阿仁クマ牧場改修~斬新な発想で地域振興を~

地方点描:阿仁熊牧場[鷹巣支局]

http://www.sakigake.jp/p/column/chihou.jsp?kc=20121121ay

(以下、さきがけon the Webより転載) 下線は当ブログ

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

従業員の死亡事故があった秋田八幡平クマ牧場(鹿角市、廃業)からクマを引き受けることになり、

注目の的になった北秋田市の阿仁熊牧場。同牧場の歴史は1980年代半ばまでさかのぼる。


本紙の86年2月5日付朝刊に旧阿仁町が

「日本一のクマ牧場を中核とした“マタギの里”づくりを目指す」とあった。

クマだけでなく町内の野生動物もそろえ、豊かな自然と組み合わせた一大リゾート構想とし、

観光客誘致による過疎脱却を図るという内容だ。



当時の計画ではツキノワグマを150頭まで増やす予定で、クマの確保が大きな課題だった。

記事に「町は県や他市町村に『クマを捕獲した場合はぜひ当町に』と呼び掛けている」とあり、

作家のC・W・ニコルさんからツキノワグマを贈られたとの記載もあった。


施設は約1億8千万円掛けて完成、90年4月29日にオープンした。

ツキノワグマ37頭のほか、秋田市の大森山動物園から譲り受けたニホンザル、タヌキ、イノシシ、

パンダウサギなどもいる「ミニ動物園」のようで、初日は3千人超が訪れた。

現在はツキノワグマ79頭、ヒグマ1頭を飼育中。クマ以外の動物はおらず、

子グマと触れ合える春先以外は閑散としており、当初の構想と現状は大きく異なる。

県は、阿仁熊牧場が新たにヒグマ21頭を受け入れるのに向け、県費でヒグマ専用飼育施設を新設する方針だ。

ヒグマは繁殖させないようだが、いなくなった後の施設利用をどう考えているのかなど、

まだよく分からない点が多い。

今をやり過ごすためではなく、長期展望をしっかり持った構想が必要だ。   (転載おわり)

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

今から26年ほど前に、「一大リゾート構想」があったのですね。

私は90年代に、阿仁を2度訪ねていますが、過疎地という印象でした。

打当温泉にも2度宿泊し、マタギ資料館も見学しましたが、「一大リゾート」とはかけ離れた施設で、

あそこに県外から人が大勢来るとは思えませんでした。

コンクリートのクマ牧場には行きたくないので、パス。

マタギの里である根子の村落を歩きまわりました。

北秋田の自然や、村落に残されているマタギの遺産はすばらしいと思います。

記事のとおり、「長期展望を持った構想が必要」です。

八幡平から移送されるヒグマだけが生態観察型公園に放されるようですが、

そのヒグマたちがいなくなった後はどうする、という話ではなくて、

現在、阿仁にいるツキノワグマも、生態観察型公園に移していかなくては・・。

コンクリートで囲った飼育場と、山野放牧型が隣接するのもちぐはぐで、人を呼べるでしょうか?

土地の入手とともに、ツキノワグマを去勢するなど、頭数も減らしてゆかねばなりません。

自然や文化を守りつつ、地域振興を図るなら、斬新なセンスと、思い切った発想の転換が必要です。

(m)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 地域情報
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

女ヒグマのヒトミが亡くなりました

 タマさん、阿仁クマ牧場に移送された男ツキノワグマのゴロは、なんとか回復してきましたが、閉園された八幡平クマ牧場で劣位にあった女ヒグマのヒトミ(「クマとも」でそう呼んできました。目がやさしく美しい女クマでした)が亡くなりました。なんとか助けたくて、県の責任者にもお願いしてきたクマです。
http://www.facebook.com/media/set/?set=a.455395927837049.99211.399887256721250&type=1

Re: 女ヒグマのヒトミが亡くなりました

> じゅん様

クマの死亡・・本当に残念です。囚われの野生動物として、不幸な一生でしたね。
4月の事故以来、数ヶ月の間に、すでに5頭ものクマが死んでいます・・


プロフィール

動物との共生フォーラム

Author:動物との共生フォーラム
東京都


すべての命に人道的な配慮を。


★リンクフリーです。転載はご自由に。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
旬の花時計 V2
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR