スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~真冬のぬくもり ホスピタルコンサート~

昨日は、東京湾岸エリアにある病院へ検診に行きました。
最高気温は5℃。
厳冬地に比べたら暖かいのでしょうが、
冷たい風が肌に沁みます・・

2階の外来に上がり、ソファで順番を待っていると、
突然、美しいピアノの調べが階下のホールから・・!
ぼーっと座っていた私はハッとなり、耳をすませました。
哀愁をおびた、やさしいメロディーが、病院中にあふれます・・
なんだか懐かしいような曲・・よく聴いたことがある・・
ひとり、又、ひとり、と順番待ちの人たちが音楽に気づきます。

この病院は1階と2階が吹き抜けになっていて、
天井はガラスばり。陽の光がさんさんと降りそそいでいます。
手すりまで行って、階下のホールをのぞくと、
中年の女性が背すじをまっすぐにグランドピアノを弾いていました。

なんていう曲だっけ・・?
気になったので、下に降りてみました。
いつのまにか、ピアノの周りに人垣ができています。
点滴している患者さん、車椅子の患者さん、家族の人たち、
外来の患者さん・・

「すみません、この曲なんでしたっけ?」
小声で、近くにいた病院のスタッフにたずねてみました。
「えーと・・えーと・・確か、アラン・ドロンの・・」
「?・・」
しばらくしてようやく思い出せました。
「太陽がいっぱい」のテーマ曲。

いただいたチラシによれば、
ピアニストは石井英子(ひでこ)さんという方・・
武蔵野音大ピアノ科を卒業され、音大生や卒業生の演奏指導にあたるかたわら、
「求められる所で、求められる音楽を・・」と、
首都圏を中心にいくつもの病院でミニコンサートを開いていらっしゃるそうです。
華美なコスチュームではなく、カジュアルな服装で・・

レパートリーはクラシックからポップス、童謡・・

私が検診を受けている病院はガン専門の病院です。
緩和病棟もそなえています。
私はガンではありませんが、いつなるとも分かりません・・
音楽に耳をかたむけていた患者さんはそれぞれ、
どのような思いを抱かれていたのでしょうか・・

音楽は私たちの心の奥深くにしみわたり、
時に、さまざまな感慨を呼び覚ましてくれます。
懐かしさ、愛しさ、切なさ・・

音楽は心の特効薬・・。

ホスピタルコンサート。とても素敵な活動だと思いました。

wp-hana14s水仙

(m)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 今日のつぶやき
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

動物との共生フォーラム

Author:動物との共生フォーラム
東京都


すべての命に人道的な配慮を。


★リンクフリーです。転載はご自由に。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
旬の花時計 V2
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。