミコさんも昇天し、

ブログの更新もままならず、

しばらくネットから離れていた間に、びっくり!の訃報です。

「新装開店お庭にようこそ」のブログ主、わかにゃんさんの膠原病が悪化し急逝されたとのこと。

お住まいは福島県南相馬市。大震災の直後から、現地の状況を発信され、

ご病気を抱えながら、置き去りにされた動物たちを心配されて、各所で給餌されていました。

その後、なんと個人で、ブログの読者に協力を呼びかけ、「被災保護動物リスト集」を作成。

「どうぶつ救援本部」のHPにもリンクされていました。

愛犬や愛猫のこと、ガーデニングの話、病気のこと・・

大好きなブログでした。文章のセンスとユーモアは☆☆☆☆☆。

被災動物の救護活動や愛護団体に関しては辛口の記事もありました。

現地の情報をいただいたり、コメントを交換したこともあります。

会ったことも、喋ったこともない方なのに、その死があまりに突然すぎるせいもあり、

ショックです、本当に・・。

最後の記事には、家族である犬と猫のデータが、まるで遺書のように記載されていて、

痛みに苦しみながらも、彼らのことを託したい思いが切々と伝わってきます。

7匹の愛猫と1匹の愛犬はこちらで里親さんを募集されています。
            ↓
http://onyawan.blog93.fc2.com/

オー君はもう里親さんが見つかったのかな?

いずれもわかにゃんさんが愛し、宝物のように大切にしてきた犬と猫たちです。

あの子たちが居たから、あんなに頑張れたんだろうなあ・・

どうか優しくステキな家族に引き継がれますように!

長い間、病気と闘いながら、犬や猫、野鳥、植物など、こよなく愛してこられたわかにゃんさん。

本当に早すぎる!!

くーちゃんと一緒にいるのかな・・

心から、ご冥福をお祈りいたします。

わかにゃんさんのブログ記事から、一つ選んで転載させていただきます。

*********************************************************************:
忘れない

2014.4.22

牛肉煮込みを食べた。ベーコンを食べた。昨日は鶏むね肉の蒸し煮を食べた。
丁寧に食べる。手を合わせて食べる。

共に暮らしているにゃんこがボケている。
あげてもあげても、何かくれとせまってくる。
ただ舐めるだけで終わる。
それでも、なんどもなんども好物を差し出す。
気持ちよく過ごしてくれと、ただそれだけを願う。

あのときも同じ思いで。
一緒に生きているのだと思ってた。
同じ地上で。

あの日、私たちは、見捨てた。
乾いて、餓えて、苦しみのうちに命絶えることがわかっていたのに。

そんなことは考えないにんげんも多かった。
たしかに、自分たちのことで精一杯だった。
わたしたちは、粗末にしていい「もの」があるのだと、宣言してしまった。

今日がその日だ。
忘れるな。

わたしたちは未熟で、無力で、そして残酷だ。
許してくれ、とは、言えない。

*********************************************************************
もうあのブログは更新されない・・

貴女のブログを忘れない・・

(m)
関連記事

テーマ : 動物保護
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

動物との共生フォーラム

Author:動物との共生フォーラム
東京都


すべての命に人道的な配慮を。


★リンクフリーです。転載はご自由に。

カレンダー
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
旬の花時計 V2
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR