【動物愛護管理法改正】~日本における動物愛護活動 その2~

ジュルのしっぽさんより、転載です。

やりたい放題は許さない。

******************************************************************************
 本当に訴えかけなければならないのは、≪規制する側≫の
環境省や国会議員、そして、業界を啓蒙すべき獣医師や関係団体です。

≪規制する側≫が人脈のしがらみや、党利党略、議員間関係で
混沌としているのは大問題です。
こんな状態で業界規制など、まともにできるわけがないとわたし達は思います。

動物愛護界、といってよいかわかりませんが、そう呼ばせてもらえば、
日本は、シェルターや譲渡活動をするボラさん達のパワーは充実しているのですが、
法律や行政に対する能力は、足りないと感じます。
≪規制する側≫から、完全にナメられています。
                                             (転載おわり)
**********************************************************************************

私は日本クマネットワークというNGOの外野席会員ですが、
この組織の会員数は約300名、
フィールドも含めてクマの研究者が多数を占めていますが、
行政、マスコミ、学生、そして、一般市民の会員もおり、
メーリングリストや、年に数回送られてくる冊子、時おり開かれるシンポジウム
を通じて、最新のクマ情報や知識を共有できます。(年会費は3千円・学生2千円)

役員や会員は、多忙な仕事のかたわら、
地域での啓発活動にくわえ、クマの出没が多い年には、日夜、学習放獣などの現場活動に
追われながらも、団体として、政府に捕殺削減の要望書を出したり、
地域ごとに一般市民も招いて懇親会などもひらかれます。
会員に向けて、組織への要望や協力できることなどのアンケートも実施されています。

一言で言えば、日本のクマ関係者が集結しているような団体で、
民主的、かつ、オープンな印象です。
代表や役員を選ぶ選挙は2年に一度。各部門に別れ、委員会があります。
代表や、会員の研究者は、新聞にもたびたび投稿されますし、
クマの保護依頼などにも応じています。
このネットワークの特徴は、団体ではなく、個人として入会する点です。

そこで、ペットの分野に目を転じてみると、
このように民主的な運営がされている市民団体はあるでしょうか?

日本のほとんどの民間愛護団体は、規模の差こそあれ、オーナー団体です。
代表が引退すれば、存続さえ危うい個人商店も・・。
牽引役であるはずの団体の理事もこのような発言をされています。
                  
http://ameblo.jp/clubalp/entry-11163837675.html

一握りの専門知識を持たれる方々が、ロビー活動をし、署名活動やセミナーを開き、
超多忙に動かれていますが、
こうしたセミナーに集まる参加者の多くは、動物愛好家や活動家であって、
いわば仲間内。発信も内向き。
一般市民への情報提供やマスコミへの働きかけが必要でも、
現状は人手、人材不足・・
また、動物の専門家が、組織運営や広報など、戦略的?能力をお持ちとも限りません。
その結果、なかなか世論形成をできずに来たのが、日本の動物愛護活動ではないかと思います。

最近の、Freepetsさんの活動や、ペット法塾さんの意見交流会などは、
市民参加や世論への働きかけという観点から期待しています。

今後は、地域における官民協働のひろがりとともに、
既存の組織やネットワークのあり方を見直すことも必要ではないでしょうか。

日本における動物愛護活動
http://doubutsuforum.blog.fc2.com/blog-entry-99.html

NEC_0034.jpg  ペス

(m)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 動物愛護
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

No title

前回はレスありがとうございました。怒りを議員に
直接ぶつけてみました。
日本動物愛護協会は8週齢反対でははいって会員の方
が言っていましたが、やっぱり反対なんですよね。

何人かの犬の散歩の方に聞いてみましたが、8週齢の事は
知りませんでした。
おっしゃる通り、一般市民への働きかけが必要です。しかしマスコミ
を利用する場合、業界側が邪魔する事も考えられます・・長崎盲導
犬失踪件でも協会と新聞社との繋がりでゆがんだ記事になっ
てしまったように見えます。

>現状は人手、人材不足・・

どこの愛護団体もそのようです。シェルターワーク、TNR、現場の
活動でいっぱいの為ロビー活動迄している所って本当に少ない
ようにみえます。
そして議員との面会は平日ですから、中々人を集めるのも大変。

いつも勉強になります。ありがとうございます。

No title

mmさま

コメントありがとうございます。陳情とロビー活動は違います。陳情は誰でも出来ますが、アメリカなどでは、ロビーイストと言われて職業になっており、知識や情報など問題に精通し、人脈をもち、戦略的に動くことが必要です。こうした意味から、日本において、ペットの分野でロビー活動をされているのはごく少数です。

マスコミ対策は、日ごろから記者などと懇意にしておくのがいいですね。アエラの太田記者などは、アエラの姿勢も
あるでしょうが、よくペット問題を報道されていますよね。日本クマネットワークにはマスコミ関係の会員もいるので
記事になりやすいようです。
プロフィール

動物との共生フォーラム

Author:動物との共生フォーラム
東京都


すべての命に人道的な配慮を。


★リンクフリーです。転載はご自由に。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
旬の花時計 V2
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR