【原発警戒区域 動物救援】「希望の牧場」に圧力「ネット公開は許可を」

警戒区域内「ネット公開は許可を」 浪江町が牧場に条件
 朝日新聞  2012年5月15日
http://www.asahi.com/national/update/0515/TKY201205140683.html

(以下、転載) 下線は当ブログ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 東京電力福島第一原発事故の警戒区域内にある福島県浪江町で牧場を運営する吉沢正巳さん(58)側に対し、
牧場での作業内容などをインターネットで公開する場合は許可を得る、
との同意書を町側が出させていたことがわかった。

吉沢さんを支援する弁護士らは
「憲法で禁じられた検閲にあたる」として政府や町に撤回を申し入れる方針だ。

吉沢さんは警戒区域内の家畜を殺すよう求めた国の方針に同意せず、
区域内で約300頭の牛を飼っている。
昨年11月以降、一時立ち入り許可を町に申請してきたが、
町は最初の許可申請時から
「作業内容や結果をネットなどで公にする場合は町の許可を得る」「マスコミは同行させない」
などと記した同意書を2週間の許可証更新ごとに求めているという。

吉沢さんは「同意書を出さないと立ち入りができない。牛が死んでしまうからやむなく署名しているが、
警戒区域内の真実を外に知らせるのを制限されるのは不当だ」と訴える。

これに対し、馬場有(たもつ)町長は朝日新聞の取材に
「(町が)公表規制の条件は付けた覚えはないし、必要もない」と述べ、
政府の原子力災害現地対策本部の指示に基づく対応だとしている。

一方、現地対策本部の広報担当者は
「牛を飼う活動が周辺に迷惑を及ぼしたこともあり、
町から相談を受けた当時の担当者が町と同意条件を協議した」と説明している。

原発事故を巡る政府の情報統制を批判する日隅一雄弁護士は
「記者の同行も含め、市民の基本的権利の侵害だ」と指摘する。(本田雅和)
                                                (転載おわり)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

牛の殺処分に反対して飼育を続けている「希望の牧場」での作業内容を
インターネットで無断公開するな、という原子力現地対策本部からの圧力。

警戒区域内の真実をおおやけにするまいとする隠蔽工作や情報統制は、
原発事故以来ずっと、今もつづいているのです。
(現地対策本部の言い訳は苦しい・・)

数土文夫・NHK経営委員長が東電の社外取締役に内定。
「公正な報道」が期待できるでしょうか?
受信料の不払いにつながりかねない、と懸念する声も・・。

(m)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 動物愛護
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは
そんなことになっていたんですか!
希望の牧場は応援していますので
記事の転載させていただきます。
よろしくお願いいたします。

No title

そらまめさん

転載ありがとうございます。
プロフィール

動物との共生フォーラム

Author:動物との共生フォーラム
東京都


すべての命に人道的な配慮を。


★リンクフリーです。転載はご自由に。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新記事
最新コメント
旬の花時計 V2
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR