【原発警戒区域 動物救援】 「犬猫100匹盗まれていた」は読売の誤報!?

新年早々、1月1日の読売新聞に以下の記事が掲載されました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

犬猫100匹盗まれてた…防護服姿で15人

        (以下、引用)

 東京電力福島第一原発事故で設定された警戒区域内にあるペット繁殖業者が
昨年4月、犬や猫など約100匹を盗まれる被害を受けていたことが
福島県南相馬市や業者などへの取材で分かった。

 被害総額は約1000万円相当に上るという。

 被害にあったのはブリーダーのIさん(34)で、
被害届を南相馬署に提出した。
Iさんは、同市小高区で犬や猫など約100匹を繁殖していたが、
4月22日に政府によって警戒区域が設定されたため、同市原町区に避難した。

 4月27日に、一時立ち入りで自宅を訪問した際には約30匹、
4月30日に訪問した際は、残りの70匹も盗まれていた。
犬猫が生活していたケージの鍵などはドライバーで開けられていたほか、
リードなど商品も盗まれており、5月中旬に南相馬署に被害届を出した。

 4月下旬、小高区で見回りをしていた消防団が、
防護服を着た約15人がIさん宅にトラックなど3台で乗り付け、
犬猫を運び出しているのを見たという。

 盗まれたのは、猫のアメリカンショートヘアや、セントバーナード犬など
1匹10万円以上する高額の動物で、
ペット保護に当たっている民間団体からも捕獲したなどの情報提供もないという。

 Iさんは「動物がすべて逃げるとは考えられず、どこかで生きていればと思っている」と話し、
現在もインターネットなどで犬や猫の行方を捜している。

(2012年1月1日12時00分 読売新聞)                      (引用おわり)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  
  
当ブログでは、この記事を1月2日に掲載しました。
その折、このブリーダーとは、昨年4月に警戒区域が設定された頃、
「繁殖用の犬猫の救出をめぐって困っている小高のブリーダーがいる」と、
南相馬の方がブログで書かれていた人物のことではないか?と
当ブログで書きました。

やはり同じ人物だったようです。(記事中の氏名は伏せました)
真相はとんでもない話です。
現地の方によりますと、
4月下旬、警戒区域に立ち入れなくなった後、
犬や猫、他の小動物を置き去りにしたまま、ブリーダーが不在となり、
多くの方々が、苦労のすえ動物を救出し、
その際には、そのブリーダーも加わっていて、
病気や焼印を押されていたりして、ひどい状態で繁殖させていた動物もいたそうですが、
その後、ブリーダーからはなんの連絡もなく・・

今年の元旦に、突然この記事が出ました。
ブリーダーと救出した方々の間で、保護した動物をめぐって、
何らかのトラブルが起きたのかどうか、よく分かりませんが、
救出時点で、頭数100匹というのも多すぎる数字で、
被害額が約1000万相当というのも、虚偽的とのこと。

この記事によれば、保護に尽力した人々は、一方的に「窃盗団」、
つまり、犯人あつかいです。
それ以前から、警戒区域でのペット救出活動に関して、
「高級犬からいなくなる」など、窃盗の噂が絶えませんでしたから、
悪徳団体が奪っていったのかと、誰しもが思ってしまうような内容です。

記者は、ブリーダーが被害届を出したことで、十分な確証を得ず、
ブリーダーの話だけを聞いて記事にしたのでしょうか。
文中の消防団員は、ブリーダーの飲み仲間で、警戒区域設定後も
餌やりのために数度協力してもらっていたとのこと・・。

このブリーダーは再び、商売を始めたそうですが、
事件の顛末が知りたいものです。

(m)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 動物愛護
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

動物との共生フォーラム

Author:動物との共生フォーラム
東京都


すべての命に人道的な配慮を。


★リンクフリーです。転載はご自由に。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
旬の花時計 V2
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR