スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本クマネットワーク&WWF合同シンポジウム

JBN&WWFジャパン合同シンポジウム
2014年ツキノワグマ大量出没の総括と展望

~クマによる人身事故0(ゼロ)をめざして~


日本クマネットワークHPより転載します。


201505_shinpochirashi.jpg

日時:2015年5月9日(土)13:00~17:00

場所:東京ウィメンズプラザ
(東京都渋谷区神宮前:最寄駅は表参道駅)

参加費:無料(事前申込み不要)

*ただし、JBN・WWFジャパン会員以外の方は、
  資料代として200円いただきます。

2014年は全国的にドングリなど堅果類の不作により、
ツキノワグマの大量出没が起こった。
結果、全国で3,429頭のツキノワグマが捕獲され、
そのうち3,273頭が捕殺された。
(いずれも環境省発表、11月暫定値)。

また、人身事故も109件(118人)に上っている(同発表)。
これらの数字は、ここ10年間では2~3番目に多い。
すなわち、2006年、2010年および2014年が
顕著なツキノワグマの大量出没年となった。
この問題の背景には、ツキノワグマの分布拡大や
中山間地からの人間活動の撤退なども
大きく影響していると考えられている。

そこで本シンポジウムでは、2014年に全国各地で起こった
ツキノワグマの大量出没状況を総括し、
今後の対策に向けた展望を議論する場としたい。
とくに今回の場合、かなり早くから大量出没の予測が出されるなど、
事前の対策準備を行うことは可能であったにも拘わらず、
人身事故が100件を超えたというのは
クマの保護管理政策がまだまだ未熟であることを物語っている。

今後クマによる人身事故を0(ゼロ)にするには何が必要で、
そのためにはどのように押し進めればいいのかを
参加者全員で考えたい。
               (転載以上)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
                 

続きを読む

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 動物保護
ジャンル : 福祉・ボランティア

パチンコ店にフクロウは必要か

北海道の複数のパチンコ店でフクロウが飼われているとのことです。

国内のフクロウは保護動物で、飼うことは禁止されています。

パチンコ店で飼われているのは輸入されたフクロウです。

フクロウカフェの影響で、フクロウを飼いたい人が増えているとのこと。

しかし、脱走したらどうなります?

外来生物問題を引き起こし、タイワンザルやアライグマのように

駆除の対象となるでしょう。

前回の動物愛護管理法改正でも、野生動物の輸入については、

規制が甘いままに終わりました。

フクロウのような猛禽類は、一時の好奇心で絶対に飼うべきではありません。

種類によっては寿命が40年。 飼いきれますか?

飼いきれなくて、外に放さないでくださいね。

フクロウのような野生動物を輸入販売することに疑問を感じます。

以下のサイトで署名を募っています。
(フクロウは適切な場所に責任をもって移して欲しいです)

パチンコ店という劣悪な環境で、フ
クロウ達を見世物展示することを廃止し、
適切な環境へ戻してください

Save the owls imprisoned in the pachinko parlor named Vegas Vegas in Japan.

(m)
関連記事

テーマ : 動物愛護
ジャンル : ペット

石川県における殺処分 ~一つの真実~

石川県を含む北陸三県は、全国でも殺処分数が少ない県です。

数のうえではそうだとしても・・

この4頭の子猫たちをご覧ください。

mike_2015041723124576f.jpg

noto.jpg

komatsu.jpg

kibi.jpg

この4頭は同じ母猫から生まれました。

我が家に着いた晩に撮影しました。

生後2ケ月。とても馴れていて、まったく健康で元気。

屋内にいたのでキレイで、ノミもダニもいませんでした。

みんな可愛い顔で、欲しい人はたくさんいるでしょう。

この子猫たちは、奇跡的に殺処分をまぬがれました。

子猫たちの出身は石川県能登半島。

お独り住まいの高齢者が、外猫に餌をあげていて産まれました。

そして、その高齢者のお宅で母猫と共に居りましたが、

やむなき事情があって、悩まれたすえ、ある朝、子猫たちは殺処分に出されました。

能登半島では、犬や猫を定期的に回収し、小松市にある小動物センターに

運びます。この子猫たちも回収車に乗せられ、運ばれました。

子猫は、この子たちのように、どんなに馴れていて、

譲渡に適していても、運命は即日殺処分と決まっているのです。

幸いにも、この子たちの命を救おうとした方が奔走され、

殺処分を待ってもらって、センターから引き出し、その後、

我が家に来て、今ではそれぞれ里親さんのお宅で幸せに暮らしています。

その後、奔走された方に、金沢市の人から里親になりたいとの連絡がありました。

あちらでも、どなたかが動いてくれていたんです。

生かせるチャンスはたくさんあるのに、即日殺処分をする行政。

しかも、子猫たちは人に馴れていないと聞かされました。

実際にはナレナレ。人と育ってきたのだから当たり前です。

石川県南部小動物管理指導センターHPの、猫の譲渡欄はブランクです。
http://www.pref.ishikawa.lg.jp/yakuji/doubutsu/nanbu.html

つまり、石川県では毎日、子猫たちが即日殺処分されているのです。

もちろん、石川県だけのことではありません。

殺処分を生み出しているのは不妊去勢をしない飼い主や、

ただただ餌を与える人々です。

自ら遺棄して殺す人たちさえいます。

産まれてすぐに殺されてしまう命に共感も、想像もできない人たちです。

行政が悪いわけではない。

けれど、ルーティン化して、感覚が鈍くなってはいませんか?

もし、やりたくない仕事だと思われるのでしたら、

生かそうという努力はできないのでしょうか?もっと。

人を投じるなり、基金を作るなり、ふるさと納税制度を活用するなり、

ボランティアと協働するなり・・生かそうという意志があるなら、

この4匹の子猫たちのような命は助けられるはずです。

殺処分を積極的に削減しているセンターや保健所が増えてきています。

石川県もどうか、譲渡できる命を生かす努力をお願いいたします。

(m)
関連記事

テーマ : 動物愛護
ジャンル : ペット

練馬区でまたも猫が殺害される。

練馬区旭丘の児童公園わきの路上で、

人から蹴られたと見られる

猫の死体が見つかったとのことです。

9日には、やはり近くの小学校で首を切られた

猫の死骸が見つかっています。


(日本テレビ系列 NNNより抜粋)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
警視庁によると、練馬区旭丘で15日午前10時半頃、
「ぎゃっ」という猫の鳴き声が聞こえ、飼い主が外に出てみると、
猫が路上でぐったりしていたという。
猫は死に、目立った外傷はないものの、
警視庁は何者かが蹴るなどの危害を加えたとみている。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

当ブログで最も反対コメントが来る話題は「辺野古」と「地域猫」です。

練馬区は官民で「地域猫」を推進していますが、

一般的に言って、

「地域猫」がきちんと住民に理解されないまま、

言葉だけがひとり歩きしているような状況で、

公園などで多数の猫が集まってくるような「地域猫活動」は

地域猫 VS 反対派の対立が激化し、

虐待行為を招く危険性があります。

先般、議会を通過した京都市のマナー条例では、

猫へのエサやりは、一人5匹までと、ありましたが、

これは多すぎます。4人でグループ管理したら20匹にもなります。

1グループにつき、3匹ぐらいにとどめないと苦情が出ます。

京都市の条例は「共生」というより、

管理面の条件が厳しく設定されていますが、

その反面、非常に曖昧で、

どうとでも解釈できるような基準が設定されており、

条例自体が右往左往しているような印象を受けます。

それにしても、京都市は寺社などの多い土地がら、

エサヤリさんが特に多いのでしょうか?

★猫の不審死は警察に通報を!

(m)
関連記事

テーマ : 動物保護
ジャンル : 福祉・ボランティア

「動物愛護」か「動物虐待」か

昨今、ネットで「多頭飼育崩壊」の記事を頻繁に見かけます。

「多頭飼育」・・ホーダー(マニアックに動物などを集める人)

その結果として、ネグレクトになったり、酷い場合は繁殖業の

パピーミルのような状況となります。

助けられたはずの命が、適切な世話や医療を受けられず、

シェルターに閉じ込められたまま、悲惨な一生を強いられることにもなります。

動物愛護団体によるネグレクトは以前にもNPOアニマルフレンズ新潟などが、
(代表のイザベラ・ガラオン・青木氏は全国動物ネットワークの運営委員)

報道されましたが、東京都府中市にあるNPOサラネットワークの

閉鎖を求める署名活動が行われています。

当ブログでは、これまで誹謗中傷になる場合もあるので、

署名活動や団体を実名入りで取り上げることは極力控えてきましたが、

今回は署名活動の主催者の言葉に極めて信憑性があること、

複数の具体例を挙げていること、そして、最も重要な理由として、

団体の代表が自転車の転倒事故で怪我をされて回復状況が思わしくない旨、

ご自身がFBで書かれていることから、50頭をこえる犬の世話を誰がするのか、

(ボランティアはごく少数とのこと)、費用はどうするのか、など、

動物福祉の観点から、シェルターの閉鎖が必要と考えました。

美談めいた記事に、安易に「いいね!」をしないでください。

誰かが止めないと!犬のためにも。代表のためにも。

下記のサイトをお読みになり、賛同いただけましたら、署名をお願いいたします。


動物愛護団体SALAネットワークの閉鎖を求めます


★グランツの物語

★セナの物語

★他の事例もお読みください。

転載よろしくお願いいたします。

(m)
関連記事

テーマ : 動物愛護
ジャンル : ペット

プロフィール

動物との共生フォーラム

Author:動物との共生フォーラム
東京都


すべての命に人道的な配慮を。


★リンクフリーです。転載はご自由に。

カレンダー
03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
旬の花時計 V2
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。