スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【秋田八幡平クマ牧場】阿仁クマ牧場の改修費、県が全額負担

クマ襲撃事故 県が阿仁熊牧場改修費を全額負担方針
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/akita/news/20120928-OYT8T01690.htm

(2012年9月29日 読売新聞より転載)下線は当ブログ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ヒグマに襲われて女性従業員2人が死亡した鹿角市の「秋田八幡平クマ牧場」(廃業)

に残るクマ27頭について、北秋田市の阿仁熊牧場への全頭移送に必要な同牧場の施設改修費を、

県が全額負担する方針を固めたことが28日、わかった。

また、佐竹知事は同日、国に対し、事故の再発防止を目的に動物愛護法の飼育要件の厳格化や、

運営者が経営破綻した際の財政支援態勢の確立などを求める考えも明らかにした。



北秋田市は8月24日、八幡平クマ牧場のツキノワグマ6頭とヒグマ21頭の全頭を、

所有する阿仁熊牧場で受け入れると県に伝えた。


だが、同牧場では既にツキノワグマ75頭、ヒグマ1頭を飼育している。

ヒグマはツキノワグマの約3倍の体重があることから、同市商工観光課は

「現在の施設面積(約1720平方メートル)の2、3倍近くを新設する必要がある」としていた。

同市は「県費による財政支援」を受け入れの前提条件として挙げ、県が負担割合を検討していた。


佐竹知事は28日の県議会予算特別委員会の総括審査で

「ヒグマを全部移送する時は、世界的なニュースになる。北秋田の名前が売れるチャンス。

ハード面で恥ずかしくないものを造りたい」と述べた。


県生活環境部の佐々木弘次長は取材に対し、
「(全額負担は)受け入れを決断した北秋田への感謝の気持ち。

可能な限り市の意向に沿える形を模索した結果」と話した。


1990年に開業した阿仁熊牧場の建設費は約1億8000万円。

県と市は今後、具体的な改修方法や費用について協議する。


また、佐竹知事は同審査で、事故の再発防止と、クマなどの特定動物の飼育環境の改善を目的に、

環境省に対し、動物愛護法の特定動物の飼育許可基準に

「借入金や経営赤字の状況など経済的な能力」「飼育技術や動物の生態に関する知識」

などを盛り込むよう求めるとした。


また、経営破綻などで施設運営が不可能になった場合、飼育動物の殺処分を回避するため

経営者や国が緊急時の資金源として売上金の一定割合を積み立てる「飼養管理積立金制度」の創設も求める。

                                   (転載おわり)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

八幡平クマ牧場に関しては、連日、報道があります。
悲惨な人身事故を起こしたということもあるかもしれませんが、
動物関連のトピックスとしては珍しいですね。

秋田県は、27頭のクマを受け入れる阿仁クマ牧場の改修費を
全額、県で負担すると決めたようです。

佐竹知事は、「ハード面で恥ずかしくないものを造りたい」と述べておられますが、
知事がどのような構想をお持ちなのか、記事からはわかりません。
悪い意味で、「世界的なニュース」にならないよう望みます。

クマなど、特定動物の飼育環境改善のため、環境省に求めた事項は妥当です。
「飼育技術や動物の生態に関する知識」を求めるなら、
現在、阿仁牧場には獣医を含め、クマの飼育技術や生態に精通しているスタッフが居りません。
まずは、阿仁に、クマの専門家を置くべきではないでしょうか。

(m)

関連ニュース

クマ受け入れ整備 県が全額補助方針
http://mytown.asahi.com/akita/news.php?k_id=05000001210040004

2012年10月04日 (朝日新聞デジタル)

秋田八幡平クマ牧場(鹿角市)=廃業=に残るクマ27頭すべてを受け入れる意向を示している北秋田市に対し、県は必要な施設整備費を全額補助する方針を決めた。ただ、実際の工事をどちらが受け持つかなどの協議はこれからで、全頭の移送が終わるまでには曲折がありそうだ。

北秋田市は8月、県などの財政支援を前提に、27頭(ヒグマ21頭、ツキノワグマ6頭)を市が運営する阿仁熊牧場で受け入れる意向を表明した。同牧場には現在、ヒグマ1頭、ツキノワグマ75頭が飼育されている。今の施設でも八幡平クマ牧場からツキノワグマ6頭のみを受け入れることはできるとみられ、県は今月中にも先行して、6頭を移送したい考えだ。

その後は阿仁熊牧場の施設を改修して大きくする必要があるため、県は北秋田市に対し、12月県議会で設計費への補助金を、来年2月県議会では施設整備費への補助金を、それぞれ計上する予定だ。来年4月の着工、秋の完成を目指し、残る21頭を移す考えという。

だが、どちらが工事をするかについて、県は「設計費、施設整備費ともに全額を補助し、市に改修してもらう」との考えだが、市は「市でやるか、県でやるかはこれから協議する」と食い違う。

6頭の先行移送についても、北秋田市は「クマの健康状態の確認や、(八幡平クマ牧場の)元経営者からクマの所有権を市に移すといった作業が必要で、市、県どちらがやるかは今後話し合う」と説明。移送費の受け持ちも未定といい、「今月中に移すのは不可能かもしれない」という。

県は来年3月まで八幡平クマ牧場に非常勤職員を派遣するなどの予算を確保しているが、移送費などは来週にも設立される民間の支援団体が集める寄付などでまかないたい考えだ。県の担当者は「施設整備も含めて、近く市と協議をしていく」と話している。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 動物愛護
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

動物との共生フォーラム

Author:動物との共生フォーラム
東京都


すべての命に人道的な配慮を。


★リンクフリーです。転載はご自由に。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
旬の花時計 V2
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。