【原発警戒区域 動物救援】ペットを保護して!「原発事故被害ペット飼い主の会」

警戒区域のペット保護して!=飼い主ら、政府に要望

http://www.jiji.com/jc/zc?k=201202/2012020900635&g=soc

(以下、時事ドットコムより転載)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 東京電力福島第1原発から20キロ圏内の警戒区域に、
ペットを残したまま避難した人たちでつくる市民団体「原発事故被害ペット飼い主の会
(佐藤晴美代表)は9日、早期保護を求める要望書を政府に提出した。

 警戒区域に残るペットに関しては、12月7~27日に
 初めて民間団体の立ち入りが許可され、 約330頭が保護された。
 しかし、立ち入り時間が1日5時間以内と制限されていることや、
 人間を警戒して近寄らなくなったペットがいることから、保護活動は難航。
 今も犬や猫など数百匹が取り残されているとみられる。

 政府は現在、環境省が主体となって警戒区域内の現状把握を行っており、
 今月末にもペット保護に関する検討会が発足する予定だが、
 今後の民間団体の立ち入りについては「全く白紙の状態」(同省)という。(2012/02/09-16:18)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「原発事故被害ペット飼い主の会」(昨年末に結成)は、
福島県内、県外に散らばっている飼い主さんの参加を呼びかけています。
           ↓
genpatupetkainusikai@gmail.com

~会の目的と趣旨~

①原発事故によって、残してきてしまったペットの為に、
飼い主自ら給餌給水や救出活動を目的とした立ち入り許可を認めて
貰えるよう国や行政に要請をどんどんとして行く。

②同じ境遇で苦しんでいる飼い主達での
苦しみの軽減を目的とした心のケア。

t02200146_0450029911468861282アニマルエイド猫

********************************************

なんといっても、飼い主さんの声が一番強いんです!
会を結成されるまで、たいへんご苦労もあったと思いますが、
飼い主さんも原発事故の被害者であり、
そのペットたちも、被害者なのですから、
政府や東電に対して、どんどん声を上げ、頑張っていただきたいです。

県や民間のシェルターはどこも、保護されたペットで満杯です。
ペットたちのストレスも限界・・
飼い主さんが会いに来てくれたら、こんなに嬉しいことはありません!
どうか名乗りでて、出来れば会いにいってあげて下さい。
今は飼えない状況でも・・会いにいくだけでも・・

環境省は、警戒区域に住民が一時立ち入りする際、
これまで原則禁止にしていた犬や猫の持ち出しを、
1月29日から予定されている、3巡目の一時立ち入りから認めると発表しました。

自家用車で立ち入り、自ら捕獲や移送、今後の飼育ができることが条件だそうです。
他人のペットや死骸の持ち出しは認めないとのこと。

現在、飼育不可の仮設にお住まいの方もいるでしょうし、
また、自分は行けないが、代わりに保護して来てもらいたいという方もいるでしょうに、
この段階までペットの持ち出しを認めなかったことといい、
本当に無慈悲としか言いようがありません。

********************************************

新装開店お庭にようこそ」さんからお願いです。

被災者のみなさまにお願いです  

一時帰宅第三巡目がはじまりました。
今回から、ペットの連れ出しが可能になりました。

ペットを飼っていてまだ見つかっていない方々は、
一時帰宅や公益を利用してたくさんのフードをご自宅に置いてきたりなさっています。
ですが、ペットたちはすでにあちこちに移動している場合が多いのです。
ボランティアさん達も頑張って配餌してくださってはいますが充分ではありません。

もしかしたら皆さんのお宅の物置の片隅で、誰かのペットたちが頑張っているかもしれません。

ご飯さえあれば、まだまだ生きられるのです。
この冬を越せば、春なんです。
立ち入り条件の見直しも行われることでしょう。
助かる命があるのです。

小さなドライフードひと袋でもいいです。どうか立ち入りの際に、置いて来てはいただけませんか?
それで、ひと月生きられるコもいます。

◆よろしければ、ツィッター等で広めてください。

【拡散希望】一時帰宅の方々へお願い!
残されたペット達の為にフードを置いて来ていただけませんか?
警戒区域で生き延びる命がまだいます。フードさえあれば! 
飼い主ではない方もどうかお願いします。
小さな力でもたくさんになれば命を支えることが出来ます! #pet #福島原発 #311pet

どうかよろしくお願いします!

**********************************************
明日、2月10日(土)、11日(日)、阿佐谷地域区民センター(JR阿佐ヶ谷駅徒歩2分)のおまつりで、
杉並どうぶつ相談員による「犬と猫の飼い方相談会」が開かれます。 (10時~16時 1Fロビー)

当日は、「被災保護動物リスト集 福島版」を準備し、被災ペット探しのお手伝いをいたします。
ペットを探している方、探している方を知っている方、どうぞお越しください。

20110403_745379はなちゃん  隣家の方に保護された、はなちゃん

(m)

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 動物愛護
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは。

転載させてくださいませ。

No title

夜空さま

ありがとうございます。

転載のご連絡は不要ですので、
よろしくどうぞ。



No title

こんにちは~ごくろうさまです。
記事掲載ありがとうございます。
どんどん、保護への関心が薄まっているのを感じます。
環境省もそんなペースでどうするの?って言いたくなるし。
まだ頑張ってる命、なんとかしたいですよね。

はなちゃん、なにかおねだりかな?(笑)

No title

わかにゃんさま

コメントありがとうございます。
週末の飼養相談会、残念ながら飼い主につながる情報は得られませんでしたが、引き続き努力します。
どうぶつ相談員も、ブースにいらした方も、「リスト集」に
掲載されているペットの数にびっくり!・・同時に、わかにゃんさんたちのご尽力に感嘆しきりでした。
プロフィール

動物との共生フォーラム

Author:動物との共生フォーラム
東京都


すべての命に人道的な配慮を。


★リンクフリーです。転載はご自由に。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
旬の花時計 V2
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR