動物との共生フォーラム

Friends of Nature & Animals Forum

ゾウのはな子一周忌に考える日本の動物園・その1

先週、5月26日は、井の頭自然文化園のゾウ、はな子が
69歳の生涯を閉じた命日でした。
一周忌ということもあり、多くの報道がありました。
吉祥寺駅の北口広場には、はな子の銅像も完成しました。


はな子銅像
井の頭自然文化園に背を向けている?はな子の銅像


はな子が亡くなった時もそうでしたが、多くの人々が
今までどれだけ、はな子に励まされたか、癒されたか、
などを語る報道が目立ちました。
では、はな子にとっての一生はどうだったのでしょう?
はな子の視点から語り、思う発言は見かけませんでした。

先ず申し上げておきたいのは、はな子の世話をされてきた
飼育担当者の方々への感謝の気持ちです。
極めて制限された飼育環境の中で、食餌、ボディケア、退屈
を紛らす工夫など、ご苦労は並大抵ではなかったと思います。

それだけに、今さらですが、気になるのは、
はな子のお別れ会の際の飼育担当者の言葉です。
「はな子は、好物の菓子パンも食べられないほど
衰弱していた」
それほど衰弱していたならば、なぜ監視モニターを設置
しなかったのでしょうか。
はな子が寝部屋で倒れたのは夜中。朝になって発見されるまで
長時間、放置されていました。
69年の長きにわたって人々を喜ばせてきたゾウの最後の日々には
繊細、かつ科学的な見守りがあってもよかったのではないかと
思います。

今年に入ってはな子が体調を崩す直前、海外を中心に、
「はな子をサンクチュアリに移そう」という署名活動が起き、
園にも要望が出されました。
はな子が劣悪な環境に置かれていることを最も認知していたのは、
園長であり、飼育担当者でしょう。
「はな子が若ければ、他の動物園へ嫁入りもさせたのに・・」
はな子が死亡した折の永井園長の言葉です。

はな子を一見して開始された移送騒動は、素人による、純粋かつ
無謀な提案でした。海外で30万人の署名を集め、
飼育担当者が動揺、困惑したとすれば、それを敏感に察知する、
はな子は、そんなゾウなのです。
この騒動が、はな子に与えた影響が皆無と言い切れるでしょうか。

16792_large_20160527173908ffb.jpg
銅像は生前のはな子さんにそっくりです。

(つづく)

(m)


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:伝えたいこと - ジャンル:ブログ

  1. 2017/05/31(水) 18:43:34|
  2. 動物園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋田県仙北市でタケノコ採りの女性、死亡。クマ襲撃か。

Domestic | 2017年 05月 27日 19:13 JST

クマ襲撃か 61歳女性死亡、秋田
ロイター
http://jp.reuters.com/article/idJP2017052701000557

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

27日午後0時45分ごろ、秋田県仙北市田沢湖玉川の山中で、
同市田沢湖卒田、看護助手大石正子さん(61)が
死亡しているのが見つかった。
頭部などの傷の状況から、県警仙北署は
クマに襲われた可能性が高いとみている。

仙北署によると、大石さんは同日午前6時ごろから
知人女性と2人でタケノコ採りをしていた。
午前8時半ごろ、知人が「先に下りる」と声をかけ車に戻ったが、
大石さんが来なかったため、近所の仲間に連絡して
付近を捜索、倒れている大石さんを発見した。

【共同通信】

(転載以上)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

残念ながら、今年も犠牲者が出てしまったようです。
当ブログでも、先日、警戒を呼び掛けたばかり・・

死因がクマによる襲撃だったとすれば、
ご遺体が発見されたのが早かったので、
食害は無かったかもしれませんが、
詳報が待たれるところです。

今年、鹿角市大湯周辺は厳戒態勢と
なっているようですが、その鹿角市でも27日、
タケノコ採りの男性が行方不明とのこと

※28日追記:行方不明の男性は遺体で発見。
 目立った外傷は無し。


亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。


(m)
関連記事

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2017/05/27(土) 22:00:56|
  2. 野生動物 クマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017玉林犬肉祭り~犬肉の販売禁止~

6/4追記
現地からの情報によれば、犬肉まつりは
例年どおり開催されるようです。
市政当局が意図的に偽りの情報を流して
批判を交わそうとした可能性はあります。


今年の玉林犬肉祭り
犬肉の販売、禁止に。

Humane Society International
http://www.hsi.org/news/press_releases/2017/05/yulin-dog-meat-ban-051717.html?_ga=2.45160865.421577078.1495086284-249966766.1492200591

(以下、記事の要約)

HISの速報記事によれば、
今年の玉林犬肉祭りに向け、玉林市政当局は
祭りが始まる6月21日の一週間前、6月15日から、
レストラン、露天、市場で犬肉の販売を禁止します。
違反すると10万元の罰金。逮捕なども含め、
厳しく対処する方針。

今回の禁止措置は一時的なものではありますが、
長年にわたる犬食と虐待行為に終止符を打つための
大きな一歩になったと受け止めております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

海外からの批判に加え、中国国内における
抗議活動の活発化に拠るところが大きいようです。

(m)
関連記事

テーマ:動物愛護 - ジャンル:ペット

  1. 2017/05/18(木) 21:21:03|
  2. 犬・猫などペット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

秋田県タケノコ採り クマに厳重警戒を

昨年の5月~6月、秋田県鹿角市の十和利山周辺で
ネマガリタケの採集に訪れた男女4人がツキノワグマ
に襲われて死亡、負傷者も出る痛ましい事件が
発生しました。
今年もタケノコのシーズンが到来。加害グマが残存している
可能性が大きいため、クマがタケノコを食べに集まる
この季節の入山は控えましょう。
(鹿角市では2015年にも同時期に行方不明者があり、
未だに発見されていません)


警戒せよ!
秋田の「人食いグマ」は3頭生き残った


NPO法人「日本ツキノワグマ研究所」理事長 米田一彦.

2017年05月11日  YOMIURI ONLINE
http://www.yomiuri.co.jp/fukayomi/ichiran/20170510-OYT8T50063.html


昨年の事故の折、駆除されたクマの死骸の扱いなど、
適切な対応がなされず、
現地調査に入った日本クマネットワークによる
DNA鑑定などの科学的検証が出来ず、
加害グマも正確には特定できていません。

今年、もし不幸にして人身事故が発生した場合は
直ちにクマの専門家に調査を依頼し、情報を共有、
連携し、適切な措置を講じてください。
クマの無差別な駆除は避けていただきたいと願います。 

※研究者によれば、ツキノワグマが人を食べるのは極めて稀。


日本クマネットワーク
鹿角市におけるツキノワグマによる人身事故調査報告書
http://www.japanbear.org/report/report-1932.html


(m)
関連記事

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2017/05/12(金) 22:18:30|
  2. 野生動物 クマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ピースワンコの「殺処分ゼロ」を考える

以前からSNSなどで取り沙汰されていたピースワンコジャパンの
一件が、本日(10日)発売の「週刊新潮」で取り上げられた。


新潮の記事に関するPWJの反論はこちら。
http://peace-wanko.jp/news/252


記事と反論はお読みいただくとして、この問題、
犬の去勢避妊をしない保護団体に犬を引き渡している
広島県の問題でもあるのではなかろうか。

記事の中で、大西純子代表の発言(一部抜粋)。

「ペットショップだって不妊・去勢の判断は飼い主に
委ねていますよね。ペットショップの犬だって、
保護犬だって、同じ犬じゃないですか。いったいなにが
違うって言うんです?・・(後略)・・」

動物保護団体は個人飼い主でもペットショップでもない。

行政や、そこから犬や猫を引き出している愛護団体は
その犬や猫たちに対する公的な「責任」を持つと考える。
「責任」とは、殺処分される不幸な動物を減らすため、
社会の模範となって余剰動物を削減、
つまり、不妊去勢を施すことである。

母体のピースウィンズジャパンは名のあるNGOであり、
おそらく代表とその夫人は愛犬家で、
災害救助犬の育成を機に、
長年やりたかった殺処分問題に取り組んだのかもしれない。
「ふるさと納税」制度を活用するというのは、斬新なアイディアに
思えた。
しかし、「殺処分ゼロ」を目先の目標に掲げて取り組んだのは
無謀ではなかったか・・。
犬の殺処分最多の広島県。しかも、その多くは野犬である。
殺処分ゼロを目標に掲げるにせよ、そのためには、何よりも
行政努力と協力団体の地道な活動の積み重ねが必須となる。

(行政努力とは、飼い主による犬猫の不妊去勢を含めた
適切な終生飼養の啓発や畜犬登録などの強化である。
新潟県のように、不妊去勢を努力義務として
条例化している自治体もある)

いきなり異分野のNGOが動物愛護界に参入し、十分な準備も
現場経験や勉強も無いまま、「殺処分ゼロ」の達成のみに奔走する。
拙速であり、無理が生まれないわけがない。

現状のまま、いつまで収容1000頭を超えるシェルターを
維持継続できるのだろうか。
東京や神奈川、そしてこれから、岡山にもシェルターを作るとのこと。
岡山県には、県と連携してコツコツと譲渡を進めている団体がある。
そうした団体やボランティアにとってはハタ迷惑な話だと思う。

広島県は現状、避妊去勢をしないPWJへの
犬の引き渡しを中止すべきである。
この規模で、譲渡先で施術されたかどうかなどを
フォローするのは難しい。

また、芸能人、著名人は安易なマスコミ報道に流されて
精査せずに寄付やPRをすべきではない。
新潮の記事中、杉本彩さんが述べているように、
「世論をミスリードしてしまう」。
TV番組やネット記事なども、「殺処分ゼロ」を謳い文句に、
いい加減な取り上げ方が多いのは言うまでもないが、

5/13追記
今後、懸念されるのは、ピースワンコに倣って、
不妊去勢を施さない保護団体が増えたり、広島県が行ったような、
団体への譲渡条件の緩和が他の自治体にも波及することである。


(m)


関連記事

テーマ:動物保護 - ジャンル:福祉・ボランティア

  1. 2017/05/10(水) 23:02:03|
  2. 犬・猫などペット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
次のページ

プロフィール

動物との共生フォーラム

Author:動物との共生フォーラム
東京都


すべての命に人道的な配慮を。


★リンクフリーです。転載はご自由に。

雪が3Dで降るブログパーツ ver2

マウスで見る方向変えられます

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ

大震災 動物関連 (124)
動物愛護管理法 (70)
民主党【犬猫等の殺処分を禁止する議員連盟】関連 (5)
ゾウのはな子 (22)
野生動物 クマ (49)
秋田・クマ牧場 (34)
ゾウ (12)
野生動物 その他 (30)
動物園 (29)
犬・猫などペット (22)
動物行政 (31)
地域猫 (21)
官民協働 (19)
動物関連ニュース (37)
政治・時事 (48)
映画・TV (13)
エッセー (32)
Book Review (8)
オススメ! (1)
イベント案内 (21)
杉並&近隣情報 (10)
自然・環境 (11)
植物・園芸 (7)
未分類 (2)

最新記事

最新コメント

旬の花時計 V2

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR