~天国に旅立ったノルン~

8月初旬、20数年来の旧い友人から、
愛犬ノルンの死を報せるメールをいただきました。
16歳5ケ月。大きな犬だったので、人間なら百歳くらい・・

認知症になり、夫婦で介護されていた話を
うかがっていたので、私も気になっていたところでした。

******************************

「我が家の老犬ノルンが旅立ちました・・(中略)
 夜中に起きておむつを変えたり、注射器で水を
飲ませたり、親身に世話をしていた夫(私は助手)は
とても落ち込みました」

5.jpg


「この一年、2階のベッドに行かず、ケージの横に布団を
敷いて、二人と一匹は川の字で寝ていました。
認知症が進み、この二年ほど、シッポもふらず、
感情表現もありません。
それでも夜中にふと見ると、ぽかっと目を開けて、
こちらをじーっと見ていました。
ハアハア騒ぐ時も、後ろ脚をそっとなで続けてやると、
安心するのか眠りました。
少しは頼りにしてくれていたのかなと嬉しくなったものです。
お馬鹿でしたが、可愛いヤツでした」

2.jpg
 大学の休みに息子さんが連れてかえってきたシマリスをながめるノルン


「生活を共にした小さい仲間の不在は、結構辛いものですね。
ペットロスというものが本当にあるのだ、と知りました」

*****************************

ノルンは十数年前、管理センターで、まさに命を絶たれようとしていた時、
彼女の息子さんが引きとりました。
それから、天国に召されるまで、幸福な一生をまっとうすることができました。
ノルンは、幸運な犬です。
息子さんは、その後、獣医師になられました。

photo2_12ノルン

獣医療や飼い方の進歩により、犬や猫の寿命は飛躍的に伸びました。
同時に、高齢のペットの介護に係わる問題も表出しています。
老犬、老猫ホームがビジネスとなり、
世話をいやがり、動物管理センターに持ち込む飼い主も後を絶ちません。

それでも、多くの飼い主さんが、最期まで親身に世話をされています。
長い年月(あっという間の月日!)、たくさんの喜びや楽しみ、癒しをくれた
大切な家族への恩返し。

今日(30日)明日(31)、環境省の「動物愛護管理のあり方検討小委員会」では、
「犬猫の収容施設」や「処分方法に」「引取り」に関する
議論がおこなわれます。

「生まれてきたよかった」と感じられる「命」がもっと、もっと増えますように・・

「殺処分の減少」のために、法改正によらずとも、
私たちにも、不幸な命を救う手段はたくさんあります。
ご一読いただければ幸いです。
     ↓         
「殺処分を減らすために」

(m)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

動物との共生フォーラム

Author:動物との共生フォーラム
東京都


すべての命に人道的な配慮を。


★リンクフリーです。転載はご自由に。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
旬の花時計 V2
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR