スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【動物愛護管理法改正】動物園、動物取扱業から除外?

Animal Actの署名活動にご協力をお願いいたします。

2012年・動物愛護管理法改正に向けて、
日本動物園水族館協会(加盟:89 動物園 67 水族館)から、
動物園や水族館を、動物取扱業からはずして欲しいという要望が出されています。
施設を法律の枠外に置き、自主管理をしていきたいという意向です。

しかし、日本の公立・私立の動物園では、動物が、つねに人の目にさらされ、
野生動物の習性を無視した、劣悪な飼育環境の展示施設が数多くあります。
コンクリートのせまいオリの中を、ぐるぐる回っている野生動物…
目にしたことはありませんか?

日本では、「動物園法」が制定されておらず、海外の施設に比べて、
飼育環境改善は、100年遅れているといっても過言ではありません。
動物園は、子供たちに、野生動物の魅力や、共生などを啓蒙する役割もになっているはずが、
日本の多くの展示施設は、商売で動物を見せものにしているだけです。

現在、動物園や水族館の生きものを守る唯一の法律が、「動物愛護管理法」です。
この法律から動物園などが外れたら、飼育環境のさらなる悪化に歯止めがかからなくなります。
動物園の実態も把握できなくなり、動物のいのちと、福祉の改善に、深刻なダメージが予測されます。

動物園・水族館を、動物愛護管理法・動物取扱業からはずさないために、
ぜひネット署名をお願いいたします。
ネット署名は簡単、匿名にもできます。

署名はコチラ


(以下の写真と文は、Animal Actより転載)
***************************************************************************************************

20041002123120北極グマ_convert_20110404014858
カナダのホッキョクグマ・サンクチュアリ(c)Animal Act



20050817014720ホッキョクグマ九州_convert_20110404020742
私立動物園(九州)1頭死亡 (c)Animal Act

ホッキョクグマは地球上、最も広い行動圏を持つ肉食動物です。極めて広く自然なスペースとさまざまな(知性に対する)刺激を必要とします。この飼育舎は余りにも狭く不適切です。



20110319153409ホッキョクグマ中国地方_convert_20110404020230
 公立動物園(中国地方) (c)Animal Act



20070713134823アメリカクマサンクチュアリ_convert_20110404170712
アメリカのクマ・サンクチュアリ (c)Animal Act


20100402062305リスザル_convert_20110404024921
 私立動物園(中部) (c)Animal Act

"このリスザルは、彼にとって自然で重要なことが何一つ与えられていません。彼の生活には、一緒に遊ぶ友人たちや登る木さえありません。彼を見に来る人にとっての束の間の癒しは、彼にとっての惨めな一生なのです。

Agnes Tam, Cruelty Case Officer, PETA Asia   



20060720120718ユキヒョウ_convert_20110404021213
ユキヒョウ 公立動物園(東海)   (c)Animal Act

絶滅危惧種。標高600-6,000mにあるステップやハイマツからなる針葉樹林、岩場などに生息。(Wikipedia)



20040101000028ライオン_convert_20110404021752
ライオン 無料公立動物園(関東) (c)Animal Act

非常に狭いケージにいるこの2頭のライオンは、いかなる正常な動き、行動をも示すことができない。

イギリスの野生動物研究者より



20090227003224カメ_convert_20110404171209
私立水族館(関東)   (c)Animal Act


多くのカメは広い生息圏を持ち、その広さは数十、数百エーカーに及びます。極めて狭く過密状態に置かれたカメは、自然な行動をしたくてもできないでしょう。

アメリカの野生動物研究者より
                                 (転載終わり)
************************************************


まだまだたくさんの写真、Animal Act でごらんください。
    (写真と文は、Animal Actさんの承諾を得て掲載しております。無断転載はご遠慮ください)

(m)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 動物愛護
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

すみだ水族館

「小笠原の海を再現した」という宣伝に魅かれて入ってきました。入るとすぐに水草が美しく敷き詰められた見たことのない美しい大水槽に泳ぐ小さな魚は生き生きと見えました。
しかし、最後の見せ場のように展示されているペンギンのコーナーに入るとなんともいえない泣き声が響いていて、「ペンギンってこんなに泣くの?!」と不思議と思っていたら、その裏の小さなあまりにも狭いスペースにあしかが3頭入れられているのを見つけました。
それは母親のアシカの悲痛な叫び声でした。
あまりにも狭いスペースに子供のアシカも一緒で、1日中すぐ近くまでの人だかりに囲まれて、ストレスでおかしくなっているようでした。酷い環境です。
泣き声というのは、地球上の全生物に対して共通に感情を伝えるようにできていると聞きます。
悲しみや痛み、危険を知らせる声は、人間でも動物でも同じように、私たちの魂にも響くものです。
すみだ水族館の母アシカの悲痛な泣き声が今も耳について離れません。
どうにかできないものでしょうか?

No title

ぶぶたろーさま

ご連絡ありがとうございます。
私は「すみだ水族館」へまだ行っておりませんので、状況がよく分かりませんが、
ぶぶたろーさんがご覧になったアシカの様子やお感じになったことを、
FAXか葉書かメールか電話で直接「すみだ水族館」に連絡されるのが一番いいと思います。

飼育(展示)動物の福祉向上に取り組んでいる団体に、
ご意見を転送いたします。
プロフィール

動物との共生フォーラム

Author:動物との共生フォーラム
東京都


すべての命に人道的な配慮を。


★リンクフリーです。転載はご自由に。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
旬の花時計 V2
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。