スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国のクマ牧場~生きているクマから胆汁採取の是非~

「献血と同じ」「残酷」…クマの胆汁採取、中国で論争

http://www.asahi.com/international/update/0223/TKY201202230780.html
 (2012年2月24日 朝日新聞より転載)

**********************************************

 生きたクマから胆汁を抜き取ることの是非が中国で議論になっている。
胆汁を原料とする漢方薬は心臓病や肝臓病に効くとされ、
国内で約1万頭が飼育されているが、
「動物虐待だ」として中止を求める声が高まりつつある。

 中国国家林業局の統計によると、乱獲で減少したため、
漢方薬メーカーなど68社がクマ牧場を運営している。
ツキノワグマ約600頭を飼育している福建省恵安県の牧場では、
朝晩2回エサを与える間、あらかじめ腹に埋め込んであるチューブに金属製の管を差し込み、
約70ミリリットルの胆汁を採取している。
牧場を営む漢方薬メーカーによると、クマが採取中に暴れることはないといい、
「痛みは無いだろう」と説明している。

t_APX201202230006中国のクマ中国福建省の牧場で22日、えさを求めるクマたち=AP

胆汁は粉末化され、市場に出回るが、最高級のものは1キロあたり180万円になるという。
漢方薬業界団体の中国中薬協会は、
「クマの胆汁は漢方薬の欠かせない材料」と主張。
生きたクマからの胆汁採取については、
「人間の献血と同じ」としている。

一方、アジア動物基金は、ここ10年間で牧場から保護した227頭のすべてが、
胆のう炎などを患い、4割近くが肝がんで死亡したと指摘、
「残酷だ」と非難している。
                 (広州=小山謙太郎)               (転載おわり)

*******************************************

そもそも、本来は野生動物であるクマを、
写真のような過密な状態で飼育していることからして問題なのですが・・
国際的な非難を受け続けてきた中国や韓国の胆汁採取目的のクマ牧場は、
AAF(アジア動物基金)などの長年の活動により、牧場数はかなり減って
きてはいるのですが、それでもまだ68社・・。

日本の観光クマ牧場についても、過密な飼育頭数や、クマ本来の生態を
無視した飼養、展示方法は多くの批判を受けています。

クマ牧場に関する参考サイト
http://eritokyo.jp/independent/ikeda-col0564.html

Wikipedia クマ牧場
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%9E%E7%89%A7%E5%A0%B4

(m)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 動物愛護
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

動物との共生フォーラム

Author:動物との共生フォーラム
東京都


すべての命に人道的な配慮を。


★リンクフリーです。転載はご自由に。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
旬の花時計 V2
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。