【原発警戒区域 動物救援】~コジマの支援と日本動物愛護協会~

先日まで、カンちがいをしておりまして、
福島県三春町には、福島県動物救護本部のシェルターと
どうぶつ救援本部のシェルターの二つがあるのですね。
同じ町なので、一つだと思い込んでいたのですが、
外観や内部の写真を見て??
オープンの時期もちがっていました。

どうぶつ救援本部直轄のシェルターは、先般、NHKの「ゆうどきネットワーク」で
紹介されていましたが、動物愛護協会のYさんが詰めておられ、
スタッフ3名とボランティアで世話をされているとのことでしたが、
内部の様子は「どうぶつ救援本部」のHPから見られます。

福島県動物救護本部の第1シェルターに比べれば、環境はずっと良さそう
ですが、ケージには慣れてきたものの、団体生活で、犬、猫のストレスは
限界に近いとのことでした。
確かに、ケージの中の犬はキュークツそう・・
飼い主探しをされていますが、原発事故からすでに8ケ月を経過、
一時預かり先なり、里親探しはされているのでしょうか。

同じ三春町にある福島県動物救護本部の第2シェルターはペットのコジマの支援で
10月に開設。写真で見ると、恒久的に使えそうな立派な施設です。
             
http://pets-kojima.com/activity/news28.html

コジマの小島章義代表取締役会長によれば、東日本ペット緊急救援チームを立ち上げ、
コジマとして、社名は出さず、石巻動物救護センターや、
ビックパレットなどの避難所、福島県動物救護本部のボランティア支援や、
保護動物の預かりなどを続けてきたが、
「未だ進展のない「人とペット」の問題を抱えている現地での様子をご覧いただきたく」
ホームページを立ち上げたとのことです。
          
http://pets-kojima.com/activity/news01.html

率直に、コジマの支援自体は大変ありがたいことです。
ただ、そのHPには、
「現在の活動状況につきましては日本動物愛護協会のホームページよりご覧いただけます」
とリンクが貼られ、「どうぶつ救援本部」の構成団体名が列記されています。
あたかも、連携?一体化?している印象を受けるのですが・・

現在、「動物愛護管理法の改正」をめぐって、環境省の検討委員会で論議がつづいています。
大きな争点のひとつは、「動物取扱業の適正化」。
日本動物愛護協会は委員を出していませんが、
「どうぶつ救援本部」の他団体は、それぞれ委員が選任されています。

日本の「動物愛護」において、「癒着」は、かねてより本質的、かつ構造的な問題です。
動物取扱業と政治家、動物団体、官僚と、その天下り先である業界団体や、
動物愛護協会、愛玩動物協会などとの関係、
そして、動物愛護にかかわる国会議員と業界団体代表(検討委員会の委員)とのコネクション・・
さらには、国会議員と動物愛護団体代表との関係・・
そして、さらには・・

形はどうであれ、そこには金銭の授受がからむ場合も・・。

検討委員会のヒアリングでは、議員からの推挙なのか、
首をかしげるような人選もありました。
ある会合では、関西の議員が声高に、「どうぶつ救援本部」の寄付金配布先について、
ある団体の名前をあげ、要求もどきの発言をされていました。

議員は、いわば、やじろべいのようなもので、相反する、
あっちからの陳情、こっちからの要望や請願を、その時と場合に応じて、上手く
さばいて割り振りする・・(これが、出来るようになれば一人前?)

私たち一般国民からすれば、唖然としてしまうような、複雑な「愛護」のつながり・・
しかし、それでも、パブコメで意見を寄せるなどして、
肝心の動物たちに、なるべくシワ寄せがいかないよう、法律の改正を地道に訴えていかなければ・・
怒りを、憤りに変えて、ねばり強く・・

「動物取扱業の適正化」については、
「8週齢規制」「繁殖制限」「飼養施設」・・
動物取扱業が神経をとがらせている、この重要項目3つが、どの程度改正できるかが焦点です。
注目していきましょう。

(m)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 動物愛護
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

動物との共生フォーラム

Author:動物との共生フォーラム
東京都


すべての命に人道的な配慮を。


★リンクフリーです。転載はご自由に。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
旬の花時計 V2
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR