スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【原発警戒区域 動物救援】「さくら」~伝えていきましょう、残された動物たちのこと~

昨年の大震災直後から、被災地で救護活動を開始した馬場獣医師。
先生のことは、1991年、湾岸戦争の際の水鳥救出をはじめ、
「野生動物ボランティアセンター」を立ち上げるなど、TVなどで、
ときどき報道されていました。

すでにお読みになった方もたくさんいらっしゃると思います。

馬場先生が出版された「さくら」~原発被災地に残された犬たち~
(馬場国敏・作 江頭路子・絵  金の星社)

sakura.jpg

まだ多くの動物が原発警戒区域に残されている今、
「伝えていきましょう」というのは早すぎるかもしれませんが、
残された動物たちの命を救うためにも、伝えていくことが必要だと思います。

(著者あとがきより)
「物語が、悲しみを一層深めることになるのではと心配もしています。
しかし、この悲しみを解決するには、真実と現実を、社会と政府に理解してもらい、
放浪して苦しんでいる被災犬や被災動物を、一匹残らず救出することだと思い、
この本を出版することを決めました」

さくらという柴犬と、飼い主のひとみちゃんをめぐるストーリー。
フィクションですが、馬場先生の原発被災地での体験をもとにしています。
悲しい物語ですが、トラウマになるような話ではなく、
むしろ、胸の奥深くにしみこんで来るような感動をおぼえます。
子供も大人も読めます。
児童文学としても、優れた作品だと思います。

ぜひ読んでみてください。

お子さんに読んであげてください。
一緒に考えてみませんか?
なぜこのような悲劇が今の日本で起きたのか・・
人と、ペットといわれる動物の関わりについても・・

ぜひお友達に、ご家族にも、すすめてください。

図書館に置いてもらえるようリクエストしてください。

読み聞かせの会で読んでもらってください。

ひとみちゃんとさくらに起きた事が、またいつかどこかで、起きることがないように・・

(この本の印税は全額、動物救護活動にあてられるそうです)

(m)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 動物愛護
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは
悲しいお話は、辛いですが、知ってもらいたいです。
本はいいです。想像したりして、考えたりして。
いつもすみません。転載させていただきます。

No title

そらまめさん

もう読まれましたか?
「さくら」は児童文学としてもレベルが高いと思いました。
ぜひご紹介ください。

No title

aiさま

憤怒のお気持ちはお察ししますが、当ブログでは、政治家や芸能人、メデイアに氏名が既出されている以外、個人名を出して非難するコメントは、申し訳ありませんが、提示できません。
ご指摘の件は私も存じております。
VAFFAが組織として調査、報告をすべきだったと考えます。

プロフィール

動物との共生フォーラム

Author:動物との共生フォーラム
東京都


すべての命に人道的な配慮を。


★リンクフリーです。転載はご自由に。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
旬の花時計 V2
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。