スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

杉並どうぶつ相談員ダイアリー「平成23年度 第4回連絡会」

11月30日(水)14:00~

杉並保健所に於いて、杉並どうぶつ相談員「平成23年度 第4回連絡会」が開かれました。

会議の合間にみえ、挨拶されたM課長、お忙しそうです。
今年一年かけて、杉並区は、各分野の区民参加により、新たな基本構想の答申案をまとめました。
(現在、パブコメ中)
その関連で、ある区議さんが、「ペットは?」と質されたそうです。
残念ながら、ペットの問題(人と動物との共生)は基本構想には記されていませんが、
数年前に比べ、猫の路上死やペットの収容頭数は確実に減ってきており、
すぐに結果が出るものではないが、地道に続けることが大切とのお話でした。
相変わらず、対応のむずかしい苦情も寄せられているようです。

今年度、実質的に歩み出せた「杉並どうぶつ相談員」の継続を何卒よろしくお願いいたします。

【保健所生活衛生課からの連絡事項】

1.平成23年度 杉並区総合震災訓練の報告

 11月20日(日) 10時30分~ 荻窪(桃井原っぱ公園)
  獣医師による、負傷動物の救護訓練  どうぶつ相談員数名も飼い犬と共に参加しました。

(相談員から)
  ・来年の訓練に、獣医師→救護、相談員→避難のためのしつけのように役割分担して
   相談員も参加できないか?獣医師との連携も必要では? 

(保健所から)
  ・防災計画上は同行避難となっているが、現実に区の人口などを考えると避難所は満杯になる
   のではないか・・。ペットの受け入れの権限は学校長にある。
   ペットは、校庭などにテントを張って収容することになるが、そのスペースも確保できるかどうか・・
   なので、計画の修正、検討が必要。
  負傷動物を優先し、自宅が使用できれば自宅に動物を置き、飼い主が世話をするのが望ましい。
 
 ・犬の登録・狂犬病予防注射は受け入れの条件。

2.「飼い主のいない猫を増やさない活動支援事業」について
  
  前期分は10/31で終了、後期分は1/31までに終了のこと。

3、平成23年度「犬の飼い方教室」の開催について
   1月下旬に開催予定。

☆地域区民センターまつり参加について(自主活動)

  阿佐ヶ谷(2月) 参加申し込み済み(連絡待ち)

  西荻窪(3月) 参加内定

  両会場とも、参加が可能な場合、説明会で会場を見てみないと、
  イベントの内容やレイアウトを決められないので、説明会の日時がわかり次第、
  相談員に後日連絡。
  永福・和泉のように大掛かりなものは難しいかもしれないが、
  「犬猫の飼養相談」は出来るようお願いしている。

☆その他

  前回の連絡会で報告のあったトラバサミの事件と、死んだタヌキの件の続報は?

(保健所より)
  その後、情報はない。タヌキの件は、毒団子とは確定されていない。

 その他、情報、意見などを交換しました。

職員&相談員の皆さま、おつかれさまでした!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(m)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 動物愛護
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

動物との共生フォーラム

Author:動物との共生フォーラム
東京都


すべての命に人道的な配慮を。


★リンクフリーです。転載はご自由に。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
旬の花時計 V2
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。