Book Review「震える牛」相場英雄著

今年の2月ごろ、書店の店頭に山積みになっているのを見かけ、
図書館にアクセスしたところ、すでに100人を超える予約が入っており、
今ごろになってようやく読了。

「震える牛」という本のタイトルを見ただけで、話の中身が分かる方もいるそうですが、
私はぜんぜん気がつきませんでした・・というか、まったく忘れていました。

久しぶりに手にとった社会派ミステリー。
文章はゴツゴツとしていて読みにくく、人物描写も深みに欠けます。
著者は推理作家ではないためか、ミステリーとしてもいくつか瑕が見受けられます。
「モツ煮」「獣医師」「ミートステーション」といったキーワードから、
殺害された被害者二人の関連性は容易に推測できますが、ベテラン刑事は気づかない。
犯人にしてもストレートすぎる・・

しかし、著者の願うところは、おそらくミステリーという手法をとって、
現代の「食の問題」を浮き彫りにする点にあったのではないでしょうか。
モデルは、2007年に起きた「ミート・ホープ」による牛肉偽装事件。
デパートの衰退も、シャッター商店街の増加も新しい現象ではありませんが、
本書の巧いところは、実在する企業を彷彿とさせ、いかにも臨場感あるノンフィクションの
ように仕立てたこと。

「ミート・ホープ」の事件が起きた当時、私たちは、
悪徳企業による特殊な事件という捉え方をしなかったでしょうか・・

現在のデフレ下、商品の低価格競争に拍車がかかり、「ミート・ホープ」の事件が特殊なものではなく、
日常茶飯事に起きているとしたら・・

ガソリン価格の高騰をきっかけに、客足が落ちだした巨大SCは今後、
かつてのボーリング場のような廃墟と化すのでしょうか?

アウトレットでさえ、人気にかげりが見えてきてはいないでしょうか。
(以前に比べ、商品の質が粗悪になっていませんか?)

「厳選・手こね100%ビーフハンバーグ」の中身は、老廃牛のクズ肉と大量の食品添加物。

安価なステーキは様々なクズ肉を食品用接着剤で合わせたもの。

注文すれば、サッと出て来る居酒屋チェーンのツマミ。

複数の食品添加物を混ぜ合わせた際の人体への毒性は不明・・

(文中より)「半額セールをやると飛びつき、列を作るようなバカがたくさんいる。
       こんな連中に味なんか分かるわけがない!」

この本を読んだら、コンビニやスーパーの加工食品には手が出せなくなりますね・・

最後には意外なドンデンも用意されています。

それにしても、本の帯にある平成版「砂の器」は誇大広告です。
何を言わんとするかは推測できますが、
オックスマート父子の出自や境遇はまったく描かれておりません。



参考:「ミート・ホープ事件」 社員は北海道新聞とNHKに内部告発をしましたが黙殺されました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%97

(m)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

転載:保健所での殺処分がなくなるよう、署名をお願いします。

以下の記事を見つけたましたので、記事にアップしていただけたら幸いです。
ご確認宜しくお願いします。

************************************

●保健所への動物の持ち込み禁止および殺処分の撤廃を求め、
新たにネットでの署名が始まりました!

署名はとても簡単です。
どうか皆さんの力を貸してください。


◆PC・スマートフォン http://www.shomei.tv/project-1981.html
◆携帯  http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=1981

期間は1年間。
目標は10万人です。
この記事を見てくださった方、署名と拡散をお願いします!


詳細は・・・↓ ↓ ↓

http://ameblo.jp/tae-ma-kai/entry-11326927906.html

Re: 転載:保健所での殺処分がなくなるよう、署名をお願いします。

> リサさま

情報ありがとうございます。

現在、回線状態の悪い山中におりますので、コメント欄から
署名の詳細へのアクセスをお願いいたします。
プロフィール

動物との共生フォーラム

Author:動物との共生フォーラム
東京都


すべての命に人道的な配慮を。


★リンクフリーです。転載はご自由に。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
旬の花時計 V2
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR