「TPP交渉参加」から「参加に向けて協議に入る」へ~どう違うの?~

昨夜、野田首相が、TPPへの参加をめぐる一日遅れの記者会見で、
「TPP参加に向けて関係国との協議に入ることにします」と発言。

つまり、参加すると決めたわけではなく、
「事前協議に参加する」ということらしい。

しかし、意味がよく分からない。言葉のアヤ?
乗り遅れ、置いていかれるのはまずいので、
とりあえず、切符を買い、乗車させていただいて情報収集に努め、
日本が不利益をこうむるようなら、途中下車します・・ということでしょうか。

「ほっとしました・・」と、反対派の親分、山田前農水大臣。
(宮崎県で口蹄疫が発生した際に、安楽死と偽って、
消毒薬で牛を悶死させた責任者)
この人は、TPPに関して、拳を振り上げすぎて、下ろせなくなり、
離党も取りざたされて、内心、困っていたのでしょう。

とにかく、情報が無さ過ぎて、疑心暗鬼がつのる。
政治家も、記者も、TPPに関する具体的な情報を持ち合わせないまま、
騒ぎたてているように見える。
もちろん、国民にも、何も見えてこない・・

農協のトップが、野田首相の記者会見を聞いて怒っていたけれど、
一方で、海外に「ひとめぼれ」を輸出し、攻めている農家の方いわく、
「困った、困ったでは先に進まない。変わらなければ、日本の農業はつぶれる」

中途半端に農家を守り、改革を避け続けてきたのは自民党です。
民主党も同じ道を歩むのでしょうか。

消費税の論議も待ったなし。
またまた、小沢派議員たちがお出ましになり、増税反対のノロシをあげるでしょう。
増税を歓迎する国民なんていない。
でも、国民の方が政治家よりは分かっている。
この国の、一千兆円もの借金をどう返していくのか・・
ギリシャは決して他人事ではないのです・・

大体これほどの借金を国民に背負わせたのは、官僚やら、政治家やら、
おねだりをする業界団体でしょう・・
でも、政治家を選ぶのは国民だから、結局ツケが回って来る・・(溜息)

借金大国・日本の行く末を、虎視眈々と見ているのは中国です。
尖閣あたりにちょっかいを出したりして・・
そのうち、中国に朝貢におもむく日が来るのかも・・?

(m)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

動物との共生フォーラム

Author:動物との共生フォーラム
東京都


すべての命に人道的な配慮を。


★リンクフリーです。転載はご自由に。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
旬の花時計 V2
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR