動物との共生フォーラム

Friends of Nature & Animals Forum

どうぶつ救援本部の義援金交付 牛はYes?No?

どうぶつ救援本部の第3期義援金の交付先が決まりました。

「応用動物行動学会警戒区域内 家畜保護管理特命チーム」へ3300,000円の交付(申請額は3000,000円)
が決定。

 プロジェクトの概要
      ↓
http://www.agri.tohoku.ac.jp/animal-welfare/pg527.html

一方、警戒区域内で、被災動物の世話をされている松村直登氏の申請は今回、却下されました。
その理由は、「牛を助けているから」だそうです。
        ↓
ときぶーの時間
http://blog.goo.ne.jp/tokigootokiboo/e/3c4b97a0caad973112c7d20335043fe4

今回、どうぶつ救援本部の義援金申請要項によれば、
「原則として被災した家庭動物(ペット)への救護活動を対象といたします」とあります。

ですから、松村氏の申請が却下されたのはやむを得ないとしても、
なぜ、同じく牛を対象としている応用動物行動学会特命チームの申請は承認されたのでしょうか。

研究者によるプロジェクトならYesで、市井の人による救護はNO?
矛盾していませんか? 特別措置でしょうか・・
研究者も畜産農家も松村氏も、目的は同じ。「牛を生かすための道」を探ること。

農水省が「牛は殺処分」と決めたにもかかわらず、「希望の牧場」や一部の畜産農家や住民が、
その決定を受け入れず、牛を生かそうとしていることに対して、
国は、「既に決めて、実行してしまっている殺処分」を一切撤回せず(できず)、
「希望の牧場」に対しては、地元警察がバッシングのような嫌がらせをしています。
大手メディアも、「希望の牧場」の活動を報道しません。
与党・民主党も動きません。(これが一番痛い!)
「みんなの党」は、渡辺代表の奥様と久米氏が討論会に出席。現地を視察して意見書を提出。

「どうぶつ救援本部」の「義援金の受け入れ」の項によれば、
          ↓
「東日本大震災で被災した動物を救援するために、義援金を募集しております。
皆様にいただいた義援金は、動物たちの救護に使わせていただきます」

と記してあるだけです。牛(家畜)も助けて欲しいと願い、寄付した方々もいらっしゃると思いますし、
「牛はNO!」という寄付者もいないのでは?

(m)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:動物愛護 - ジャンル:ペット

  1. 2012/12/03(月) 22:01:40|
  2. 大震災 動物関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【秋田八幡平クマ牧場】阿仁熊牧場の改修 県と北秋田市が覚書案 | ホーム | 原発警戒区域 被災ペットの一斉保護 12/3~21>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://doubutsuforum.blog.fc2.com/tb.php/345-1461d88b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

動物との共生フォーラム

Author:動物との共生フォーラム
東京都


すべての命に人道的な配慮を。


★リンクフリーです。転載はご自由に。

雪が3Dで降るブログパーツ ver2

マウスで見る方向変えられます

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

カテゴリ

大震災 動物関連 (124)
動物愛護管理法 (70)
民主党【犬猫等の殺処分を禁止する議員連盟】関連 (5)
ゾウのはな子 (22)
野生動物 クマ (49)
秋田・クマ牧場 (34)
ゾウ (12)
野生動物 その他 (30)
動物園 (29)
犬・猫などペット (22)
動物行政 (31)
地域猫 (21)
官民協働 (19)
動物関連ニュース (37)
政治・時事 (48)
映画・TV (13)
エッセー (32)
Book Review (8)
オススメ! (1)
イベント案内 (21)
杉並&近隣情報 (10)
自然・環境 (11)
植物・園芸 (7)
未分類 (2)

最新記事

最新コメント

旬の花時計 V2

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR