【原発警戒区域 動物救援】旧ファーム・アルカディア等の牛67頭を「希望の牧場」へ移送完了

2012年6月27日。旧ファーム・アルカディアなどの牛67頭が無事、

「希望の牧場」へ移送されたそうです。

途中、検問所で「待った」もかかり、13時間半もかかる大仕事・・

詳しくは、ぜひ「希望の牧場」さんのブログをお読みください。
              ↓
http://fukushima-farmsanctuary.blogzine.jp/blog/2012/06/post_9197.html

「希望の牧場」は、他の畜産家に資材などを提供されたり、

首都圏でも、国会内外での活動や、街頭活動、報告会、写真展を頻繁に実施、

「原則、殺処分」の警戒区域内で、現在も牛などの飼養を継続されている方々の

よりどころのような存在であると思います。

存在が目立つだけに、オフサイトセンターや農水省からの圧力も強いようですが、

国が危惧しているのは、その内、牛を域外へ出し、食肉として流通させる者が現れるのではないかということ・・。

今回の大移動は、民主党・たかむら議員や、県の家畜保健衛生所の職員が協力されたそうですが、

「希望の牧場」はさらに親分的な存在となり、警戒区域の家畜の存在を風化させないでいただきたいです。

ただ、牛の頭数はすでに限界を越えています。

牧場長をはじめ、スタッフの皆さまのお身体も心配です。

私が今まで、「希望の牧場」のご活動を知りつつも、積極的な支援をためらっていたのは、

やはり、「動物実験」の件・・(この問題に関しては、牧場関係者の意見も異なっていますね)

実験の中身、あるいは、「動物実験は行わない」と、クリアにしていただいた方が、

今後、支援の拡大につながるのではないでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以下、つくしのブログさんより・・

本当に純粋に生かしたいなら次のようになっていると思うのです。

・まず最初にに飼養する自治体の了承を得る。

 (※これがダメなら以下はありません)

・東電からの賠償をどのくらい充てるのか、全く充てないか検討。

・どのような計画で牛を生かすのか、どのくらい資金が必要か検討。

・支援金を募るなら、会計を明瞭に、牛の現状報告を正確に行う。

牛が悪い環境で長く生きていかなければならないとしたら、

それは動物愛護でしょうか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★旧ファーム・アルカディアさんが、牛の移送報告をアップされています。
       ↓
旧ファーム・アルカディア
http://ameblo.jp/farmarcadia/

牧場主・根本さんの言葉には胸を打たれます・・

***********************************************************
南相馬で「希望の牧場・ふくしま」写真展を開催。

原宿、郡山、竹橋での開催に続き四回目の開催となりますが、
今回は初めて地元での開催となります。

警戒区域からのSOS「希望の牧場・ふくしま」写真展
~小さなふくちゃんが教えてくれたこと~


○開催日:2012年6月29日(金)~7月1日(日)
 ※(掲示のみ) > 7月2日(月)~7月4日(水)まで、一部のパネルを施設内に掲出します。
○時間:10:00-17:00 予定
 ※開催初日(6月29日)は13:00~開催となります。
 ※7月1日は16:00までとなります。
○会場:南相馬市立中央図書館内 南相馬市民情報交流センター 1F中会議室
○住所:南相馬市原町区旭町2-7-1
○入場料:無料
○アクセス
 JR常磐線 原ノ町駅 徒歩1分
※地図はこちら >> http://www.city.minamisoma.lg.jp/library/koryu/tyusyajyo.jsp

**********************************************************
(m)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 動物愛護
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

動物との共生フォーラム

Author:動物との共生フォーラム
東京都


すべての命に人道的な配慮を。


★リンクフリーです。転載はご自由に。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
旬の花時計 V2
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR