【原発警戒区域 動物救援】「希望の牧場・ふくしま」阿佐谷で写真展開催

「希望の牧場・ふくしま」写真展のお知らせ
http://fukushima-farmsanctuary.blogzine.jp/blog/2012/07/83_45b6.html#more

【開催詳細】
○開催日:2012年8月3日(金)~5日(日)
○時間:11:00~18:00予定
○会場: 細田工務店 杉並リボン館
http://ribbonkan.jp/ri.php
○住所:東京都杉並区阿佐谷南3-35-21
○入場料:無料
○アクセス
 JR中央線 阿佐ヶ谷駅南口 徒歩2分
東京メトロ丸ノ内線「南阿佐ケ谷」駅徒歩6分

★フロアトークイベントのお知らせ★

震災後も富岡町に一人残られ動物たちの命を守り続ける、がんばる福島代表 松村直登さんと
これまで育ててきた牛を「どうにかして生かしたい、殺してたまるか」
と今もなお強く訴え続け約300頭の牛とともに、新たな活きる道を探し続けている
エム牧場 浪江農場場長 希望の牧場・ふくしま代表の吉沢正巳に
震災から1年5ヵ月の間のさまざまな思いや考えを聞くフロアトークを開催します!

☆開催日:8月4日(土)
14:00 開場
14:30~16:00 開催

☆会場:写真展開催同会場

☆フロアトーク
 がんばる福島代表 松村直登さん
 希望の牧場・ふくしま代表 吉沢正巳

 
☆入場:無料/ご来場順でご着席いただきます
※予約不要 是非ご来場下さい!

◆────────────────────────────────────────────◆

2011年3月11日東日本大震災から1年5ヵ月過ぎた今もなお、
避難生活を余儀なくされている方を始め、
多くの被災者が大変なご苦労と心労の絶えない状態に置かれたまま
原発事故はまだ収束しておりません。

震災と原発事故。

牛たちは、無人の街に置き去りにされ
飢え、渇き、仲間のうじ虫のわく死体に囲まれながら生きそして息絶え、
変わり果てた牛の姿を目にした畜産農家の心の痛み辛さ悲しみは計り知れません。

「私は牛を置いて逃げることはできなかった。」

放置すれば牛が餓死してしまう、水が無ければ生きていけない。
今もなお警戒区域に立ち入り、牛を守り続ける畜産農家は10軒以上にのぼり、
約1,000頭の牛が生き残っていると言われています。

「警戒区域」という名の境界線。
それは、希望と絶望が混在する場所
厳しい現実はこの先、あと何年続くのでしょうか・・・。

写真展を通じて、かけがえのないものや希望について、
様々な考え思いをお伝えしてまいりたいと思います。      (転載おわり)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

多くの方にご来場いただけますように。

(m)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 動物愛護
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

動物との共生フォーラム

Author:動物との共生フォーラム
東京都


すべての命に人道的な配慮を。


★リンクフリーです。転載はご自由に。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
旬の花時計 V2
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR