スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【原発警戒区域 動物救援】 ~富岡町・やせ細った牛たち~

痩せ細った牛たち 畜産家「ごめんね」 警戒区域の福島・富岡町
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120320/dst12032022000014-n2.htm  産経ニュース
2012.3.20 21:49
(以下、転載。下線は当ブログ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

東京電力福島第1原発事故で
全域が警戒区域に指定されている福島県富岡町の畜産家、
佐藤ヒトミさん(52)が20日、区域内に取り残された牛たちの様子を確認するため自宅の牛舎を訪れた。
人気の消えた“静かな町”にいたのは、
事故後に生まれた子牛や、痩せて骨が浮き出た牛たちだったという。

「今、あの子たちがどうしているか知りたい」。
母、カツ子さん(72)と二人三脚で畜産を営んできた佐藤さんは
原発事故から約1年がたち、そんな思いが抑えきれなくなった。
子供のようにかわいがってきた5頭の牛は当初、牛舎に置いてきたが、
継続的な餌やりは困難で、昨年5月、親族に頼んで牛舎から放した。
それでも「もう一度会いたい」という気持ちから
「公益一時立入」を町に申請、
この日、親族の男性らと区域内に入った。

しかし、訪れた自宅牛舎に牛の姿はない。
他の牛が食べたのか、倉庫に満載してあった干し草は半分以上がなくなっていた。
近くの畑では、牛の群れが砂ぼこりを上げて駆け抜けていく光景も見たという。

警戒区域内の牛については、
国は所有者の同意を得た上で捕獲・安楽死させている。
県によると、原発事故前に警戒区域内にいた牛約3500頭のうち、
安楽死させたのが約460頭、牛舎内などで餓死や病死したのが一千数百頭、
捕獲済みが約700頭で、
残る700~800頭が野生化しているとみられる。

佐藤さんにはもう一つ目的があった。
避難を拒否して一人だけ町に残り、野生化したペットや家畜の世話を続ける松村直登さん(52)と会うことだった。
佐藤さんは松村さんと合流し、
松村さんが餌を与えている牛舎に同行。
そこでは約20頭の牛がしきりに鳴いて寄ってきたという。

 「牛は人間を恋しく思う動物。悲しそうな鳴き声に、ごめんねとしか言えなかった」

耳にタグがついていない生後数カ月の子牛や、痩せて腰の骨が浮き上がった牛舎の牛たち。

行政が与えたとみられる干し草はあったが、水入れは空だったという。

 佐藤さんは立ち入り後、
「水もなく、汚染された牛たちを殺したがっている行政の本音が見えた」
と話した上でこう続けた。
「生きた牛を見られて安心した。うちの子に会えなかったが、元気に生きていてほしい」 
 (小野田雄一)
                                             (転載、おわり)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

何度も書きますが、「安楽死」ではありません。

元農水官僚の永村武美氏が「どんどん銃殺」発言で指摘したとおり、「毒殺」です。

もちろん、子牛も・・。

そして、囲いに追い込んで、エサや水を与えない、「餓死」です。

警戒区域の家畜については、ほとんど報道されてきませんでした。
殺処分に同意された畜産農家は、この現状をご存じでしょうか?

「ファーム・アルカディア」さんは、牛を殺処分から守って飼養するための牧場です。
ここから牛を放した、とんでもない輩がいるそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
牛を生かすため!早急に皆さまの声を下記までお願いいたします!

【農林水産省】
〒100-8950 東京都千代田区霞が関1-2-1
生産局畜産部畜産企画課または振興課
TEL.03-3502-8111(代表)
https://www.contact.maff.go.jp/voice/sogo.html

以下は被災地なので、ご配慮を。

【福島県農林水産部 生産流通総室畜産課】
〒960-8670福島県福島市杉妻町2番16号
TEL.024-521-7365
FAX.024-521-7939
Eメール:chikusan@pref.fukushima.jp

【いわき家畜保健衛生所(楢葉町担当)】
〒970-8026いわき市平字梅本15 いわき合同庁舎南分庁舎2階
TEL.0246-23-3117
FAX.0246-23-3147

【相双家畜保健衛生所(楢葉町以外)】
〒975-0033南相馬市原町区高見町1丁目276-1
TEL.0244-24-3451
FAX.0244-24-3614

(m)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 動物愛護
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

動物との共生フォーラム

Author:動物との共生フォーラム
東京都


すべての命に人道的な配慮を。


★リンクフリーです。転載はご自由に。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新記事
最新コメント
旬の花時計 V2
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。