動物との共生フォーラム

Friends of Nature & Animals Forum

講演会「アフリカゾウとサイー密猟の危機を知る」

トム・ミリケン来日講演「アフリカゾウとサイ-密猟の危機を知る」

主催: トラフィックイーストアジア・ジャパン

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日本もかつては象牙や犀角(サイカク)の 消費国として多大な影響を与えたアフリカゾウやサイが、

近年再び、深刻な密猟の危機にさらされています。

講演では、長年にわたりゾウ とサイの違法取引の専門家として活動してきた トラフィックのトム・ミリケン氏を迎え、

現在の課題と日本の関わりにつき解説します。

詳細
http://www.trafficj.org/press/cites/j140917news.html

日時 2014年10月7日(火) 14:00(13:30受付開始) ~ 16:30

会場
港区立エコプラザ
東京都港区浜松町1-13-1
(JR線「浜松町駅」北口より徒歩4分 大江戸線「大門駅」B1出口より徒歩3分)
http://minato-ecoplaza.net/facility/access

参加費 無料

参加方法 「講演申込」と明記し、①お名前(フリガナ)、
②ご連絡先(EメールまたはFAX番号)、
③所属を記載し、メールまたはFAXにて2014年10月6日までにお申し込みください。

※撮影等の取材をご希望の方は下記までご連絡ください。
お申し込み・
お問い合わせ先 トラフィック イーストアジア ジャパン
FAX:03-3769-1717
Eメール:TEASjapan@traffic.org

〒105-0014 東京都港区芝3-1-14 日本生命赤羽橋ビル6階
TEL:03-3769-1716

主催 トラフィック イーストアジア ジャパン
共催 港区立エコプラザ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(m)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:動物保護 - ジャンル:福祉・ボランティア

  1. 2014/09/24(水) 20:49:57|
  2. ゾウ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今秋 クマ大出没の恐れ ドングリ不足

クマ出没、最多ペース 子グマ増・エサ不足
2014年9月22日05時00分

(以下、朝日新聞より転載)
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11362810.html?_requesturl=articles%2FDA3S11362810.html&iref=comkiji_txt_end_s_kjid_DA3S11362810
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
人里に出没するクマが東北や関東などで増えている。

冬眠前のエサとなるドングリ類が秋に大凶作になるとの予測もあり、

クマの生態に詳しい専門家は注意を呼びかけている。

岩手県花巻市で12日、自宅の畑で作業などをしていた60~70代の男女3人が

ツキノワグマに襲われ、顔や背中をひっかかれて重軽傷を負った。

県が、8年ぶりにクマの出没注意報を出し、注意を呼びかけていた。

県自然保護課によると、今年度、19日までの出没は12件。

すでに2013年度1年間の7件を上回った。

環境省によると、今年4~5月の出没は全国で2080件(速報値)。

前年同期から4割近く増え、過去5年で最高水準となっている。

特に東北6県では8割増の941件。群馬県で71件と目立ち、

過去5年間で毎年4~5月は4件以下だった東京も21件と急増している。


大量出没のはっきりした要因は分かっていない。だが、岩手県や森林総合研究所によると、

昨年、エサとなるブナの実が豊作でメスが子グマを多く出産した一方、

マイマイガの大発生で春から夏にかけてのエサとなる木の葉が不足したことなどが推測できるという。


 ■ドングリ凶作で加速の恐れ

クマが人里に出没する季節はこれからだ。冬眠に備えて栄養を蓄えるため、広範囲にエサを探し回る。

ところが東北では今秋、この時期の主なエサとなるドングリ類が凶作の見込みだ。

林野庁東北森林管理局によると、管内の東北5県のブナの結実予測は岩手、秋田、山形が「皆無」、

青森、宮城は「凶作」。担当者は「06年度以来の水準」と話す。

06年度は全国で過去最高の5185頭が捕獲され、クマに襲われた人は150人にのぼった。

クマの生態に詳しい森林総合研究所野生動物研究領域長の大井徹さんは

「特に東北と北陸では、ブナの実が凶作だとクマの出没が増える。今年は大量出没の条件がそろっている」と指摘。

「クマのエサとなる残飯やゴミを外に放置せず、山に入る時には音の鳴る物を身につけたり、

かしわ手を打ったりしてクマに人間の存在を気づかせるようにしてほしい」

と注意を呼びかけている。(渡辺洋介)


 ■クマの注意点

 <出合わぬために>

・クマ鈴など音の出るもので人間の存在を知らせる

・出没情報のあった場所に近づかない

・山とつながっている林や川沿いのやぶでは特に注意する

 <クマに出合ったら>

・背を向けずにクマを見ながらゆっくり後退する

・大声を出したり走って逃げたりしない

・襲われたら両腕で顔や頭の大ケガを避ける

 <クマをおびき寄せないために>

・隠れやすいやぶの除去や見通しの悪い場所の下刈りをする

・収穫後の農産物や家庭の生ゴミを野外に放置しない

・家の周囲でハチの巣を見つけたら早めに取り去る

                          (転載おわり)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
大出没の年、クマは、こんな所に!?というような身近な場所にも出没します。

弱い個体やコグマ(若グマ)が山から押し出され、食べ物を求めて人里に来ます。

早朝や夜間の不要不急の外出は控えましょう。

クマが出たら、駆除する前に、奥山放獣を!

現場にクマの専門スタッフ(レンジャー)を!

開発や針葉樹の植林により、クマの住処を奪い続けてきたのは、人間なのだから。

(m)
関連記事

テーマ:動物保護 - ジャンル:福祉・ボランティア

  1. 2014/09/22(月) 20:43:42|
  2. 野生動物 クマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

杉並区講演会9月25日(木)「みんなの動物愛護」 友森玲子 糸井重里 坂本美雨

🍀9月20日~26日は動物愛護週間。

杉並区では、講演会と展示会を催します。
招き猫イラストカラー

★講演会「みんなの動物愛護」★

 保護動物の譲渡活動団体を運営する講師等が、動物の愛護に関する活動について
 分かりやすく説明します。

 9月25日(木)午後2時ー4時30分

 場所:区役所第4会議室(中棟6階)

 講師 「ランコントレ・ミグノン」「ミグノンプラン」
                    代表 友森玲子


   特別ゲスト  コピーライター 糸井重里  

              ミュージシャン 坂本美雨   
    無料

    先着100名(区内在住の方) 

 ★ 参加ご希望の方は、9月22日午後5時までに、
    杉並保健所生活衛生課動物担当 ☎3391-1991に
    お申し込み下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  

9月24日(水)~25日(木) 午前9時~午後5時

区役所1Fロビーにて、
動物愛護や殺処分の現状を知っていただくためパネル展示をいたします。
ペットのために備えておきたい防災グッズの展示、
杉並どうぶつ相談員の活動も展示します。

講演会と合わせてお立ち寄り下さい。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

9月6日(土)杉並どうぶつ相談員(西荻エリア)が
「防災フォーラム」に参加します。

        西荻地域区民センター 体育室 10時~16時

        ペット用防災グッズを展示します。
        ペットとの同行避難についてご説明します。


9月13日(土)10時~16時 ・ 14日(日) 10時~15時

井草区民センターまつりで
      杉並どうぶつ相談員による「犬と猫の飼養相談会」開催

(下井草5-7-22 荻窪駅北口から「下井草駅」行きバスで約10分 「妙正寺池」下車徒歩2分)


1F 学習室

😺飼い主のいない猫についてのご相談もどうぞ。

永福和泉2014
2014年7月 永福和泉センターまつりで「飼養相談会」 来室者 250名


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
杉並どうぶつ相談員講座 受講生募集中! 
  無料  杉並地域大学

飼い主のいない猫を増やさない活動支援事業
後期分受付中!
 
(9月30日〆切)
 ☎3391-1991 杉並保健所生活衛生課
             
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ぜひこちらのイベントも、お見逃しなく
                 ↓
ミグノンプラン presents
いぬねこなかまフェス2014 at 渋谷公会堂 チケット発売中!
http://www.1101.com/mignonplan/fes.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
わたしたち普通の人が、出来ることを考えてみませんか?
一人一人が出来ることがつながっていけば、動物を助ける大きな力になれます!

(m)
関連記事

テーマ:動物愛護 - ジャンル:ペット

  1. 2014/09/22(月) 18:00:41|
  2. イベント案内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大田区 猫の連続不審死 容疑者逮捕

<動物愛護法違反>「ストレスのはけ口」猫を地面に…男逮捕

毎日新聞 9月18日(木) より転載
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140918-00000125-mai-soci

**************************************************************************

 ◇蒲田周辺で45匹の猫死ぬ、「野良猫餌やりに憤慨」も

東京都大田区で猫を地面にたたきつけて傷つけたとして、警視庁保安課は18日、

同区蒲田1、会社員、久保木信也容疑者(33)を動物愛護法違反容疑で逮捕した。

同区大森や蒲田では4月以降、半径約500メートル内で計45匹の猫が死に、

区がパトロールするなど警戒していた。

久保木容疑者は一連の変死事件についても関与を認め、

「ストレスのはけ口と、野良猫への餌やりに憤慨してやった」と供述しているという。

逮捕容疑は18日午前2時半ごろ、同区大森西6の駐車場で、

猫の首を絞めて路面にたたきつけるなどしたとしている。猫はその後死んだ。

同日午前3時20分ごろ、警戒中の警察官が自転車を押して歩いていた久保木容疑者を発見し、職務質問。

自転車の前かごに、ビニール袋に入った4匹の猫の死骸があり、

事情を聴いたところ、うち1匹を路面にたたきつけたほか、

3匹を「今、農薬入りの餌を与えて殺した」と認めた。

さらに、久保木容疑者は「4月ごろからキャットフードにエンジンの不凍液や農薬を混ぜて公園などに置いた」

と供述しているという。【林奈緒美】

              (転載おわり)
****************************************
大田区の猫連続不審死、容疑者が捕まりました。

8月に報道されてから、しばらく犯行を止めていたようですが、虐待欲求がつのり、

再び犯行に及んだところを逮捕されました。犠牲になった猫は50匹にもなります。

動物愛護管理法違反では、通常すぐに釈放されてしまうようですが、

男の止むにやまれぬような虐待欲求、殺害方法がエスカレートしてきていること、

人に見せたい欲求があること等を鑑みて、今後、人身犯罪へとつながる可能性があり、

「野良猫へのエサやりに憤慨」と供述しているようですが、

慎重な精神鑑定およびカウンセリング等が必要と考えます。

(m)

関連記事:
大田区 猫の不審死と「地域猫」
http://doubutsuforum.blog.fc2.com/blog-entry-515.html
関連記事

テーマ:動物愛護 - ジャンル:ペット

  1. 2014/09/20(土) 15:33:11|
  2. 動物関連ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TOKYO ZERO 【ジェームス・ サーペル教授】公開セミナー

TOKYO ZEROよりセミナーのお知らせです。
.http://tokyozero.jp/662/

*************************************************************************************************

ジェームス・サーペル教授による公開セミナー(9月28日)

東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年までに「不幸な犬猫ゼロ」を目指しているTOKYO ZEROキャンペーンは、
米ペンシルベニア大学獣医学部のジェームス・サーペル教授をお招きし、
下記の通り公開セミナーを開催することと致しました。

人と犬とは、約1万5千年前から親密な関係を築いてきました。

現代の日本においては、15歳以下の子どもの人口を犬猫の数が超え、
犬はいまや「家族」「パートナー」と言える存在になってきています。
その一方で「動物福祉」の視点は置き去りにされたままです。
行政による犬の殺処分は、減ってきたとはいえ
いまだ3万9359頭(2012年度、負傷動物を含む)を数え、
他方では幼すぎる子犬がペットショップの店頭で展示販売されている現実が、日本にはあります。

サーペル教授は動物行動学や動物福祉学の分野において、世界の第一人者です。
人と犬との関係はどうあるべきなのか、サーペル教授に最新の知見をご紹介いただきながら、
皆さまと一緒に考えていければ幸いです。
皆さまのご参加を心よりお待ちしています。



【日時】2014年9月28日(日)13:30~15:30 (※13:15開場)

【場所】TKP大手町カンファレンスセンター 16階]
(東京都千代田区大手町1-8-1KDDI大手町ビル)(http://tkpotemachi.net/access.shtml)


【プログラム(予定)】

13:30 開会あいさつ 

13:40 麻布大学獣医学部 太田光明教授

      「日本における『ヒトと動物の共生科学』のあゆみ」

14:10 ペンシルベニア大学獣医学部 ジェームス・サーペル教授

    「C-barq(犬の行動解析システム)で何がわかるか ~幼齢犬との向き合い方~」

14:50 対談・サーペル教授×太田教授 「8週齢規制とは何を意味するのか」

15:10 質疑応答

15:20 閉会あいさつ
          (TOKYO ZEROキャンペーン顧問 蟹瀬誠一・明治大学国際日本学部教授)

【定員】100人(※締切日までに定員を超えた場合は抽選とさせていただきます)

【お申し込み方法】9月24日(水)までにメールにて、info@tokyozero.jpまでお申し込み下さい。
後日、参加費事前払い込みについてのご案内をメール致します。
なお、お申し込みの際「郵便番号・住所・氏名(フリガナ)・電話番号」を明記して下さい。

【参加費】2,000円(税込み、事前払い込み制)

【主催】TOKYO ZEROキャンペーン

【参考情報】

◆C-barq とは?◆ Canine Behavioral Assessment and Research Questionnaire (犬の行動解析システム)の略称。米ペンシルベニア大学のジェームス・サーペル教授が開発した。統計学的な手法を用いて犬の行動特性を測定する「物差し」といえる存在。動物愛護法に、犬を販売する際の週齢規制を導入するにあたって、現在、環境省が主体となってこのC-barqを利用した調査研究が行われている。

◆ジェームス・サーペル教授(Dr. James A. Serpell)◆ 米ペンシルバニア大学獣医学部教授。同大学「動物と社会の相互作用に関するセンター(CIAS)」所長。1974 年ロンドン大学で動物学の学士号取得、1980 年リバープール大学で動物行動学の学位取得。1985 年ケンブリッジ大学にコンパニオンアニマル研究グループを設立。1993 年から現職。動物福祉学、応用動物行動学、人と動物の相互作用について主要雑誌の多くの編集委員を務め、犬の行動と福祉、動物に対する人の態度の変化、人と動物の関係の歴史を研究テーマに進めている。主な著書にAnimal & Human Society: Changing Perspectives(1994)、Domestic Dog: Its Evolution, Behavior & Interactions with People(1995)、Company of Animals(1986,1996)、Companion Animals & Us(2000)など。

◆太田光明教授◆ 麻布大学獣医学部教授。東京大学農学部畜産獣医学科卒業し、東京大学大学院農学系研究科獣医学専攻修士課程修了。東京大学農学部助手、大阪府立大学農学部教授などを経て、1999年から現職。農学博士、獣医師。動物介在療法に関する国際学会副会長、一般社団法人日本動物看護職協会監事、環境省中央環境審議会動物愛護部会臨時委員などを努める。主な著書などに『大震災の被災動物を救うために』、『イラストで見る犬学』(共著)、『イラストで見る猫学』(共著)、『人はなぜ動物に癒されるのか』(監修)、『アニマル・アシステッド・セラピー』(監修)など。

関連記事

テーマ:動物愛護 - ジャンル:ペット

  1. 2014/09/07(日) 17:03:56|
  2. イベント案内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

動物との共生フォーラム

Author:動物との共生フォーラム
東京都


すべての命に人道的な配慮を。


★リンクフリーです。転載はご自由に。

雪が3Dで降るブログパーツ ver2

マウスで見る方向変えられます

カレンダー

08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

カテゴリ

大震災 動物関連 (124)
動物愛護管理法 (70)
民主党【犬猫等の殺処分を禁止する議員連盟】関連 (5)
ゾウのはな子 (22)
野生動物 クマ (49)
秋田・クマ牧場 (34)
ゾウ (12)
野生動物 その他 (30)
動物園 (29)
犬・猫などペット (22)
動物行政 (31)
地域猫 (21)
官民協働 (19)
動物関連ニュース (37)
政治・時事 (48)
映画・TV (13)
エッセー (32)
Book Review (8)
オススメ! (1)
イベント案内 (21)
杉並&近隣情報 (10)
自然・環境 (11)
植物・園芸 (7)
未分類 (2)

最新記事

最新コメント

旬の花時計 V2

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR