スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「動物愛護団体」と寄付

動物との共生フォーラムの「殺処分を減らすために」の記事で、
寄付をするなら、信頼できる団体に…
と書いてしまい、困っています。

私自身は、地域で、細々マイペースで猫のTNRや里親探しを行い、
その流れで杉並どうぶつ相談員をしておりますが、
犬猫の保護団体の活動経験や知識があまり無くて、
この団体なら大丈夫、信頼できますよ、とは言えないからです。

昨年、一念発起して、状況はどうなっているのかと、
セミナーに参加したり、民主党の勉強会も傍聴させていただきましたが、
長らく活動されている方々から、たびたび耳にしたのは、
「愛護団体による劣悪飼育」
犬や猫を保護、引き取って飼育、譲渡している団体が、動物の世話もしないで、
放置している、販売に近い状態で譲渡している…
ドッグパークの飼育崩壊に際してレスキューに入った団体が募った寄付金の使途を
めぐり、裁判になった…
このような事例を受け、現在、検討されている動物愛護管理法改正において、
「動物愛護団体」を動物取扱業に入れて登録、規制する旨、論議されています。

一体、いま、日本にいくつの保護団体が存在するのでしょう
その中には、真摯に活動をされている団体も多いはず…
けれど、それらを、どのように見分けたらいいのでしょうか。
ホームページが立派だから?
財務報告がしっかりしているから?
NPOだから?

いずれも判断の材料にはならないと思うのですが・・

先日、BSフジの「プライムニュース」で、一般的な寄付について、
元ヤクルト監督の古田敦也氏が、
「やはり、その団体の活動を実際に見て、人を知ることが大切では…」
と、発言されていましたが、
たとえば、シェルターを見学し、飼育状況などを確認し、スタッフと話したり…
となると、遠方では出向くのが大変ですね。

私は、地域の互助会的に、小銭を寄付している程度ですが、
いずれにせよ、ウエブサイトやTV報道を見て、わ~ッと寄付する前に、ちょっと待て!
オレオレ詐欺が示しているように、
どうも私たちは、自分で思っているより、はるかに騙されやすいようです。

杉並区では、区が基金を設けて、そこに寄付をしてもらい、寄付者の希望に添ったNPOに分配していますが、
例えば、自治体が「動物保護基金」のような受け皿を設けて、管理センターの殺処分削減につなげるような仕組み
があれば、市民も寄付がしやすくなるのではないでしょうか。

aru400
ご隠居犬アル

寄付といえば…
飯田基晴監督の映画「犬と猫と人間と」の製作を依頼した、稲葉恵子さん。
見ず知らずの飯田監督に、1千万円に近い製作費を出すとのことで、
すっかりめんくらった監督は、
『もし動物のためにお金を使いたいというなら、映画製作よりも動物愛護の団体とかに
寄付するほうが、確実で有効じゃないですか?』
稲葉さんの答えは、『あたしも以前はかかわっていた団体もあったけれど、信用できない
ところもあるから』 (飯田基晴著「犬と猫と人間と」より)

日本でも、遺産を動物団体に寄付するという話はたまに聞くけれど、
稲葉さんのように、映画を作って欲しい……つまり、世の中の人に伝えて欲しいという
依頼は新鮮に感じました。
おそらく、監督の作品を見て、「この人なら…」と見込んだのでしょう。
『あたし、勘はいいほうですからね』とはご本人の弁。
たいへん残念なことに、稲葉さんはガンを患っておられ、映画の完成を待たずに逝去されましたが、
彼女の思いは、監督の気持ちのこもった映像となって、今も各地で自主上映が続いています。
日本の動物たちの今を知るには必見の映画です。著書には、完成にいたるまでの紆余曲折がつづられています。
ぜひごらん下さい。  (m)

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

動物との共生フォーラム

Author:動物との共生フォーラム
東京都


すべての命に人道的な配慮を。


★リンクフリーです。転載はご自由に。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
旬の花時計 V2
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。