スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【原発警戒区域 動物救援】~最初で最後の晩餐~

2012年2月。福島県の原発警戒区域に残されている犬や猫の

給餌、保護活動に通われている方のブログより転載いたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
http://ameblo.jp/kuri-koyagi/entry-11150623317.html

最初で最後の晩餐


レスキューの帰り道、国道6号の小六郎あたり。

田んぼの中、離れ牛を囲い込む柵(さく)が取り付けられていた。

餌でおびき寄せて、中に入った牛は出られなくなり

そのまま殺処分するのだという。

防護服を着た人が柵の中で

「おいでおいで」と袋の中の飼料を見せ、牛をおびき寄せる。


今日はたくさんの牛が柵の中にいる。

何も食べるものが無くなったこの零下の中、

1年近くぶりの美味しいご飯に、牛たちは無条件で集まって来る。


その柵に入る為の、牛たちの列の中、

原発事故後産まれた子牛が、お母さん牛と一緒に数頭並んでいた。

はじめて食べるちゃんとしたご飯が、

自分の命と引き換えだなんて、知るはずも無い。
お母さん牛にちょこんと寄り添う、子牛たちのあどけなさ。

何だか、うきうきした気分で美味しいご飯を待つ。


今夜、もう天国に行ってしまっただろうか。


                                               
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以下、「第22回動物愛護管理のあり方検討小委員会」の議事録より抜粋。

永村武美委員「私が申し上げたかったのは、例えば豚とか牛とか、

いわゆる同行避難にはとてもなじまない大きな家畜がたくさんいるわけですね。

こういう家畜については、およそ近い将来、

救済できないという判断がその場でできれば、

直ちに安楽死として銃殺を是非させてほしい。

保定をして毒物で殺すなんていうのは、大変な労力と時間がかかるわけですから、

ペットでも、とても今、人間と同行避難ができないというときは、

何らかの特殊な人に銃を持たせて、どんどんどんどん銃殺をしていくと、安楽死という意味で」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
永村委員の過激な発言、
銃殺はともあれ、
同行避難できない家畜の安楽死をうながす趣旨です。
(人道的な感覚は感じられませんが・・)

口蹄疫の時もそうでしたが、実際には、消毒薬による殺処分が行われており、
家畜を苦しめ、死にいたらしめているので、
とくに、マスコミは「安楽死」という言葉を使うべきではありません。

永村委員は、農水省の畜産部長から、ジャパンケネルクラブの理事長に天下っており、
畜産業の裏側を知りぬいている人物です。

(m)
http://home.r07.itscom.net/miyazaki/anastasia/index.html#aiken

この「理事長 永村武美 」で思い出したことがある。この人は農林省(当時)に入省以来、畜産畑を一筋に歩んだ。2001年、初代の畜産部長に就任したものの、「国内では絶対発生しない」と公言した直後、BSE(牛海綿状脳症)牛が国内で発生したために、2002年1月に事実上の引責辞任をした。

さらに、そのBSE対策で実施した国産牛肉買い上げ事業をめぐる偽装牛肉事件で、全国同和食肉事業協同組合連合会(全同食)が4億2000万円の補助金を不正に受給したなど計約50億4000万円の助成金を不正に得て詐欺と補助金適正化法違反、証拠隠滅教唆の罪に問われた大阪府羽曳野市の大手食肉卸「ハンナン」元会長の浅田満被告(66)=2005年5月27日、大阪地裁で懲役7年(求刑懲役12年)の判決=との関係でも名前があがった人物だ。

いつの間にか牛から犬に乗り換え、出身の農林水産省所管の団体「ジャパンケネルクラブ」に理事長として天下っていた。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 動物愛護
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

銃殺だなんて、怖い話です。
なんで牛が責任をとらないといけないんだろ。
記事を紹介させてください。
よろしくお願いいたします。

No title

そらまめさん

政府に、牛を生かそうとする姿勢が見えませんね。

転載、ありがとうございます。

あらま・・・

転載させていただきますね。

No title

夜空さま

ありがとうございます。

No title

辛い、そしてひどい話ですね。
転載させて下さい。

No title

ひろさま

転載お知らせ、ありがとうございました。

銃殺発言は過激ですが、重要なのは、牛が毒殺されていることを、永村委員が指摘していることです。

バカ

本当にバカばかり。
お前がまず安楽死と言われてるやり方で死んでみな。したら動物の気持ちがよくわかる。
考えようとしないからわかろうとしないから、簡単にこんな事言える。
動物は人間のおもちゃでもないし、奴隷でもない。
ちゃんと産まれてきて命を授かった。
自分のものみたいな言い方すんじゃね!!
あー本当にむかつく!!!すみません、口が悪くなりました…失礼しました。

No title

本当にひどい話です。
FBにシェアさせていただきました。

No title

ノエルさま

シェアありがとうございます。

No title

FBとツイでシェアさせていただきました。
 事後承諾でごめんなさい。

No title

pannkoさま

シェアありがとうございます!

囲われた牛が餌も与えられずに餓死させられているとの
現地情報があります。農水省や福島県への抗議・要望もよろしくお願いいたします。
プロフィール

動物との共生フォーラム

Author:動物との共生フォーラム
東京都


すべての命に人道的な配慮を。


★リンクフリーです。転載はご自由に。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
旬の花時計 V2
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。