ゾウのはな子との「お別れ会」開催

5月に69歳で亡くなった井の頭自然文化園のゾウ はな子さんとの
お別れの会が開催されます。


日時 2016年9月3日(土)11時から約1時間

 場所 井の頭自然文化園 動物園(本園)芝生広場

 内容 ・お別れの言葉など(来賓の方々、および園長)
     ・飼育係からのメッセージ
     ・当日来園された方々からの献花(花はご用意いたします)


私たちに希望や安らぎ、勇気を与えてくれたはな子さんを
思い出し、感謝し、安らかな永眠を祈りましょう。

はな子2013 5月1__
在りし日のはな子さん


(m)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたい事
ジャンル : ブログ

「超高齢化社会とペット問題」勉強会


13428622_639496456204407_2218260283425229405_n.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨年の動物愛護週間に杉並区でもお招きし、お話を伺った
獣医師・保護動物アドバイザーの西山ゆう子先生
を囲んだ勉強会です。

たいへん興味のあるテーマで、行きたい!と思ったら、大阪でした・・泣

大阪の方はぜひ!

(m)
関連記事

テーマ : 動物保護
ジャンル : 福祉・ボランティア

杉並区の公園を保育所に?シンポジウム開催

TVでも報道された杉並区が公園を保育所に転用する決定に関して、
区は近隣住民の声にはいまだに耳を貸さず、
着々と準備を進めているようです。
(説明会の日取りは決定。公園更地化の工事入札は
業者が全員辞退で不調打ち切り)

そんな中、旧永福南小学校の校舎を解体してビーチバレーコートを
建設する計画が進んでいるとのこと。
知らない区民が多いのでは?(私もその一人でした)
これは、昨日の参院選で自民党から立候補して当選した
朝日健太郎氏(元ビーチバレーボール・オリンピック日本代表
杉並区在住)の発案。
    ↓

オリンピックに向けた杉並区の取組み
http://www.rengo-tokyo.gr.jp/tikyo_news.php?id=2571&catg=3&open=5&y=2015


待機児童問題の解消に向けて聖域なき、
「緊急事態宣言」を出した海もない杉並区で進められている
ビーチバレーコート計画。
(しかも、旧永福南小学校はまだ築浅)
そんな土地があるなら、そこを保育園にすれば?
と、公園を潰されてしまう近隣住民は訴えています。

杉並区の公園を保育園に転用する計画については、
住民が騒音などを問題に反対しているわけではなく
該当地域には、すでに複数の保育園があります。
(他の地域と異なる点です。どうぞ誤解のないように)
地域で長年にわたり住民が育て、大切にしてきた
利用度も高い公園を、なんの事前説明も住民にないまま、
区が拙速に潰してしまうことへの疑問と怒りです。
(20年かけて成長した木々を16本も伐採する予定)

たかが区内の小さな公園と思われるかもしれませんが、
この件は、実は大きな区政問題をはらんでいると思います。
例えば、「緊急事態宣言」の下、区長(区)は住民の意見を
無視して、オールマイティに何でも実行できるのか?
地域コミュニティーにおける「公園」の役割が軽視されていないか?

私は公園の近隣住民ではありませんが、
多くの区民が知らない間に、次々と計画が決められてしまうのは
困りますね。


公園のこと、今までの流れ、今後の予定については、
久我山のこどもと地域を守る会のツイッターをご覧ください。


★シンポジウムが開催されます。
      ↓

本当にどうする 杉並の保育
~みんなで考えよう!待機児童~ 
       by こどもの輪をつなぐ井草人の会

http://greenigusa.wix.com/mysite#!?????????????/cmbz/5783354b0cf2ff6c03ab949b


保活中の方々も一緒に、この問題を話し合えたらいいですね!


ちなみに、区民からの質問や意見に対する区の回答は
以下のとおりです。


待機児童解消について
http://www.city.suginami.tokyo.jp/hoikukinkyu/1024138/index.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


参院選。小林節先生、残念!無念!
その通りです!私は左でも右でもないですが、

自由な言論報道が侵されていると、
じわじわ感じる今日このごろ・・・

(m)
関連記事

テーマ : 東京23区
ジャンル : 地域情報

ゾウのはな子 死してなお人のために・・

5月に死亡した井の頭自然文化園のゾウのはな子が、
茨城県つくば市にある国立科学博物館筑波研究施設で
骨格標本になったそうです。

はな子さんの骨格標本なんて見たくはないです。
悲しくなるばかり・・

はな子が亡くなった時、多くの人々がインタビューで、
「はな子に会いに来て、自分も励まされ、勇気づけられた」
「はな子が、あそこに居てくれるだけで、がんばろうと思った」
と語っていました。

また、飼育員の方々も、
「はな子、長い間よくがんばったね。ゆっくり休んでね」
と話されていました。

動物園で動物が死ぬと、研究施設に送られ、剥製や
骨格標本となり、博物館に展示されます。
はな子の骨格標本は国立科学博物館に送られるようです。

死してなお、人に利用される、はな子さん。

博物館には、貴重な動物の剥製もあり、研究や野生動物保護に
役だっているとのこと。

はな子の骨格標本にも学術的価値はあるのでしょうが、
はな子は生後2年半でタイから日本に贈られてから69年間、
ずっと人々の目にさらされてきました。
あのコンクリートの狭い運動場で・・

はな子の飼育に関わってきた方々は、口をそろえて、
「はな子は人間に一番近いゾウ」「特別なゾウ」とおっしゃっていました。

69年間も毎日、人間に翻弄されて生きてきた、はな子さん。
人間のために生きてきたゾウ。
死してなお、自由にはなれないのでしょうか・・

動物園の慣例とはいえ、はな子を井の頭の土に帰し、ゆっくり休ませて
あげたかったです。

それが、はな子さんに励まされ、元気や慰めをもらってきた私たちが、
唯一、はな子さんにできる恩返しではなかったのでしょうか。


(m)
関連記事

テーマ : つぶやき
ジャンル : ブログ

プロフィール

動物との共生フォーラム

Author:動物との共生フォーラム
東京都


すべての命に人道的な配慮を。


★リンクフリーです。転載はご自由に。

カレンダー
06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
旬の花時計 V2
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR