~ペット防災&気をつけておきたいこと~

大震災以来、各地でペット防災セミナーが開催されています。

飼い主の日ごろの備えは大切ですが、
気をつけたいことは、
お住まいの自治体の災害時ペット対策を把握しておくことです。

環境省は、今回の動物愛護管理法改正で、ペットの災害時対策の指針を
条文に盛り込む方針と伝えられていますが、
実際に対策を決めて実行するのは各自治体となります。

例えば、「同行避難」の方針であっても、その可否を決めるのは、
避難所の責任者(学校であれば校長など)になります。
先の大震災でも、現場の管理者の考え方次第で、
ペットの受け入れが認められたり、拒まれたりしました。

大震災を受けて、多くの自治体が災害時の避難計画等を見直していますから、
ぜひペットや家畜に関する対策も、防災課などに問い合わせてみてください。
そして、それらを、具体的に計画の中に盛り込むよう要望してください。

そうでないと、いくら飼い主がペットのため万全に準備し、
避難所へ連れて行ったら、NO!・・・という事態にもなります。

ちなみに、杉並区では、従来、ペット同伴避難の方針でしたが、
区内の人口やペットの数を考えると、
現実的に、避難所は人で満杯となり、校庭の広さを考えても、
ペットを別棟や別室に受け入れる余裕は無いのではないか・・
ということで、現在、見直しが検討されているそうです。
負傷動物の受け入れなどは優先されますが、
自宅が住める状態であれば、ペットは自宅にいてもらう方針とのことです。
(火災による延焼が懸念される場合、同行避難はもちろんですが・・)

災害の種類やお住まいの土地によっても、避難の仕方は異なります。
早急に逃げる必要がある時は、ペットも一緒にGO!

☆自分のペットは必ず自分が責任を持って守らないと!

*********************************************************************
☆ペット防災 日ごろの備え

☆犬の登録や鑑札、予防注射の証明書は、避難所での受け入れ条件となる場合があります。
  迷子になるのを防ぎます。
       ↓
  ・マイクロチップの装着
  ・迷子札
  ・首輪にマジックで連絡先を書いておく

☆健康手帳
 ・ペットの名前、写真(飼い主と写っている写真)、性別、種類、特徴、不妊手術の有無、病歴
 ・予防接種やワクチンなどの医療記録

☆ペット用非常持ち出し袋
 ・フード・水 (最低3日分、できれば5日分) 容器
 ・持病の薬や応急セット
 ・新聞紙・ペットシーツ、トイレ砂、トイペー、タオル、消臭スプレーなど
 ・余分なリード
 ・犬用の靴下

☆普段からの準備
 ・社会性を身につけさせる。(対人、対動物)  X ムダ吠え
 ・ワクチンや駆虫をしておく。
 ・ケージやクレートに入るトレーニング
 ・不妊去勢 (他の動物と一緒になった時やシェルターでの世話のため)
 
**************************************************************************

NEC_0034.jpg
備えておこうね~   ペス

(m)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 動物愛護
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

No title

杉並はペット受け入れますよ。
自分の担当エリアは絶対に見捨てません!
プロフィール

動物との共生フォーラム

Author:動物との共生フォーラム
東京都


すべての命に人道的な配慮を。


★リンクフリーです。転載はご自由に。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
旬の花時計 V2
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR