杉並どうぶつ相談員ダイアリー3月3,4日「犬と猫の飼い方相談」を行いました。

2012年3月3日(土)、4日(日)、西荻地域区民センターまつりに於いて、
「犬と猫の飼い方相談会」をひらきました。
児童&ファミリー向け「飼い方クイズ」、低学年向け「お絵かき」、
飼養と動物福祉に関するアンケートをおこないました。
2月の「阿佐谷地域区民センターまつり」に続いてのイベントです。

今回は、使い勝手の良い、手ごろな大きさのお部屋をいただきまして、
土日の両日で、300名を超える地域の方々が来室されました。

飼い方クイズは相変わらず人気がありますが、
近隣の小学校の防災委員会の方が質問にみえたり、
近ごろ猫を亡くされた方が立ち寄られたり、
紙芝居を制作されている大学生のグループと話したり、
来訪される方はさまざまです。

西荻センターまつり+004_convert_20120305183622 
入口を子供むけに飾ってみました。

「福島被災保護動物リスト集」も展示しています。

区内の地域センターまつりへの出展は、相談員の自主活動として、
昨年より開始。
杉並保健所、杉並地域大学、そして、地域区民センター協議会のご理解、
ご協力に感謝いたします。

西荻センターまつり+007_convert_20120305183829
「人と動物が幸せに暮らしている絵」というテーマなんですが・・・・シーサー?

*********************************************************************

2月下旬、「すぎなみ地域大学」が主催した公開座談会&交流会に参加しました。
いろいろな分野で地域活動をされている方々と出会えるチャンスです。
意外だったのは、何人もの方から、
「外の猫にエサをあげているけど、不妊手術はしているよ」
「医療施設への動物同伴の慰問はやってないの?」
などと、次々に話しかけられたこと・・。
東北の被災犬の里親になった方もいらっしゃいました。

10年ほど前に比べると、住民の高齢化の影響もあるのか、
人とペットがより密接な関係になっているのだなと感じました。

けれど、その一方で、飼い主のいない猫への無責任なエサやりや、
犬のしつけや散歩のマナーの悪さなど、
相変わらず苦情が寄せられています。

また、「動物なんかに税金を使うべきではない」という考えの区民も、
動物が苦手な方々もいらっしゃいますので、
それはしっかり心に留めていかなければ、と思いました。

動物に関わっていると、どうしても視野が狭くなりがちです。

またネットやブログばかりだと、マニアックになりそうなので、
バランスを保つためにも、
他分野の方々の意見を聞いたり、情報交換をしたり、
フットワークが必要と実感しました。
*****************************************************************


次回の飼養相談会は、6月第1週の土日、高円寺セシオンで開催の予定です。

(m)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 動物愛護
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

動物との共生フォーラム

Author:動物との共生フォーラム
東京都


すべての命に人道的な配慮を。


★リンクフリーです。転載はご自由に。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
旬の花時計 V2
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR