スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~井の頭公園から、ゾウのはな子が消えた!?~

連休の9月25日、井の頭公園・西園で開催された
国際交流フェスティバルに出かけ、ふと気がついたのですが、
井の頭線、吉祥寺駅・公園口の階段にある井の頭自然文化園の
広告に、ゾウのはな子の写真がありません。
代わりに、リスやシカの写真・・
井の頭公園といえば、はな子さん・・。一番の人気者のはずが・・

さらに奇妙なことに、フェスティバルの会場で、
動物園のスタッフもブースを設けて、
園の動物の絵葉書を並べ、子供向けにクイズをしていましたが、
ここにも、はな子さんの姿は見当たらず・・

井の頭公園から、はな子さんがいなくなってしまった・・!?

なにやら不自然さを感じ、
はな子通の方にたずねてみました。

「はな子は、今までどおり園にいます。元気にしています」
とのこと。ホッとしました。

はな子には、全国におおぜいのファンがいます。
今年4月、とつぜん、間接飼育となり、
はな子と飼育担当者との直接的なふれあいがなくなって、
老ゾウ、はな子のストレスやさびしさがつのり、
それを間近に見ていて心配したサポーターや市民から、
多くの批判や疑問、元の飼育法にもどすことを懇願する
声が園に届いたようです。

はな子が、井の頭公園の広告から消えたのは、
ちょうど、そのころ・・
はな子の姿を世間に出して、人々を刺激し、飼育方針の変更を
問題視されたくない園側の方針・・?

しかし、あまりにも、唐突に、はな子の姿が町から消えてしまうと、
はな子が、人々の心から忘れ去られてしまうようでさびしいし、
若い世代には、「はな子」の存在を知ってもらいたいし、
そして、なによりも、64年間も、がんばって生きて、
井の頭の動物園を支えてきた、はな子に対して申しわけないと思えるのです。

間接飼育になってから、半年。はな子は、この試練も乗り越え、
飼育担当の方々が、準間接飼育の範囲内で、できる限り、
はな子の心と身体を気づかって、世話をしてくださるおかげで、
気持ちの落ち着きをとりもどしたようです。

TKY201108220338はな子水浴び
複数の飼育担当者にホースの水で体を洗ってもらう、はな子。こればかりは、直接。  asahi.com
               
はな子のおやつタイムは11時に1回、2時に1回。
11時までに行くと、水浴びタイムが見られることも・・!

2時からは、モート前の柵の中に設置された台から、
飼育担当者が、ターゲットトレーニングしながらフルーツを
放り込むという方法に変わりました。

安全対策用の柵が(運動場にも寝部屋にも)
新たに増えていますが、
寝部屋に、質問BOXとボードが設置され、
サポーターや市民の声が反映されるようにもなりました。

一日でも、長く、気持ちよく、生きつづけて欲しい、はな子さん。
それは誰だって、
飼育担当者も、園のスタッフも、ファンも、市民も
共通した思いのはず・・。

来年1月には、65歳のお誕生日を迎える、はな子さん。

秋の一日、ピクニックがてら、はな子さんに会いに
いってみませんか?

はなこのてぬぐい

(m)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 東京23区
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

動物との共生フォーラム

Author:動物との共生フォーラム
東京都


すべての命に人道的な配慮を。


★リンクフリーです。転載はご自由に。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
旬の花時計 V2
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。