混沌へ 中国 広東省・鳥坎(ウーカン)で暴動 当局は村を封鎖

北朝鮮のキム・ジョンイル総書記が急死。

隣国の中国では、暴動が多発。先週、広東省の小さな漁村・鳥坎(ウーカン)
で住民の暴動が激化、共産党幹部や警察隊を村から追い出し、
村へ通じる道路を封鎖。
当局は、水や食料の配給を断ち切って兵糧攻めをする事態となっています。

暴動の発端は、共産党の地方幹部による共有地の無断収用・売却に対する抗議活動。
9月に始まった活動が先週になって激化。
当局と交渉にあたっていた村民の代表者が拘束され、
その後、死亡したことが原因で、拷問死と見られています。

webworld071211ウーカン   Reuters
拷問死とみられる村民の死を悼む人々

土地開発にからんで、共産党の地方幹部が利益を得ていたことも
問題の根底にあるとのこと。

中国の暴動の高まりに影響を及ぼす可能性のある今回の事件、
米New York Times紙は一面トップ、英国BBCも大きく報じていますが、
日本ではあまり報道されていないようです。
中国政府への配慮なのか、単に取材力の問題なのか・・

当局はすでに、ネットによる情報拡散をシャットアウトし、
ルーカンに関する情報はすべて消去されています。
ネットの使用自体を禁止にしたいのが政府の本音ですが、
すでに手遅れで、そのような措置をとれば、
民衆は激怒し、革命に発展する可能性も危惧され、
情報消去に追われています。
ネットユーザーも隠語や暗号で情報を拡散、まさにイタチごっこの状況ですが、
政府は新たに、ユーザーに対し、本名と経歴の登録を
義務付けるようです。

今年、ネットの影響で大きく変わった世界・・
それが後戻りすることは最早ないでしょう。
来年は、東アジアとロシア、とりわけ、中国に注目です。

加油!加油! 鳥坎村民、中国人民。

不当な弾圧および拷問により、命を奪われたロシア、中国のジャーナリスト、人権活動家、
犠牲となった市民に、心より哀悼の意を表します。

(m)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

動物との共生フォーラム

Author:動物との共生フォーラム
東京都


すべての命に人道的な配慮を。


★リンクフリーです。転載はご自由に。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
旬の花時計 V2
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR