動物との共生フォーラム

Friends of Nature & Animals Forum

中国がアフリカゾウを絶滅させる。 

中国の象牙取引、「制御不能な状態」 
保護団体が報告書


2014年12月17日23時12分

(以下、朝日デジタルより転載)
http://digital.asahi.com/articles/ASGDH6TT9GDHUHBI03S.html?_requesturl=articles%2FASGDH6TT9GDHUHBI03S.html&iref=comkiji_txt_end_s_kjid_ASGDH6TT9GDHUHBI03S
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
動物保護団体「セーブ・ジ・エレファンツ」はこのほど、
中国での象牙の違法取引が「制御不能な状態」になっており、
中国の積極的な措置がなければ、
野生のゾウは今後1世代のうちに絶滅する可能性がある
とする報告書を発表した。

ケニアのナイロビで開かれた記者会見で発表した。

報告書によると、中国での象牙の卸売価格は
2010年からの4年間で3倍に上昇。
小売価格は02~14年で、北京では13・5倍、
上海では8倍になった。
両都市の275店舗を調べたところ、
北京では78%以上の店舗が、
上海では89%以上の店舗が違法営業だった。
08年に自然死したゾウなどの象牙62トンの輸入が
例外的に認められたことなどから、
新たな富裕層の需要に火がついたと分析している。

同団体のイアン・ハミルトン創設者は
「アフリカでは過去3年間で10万頭のゾウが象牙のために殺された。
ゾウの将来がどうなるかは、中国が鍵を握っている」
と指摘している。

中国の象牙取引をめぐっては、
環境保護団体「環境調査エージェンシー」が先月、
中国人の集団が昨年3月、
習近平(シーチンピン)国家主席などの
タンザニア訪問を利用して大量の象牙を買い付け、
外交用に使われる袋を使って
習氏の専用機で運んだとする報告書を発表。
中国政府は「根拠がない」と否定している。
(ナイロビ=三浦英之)

                     (転載おわり)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
習近平の専用機で象牙を密輸したのでしょうか?
疑われても仕方ない今の中国の傍若無人ぶり。
アフリカゾウは人類の宝物。
中国が宝物を絶滅させていいわけがない。
The World is Watching China!

(m)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:動物保護 - ジャンル:福祉・ボランティア

  1. 2014/12/18(木) 00:42:50|
  2. ゾウ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2014衆院選 「動物愛護」関連議員の当落

前回の動物愛護管理法の改正に携わった議員を中心に
各政党の動物愛護・福祉政策に関わっている議員の選挙結果です。
前回2012年の衆院選と大きな入れ替わりはありませんが、
今後の陳情などのご参考までに。

自民党 牧原秀樹議員(民主党の枝野氏と争う激戦区。比例で当選。
                 自民党の動物愛護政策の推進役)

      鴨下一郎議員 小池百合子議員は選挙区で当選

民主党 「犬猫殺処分を禁止する議員連盟・事務局長」を務めた
      生方幸夫議員が落選。
      定期的に動物愛護フォーラムを開催されていました。
      城島光力議員は前回に続いて落選
      前回落選した、田島一成議員(滋賀)は比例当選。
      田島議員は前回の動物愛護管理法の改正において
        民主党ワーキングチームの座長でした。
            田島氏のカムバックは大きいです。
            自身も保護犬数頭の里親になっています。
     小宮山泰子議員は復活当選(小沢系の愛護連盟でした)
     警戒区域の動物救出に尽力した玉木雄一郎議員
                   小選挙区で当選。
     民主党から立候補した阿部知子議員は比例で当選。
     前回落選した寺田学議員(秋田)は比例で当選。
     樽床伸二議員は落選。

維新の党 松野頼久議員は比例で当選。
       松浪健太議員も比例で当選。

公明党 次世代のホープで公明党動物愛護委員会を束ねる
     遠山清彦議員当選。
      高木美智代議員も当選。  (いずれも比例区)

生活の党 玉城デニー議員が選挙区で当選。(強いですね!)

 主だった方々のみ記しましたが、
各党、動物福祉政策に熱意のある方々が当選されていますので、
次回の動物愛護管理法改正に関しても期待したいと思います。    

(m)

関連記事

テーマ:動物愛護 - ジャンル:ペット

  1. 2014/12/16(火) 16:10:11|
  2. 動物愛護管理法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

追悼 菅原文太さん

高倉健さんにつづいて、巨星墜つーーー

日にちが経ってしまいましたが、奥さまの文子さんの
文章が素晴らしいのでブログに残しておきます。

種をまき去る

7年前にぼうこうがんを発症して以来、
以前の人生とは違う学びの時間を持ち、
「朝に道を聞かば、夕に死すとも可なり」
の心境で日々を過ごしてきたと察しております。

「落花は枝に還らず」と申しますが、
小さな種をまいて去りました。
一つは、先進諸国に比べて格段に生産量の少ない
無農薬有機農業を広めること。
もう一粒の種は、
日本が再び戦争をしないという願いが立ち枯れ、
荒野に戻ってしなわないよう、
共に声を上げることでした。
すでに祖霊の一人となった今も、
生者とともにあって、
これらを願い続けているだろうと思います。
恩義ある方々に、何の別れも告げずに
旅立ちましたことを、
ここにお詫び申し上げます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
文子さんとは早大の頃からの同士だったそうです。
今年は多くの俳優や作家が亡くなりました。
心からご冥福をお祈り申し上げます。

「朝に道を聞かば、夕に死すとも可なり」
孔子の言葉です。


(m)
関連記事

テーマ:伝えたい事 - ジャンル:ブログ

  1. 2014/12/09(火) 23:58:20|
  2. エッセー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「阿蘇カドリー・ドミニオン」でクマ惨殺


「パンくん」で有名なあの動物園で
クマ惨殺事件が起きていた。



2014年12月8日
NEWSポストセブン
http://news.livedoor.com/article/detail/9551005/
(以下、Livedoor Newsより抜粋)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
タレント・志村けんとテレビで共演して話題となった
チンパンジーの「パンくん」がいることで知られる
動物王国「阿蘇カドリー・ドミニオン」で起こっていた
「クマ惨殺事件」──
その一部始終を12月8日発売の週刊ポスト(12月19日号)
がレポートしている。

同園はかつて「阿蘇クマ牧場」の名で親しまれた。
いまでも目玉は世界中から集められた7種類200頭以上のクマだ。

同誌によると惨劇が起きたのは11月23日午後1時過ぎのことだった。
「ベアバレー」の檻のひとつから
、突然、「ヴォー」「ゴォウアー」というクマの奇声が響き渡った。
目撃者は1頭のクマの上に6~7頭のクマが折り重なるように
襲いかかっていたと証言している。

(抜粋おわり)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
あまりにも凄惨な出来事なので、記事のつづきが読みたい方は
リンク元に飛んで下さい。
「阿蘇カドリー・ドミニオン」はかつてクマ牧場で、
その飼育実態は国際的にも非難を浴びていました。
日本動物園水族館協会からも脱退しています。
クマの飼育環境の問題については、たびたび耳にしております。

(m)
関連記事

テーマ:動物愛護 - ジャンル:ペット

  1. 2014/12/08(月) 23:52:23|
  2. 動物園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【犬の大量遺棄】 「引き取り業」という悪業

殺処分回避の「犬引き取り業」劣悪環境で保管も
http://www.yomiuri.co.jp/national/20141206-OYT1T50067.html
2014年12月06日

(以下、YOMIURI ONLINEより転載)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
栃木県で小型犬の死骸が大量に見つかった事件で、
廃棄物処理法違反などの疑いで逮捕された元ペットショップ店員、
木村正樹容疑者(39)は、
廃業したブリーダー(繁殖業者)から有料で引き取った犬を
捨てていたことが分かった。

ブリーダーなどの犬猫を自治体が引き取らなくなる中、
引き取り業者の存在が注目を集めている。

「引き取り業」。
同県北部に住む60歳代男性の名刺には、こう書かれていた。

男性によると、仕事の内容は、
県内外のブリーダー、ペット店で
不要になった犬や飼われていた犬を引き取り、
別の業者や家庭に売ること。
病気の犬や繁殖に適さない犬ほど世話するのに手間がかかるため、
高い料金で引き取っているという。

これまで行政に保護された捨て犬の大半が殺処分されてきた。
男性は「犬をリサイクルし、殺されない道を探すために
我々のような存在は必要。
ほかにも同業者はいる」と強調した。

 「引き取り業者」について、
あるブリーダーは「劣悪な環境で犬を保管し、
死んだり手に余ったりすれば捨てると聞いている」と話すが、
この男性は「10年以上この仕事をしているため、
自分には多くの転売先がある」と説明する。
男性の施設には手作りの小屋があり、柵の中などで約100匹の犬が飼われていた。

          ◇

小型犬80匹を遺棄・放置したとして、
11月に逮捕された木村容疑者は、
県警の調べに「これまでに犬を引き取ったことが何度かある」
「売れる犬は売り、後は譲るつもりだった」と供述し、
「引き取り業」を仕事にしていたとみられる。

80匹は愛知県半田市の女性ブリーダーが飼っていたものだった。
女性によると、廃業を決めた際に連絡したのが、
かつてペット関係のイベントで知り合った木村容疑者だった。
「100万円払ってくれたら全部引き取る」と言われ、
その通りにした。
木村容疑者は犬を木箱いっぱいに押し込み、
トラックに積んで立ち去ったが、
多くの犬が、愛知からの輸送中に劣悪な環境で死んだとみられる。

          ◇

環境省によると、ブリーダーやペット店は、ピーク時の2011年には
全国で約2万4000業者が登録していたが、
その後、2500以上減少した。

一方で、廃業したペット店などから犬猫を引き取ると
大量に殺処分することになるため、
自治体はそれを避けようと、数年前から引き取らなくなった。
さらに昨年9月の改正動物愛護管理法施行で、
自治体の引き取り拒否が明文化された。
環境省は「譲渡先も含め、最後まで業者が責任を持つべきだ」とする。

(転載おわり)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
繁殖に適さなくなった犬を引き取る「引き取り業」が常在化、
というより、以前から行われていたビジネス。
譲渡先を探すなどと、申し訳のごとくに言っているが、
劣悪な環境に放置されたまま、
処分も日常的に行われていたのではないか・・。
金になるとなれば、必ず現れる黒い愛護ビジネス。
引取り屋に犬を渡した愛知のブリーダーも、
犬たちの姿を見れば悲惨な扱いをしていたことは明白。
実にふがいない動物愛護管理法だとしても、きちんと罰するべき。
環境省は建前を述べるだけでなく、
「引き取り屋」の実態把握と摘発に積極的に乗り出すべきだ。
命を、これ以上軽んじてはならないと思う。
国として、国民として、恥ずべきことだ。

(m)
関連記事

テーマ:動物愛護 - ジャンル:ペット

  1. 2014/12/06(土) 18:21:44|
  2. 動物関連ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

動物との共生フォーラム

Author:動物との共生フォーラム
東京都


すべての命に人道的な配慮を。


★リンクフリーです。転載はご自由に。

カレンダー

11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

旬の花時計 V2

最新記事

カテゴリ

大震災 動物関連 (124)
動物愛護管理法 (71)
民主党【犬猫等の殺処分を禁止する議員連盟】関連 (5)
ゾウのはな子 (22)
野生動物 クマ (48)
秋田・クマ牧場 (26)
ゾウ (12)
野生動物 その他 (32)
動物園 (31)
犬・猫などペット (30)
動物行政 (32)
地域猫 (20)
官民協働 (19)
動物関連ニュース (35)
政治・時事 (45)
映画・TV (13)
エッセー (32)
Book Review (8)
オススメ! (1)
イベント案内 (21)
杉並&近隣情報 (10)
自然・環境 (11)
植物・園芸 (7)
未分類 (3)

鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ

クリックでエサをあげられます

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR