期待はずれ?「八重の桜」第1回の感想・・

2013年、NHKの大河ドラマ「八重の桜」初回は視聴率も20%を超え、

内容の評判も良く、上々のスタートを切ったようです。

私も見ましたが・・良く言えば、無難、辛く言えば・・つまらなかった。


まず、今年の大河は、福島の方々に「エールを送る」という大前提が制作サイドにあります。

もう一つの大前提は、「平清盛」の失敗を繰り返せないこと・・イコール、冒険はできません。

綾瀬はるかさんは、たぶん今一番「旬」な、素敵な女優さんですし、

NHKとして、番宣もガンガンやっていましたから、期待しすぎたのかも・・。

会津の美しい景色や、堅実で健気な人々の暮らしとつながり・・観光客は増えるでしょうね。

それはいいことですが、ドラマは葛藤と対立であり、旅番組ではありません。

同時代を描いた「龍馬伝」は初回から、下級武士に対する過酷な差別をとりあげていました。

今年の大河は、時代劇も手がけている才能のある脚本家が担当され、

話の運びやセリフに安定感は感じましたが新鮮さがイマイチ・・換言すると、手堅すぎ。

大河ドラマの歴史は、ある意味、毎年「挑戦する番組作り」であるはずです。

「篤姫」「天地人」「江」など、あからさまに大衆受けを狙った作品もありましたが、

私の頭にはまだ、「武田信玄」(脚本・田向正健)の素晴らしさがこびりついていますし、

近年では、「風林火山」も上出来。大森寿美男の脚本は良い意味で抽象的で楽しめたし、キャスティングも

新鮮でした。あの高いレベルで、平均17~18%の視聴率をとっていたのは立派!

だから、どうしても比較してしまう・・


冒頭の南北戦争のシーンは要らない・・そんな所にお金をかけるなら、キャスティングにお金をかけて下さい。

追鳥狩の場面も長すぎて、私は退屈でした・・(会津の伝統行事/軍事教練の紹介)

松平容保(カタヨリって、読むんですよ)と幼い八重の出会いのシーンなら、狩りがなくても作れる・・

ああいう出会いと人物関係の紹介は大河のパターンですね・・
(西田敏行演じる西郷頼母は、あの時、25歳ぐらいのはずですが・・)

なぜ大河の初回はいつも子役が登場するのか・・。

私は子役の演技に興味がないので、毎年、初回は見るのが一寸つらい・・

黒船の来航で、「開国をするか否か・・」の会議は至極あっさりと描かれ・・

なぜかお国入りしていたはずの松平容保が江戸城にもどっていて、とつぜん開国を進言する・・

攘夷強硬派の水戸と会津の微妙な関係にも触れず・・

時代はすでに激動していたはずなのに、今の平和ボケ日本と同じで、全体的に安穏、のんびりモード。

スリリングな緊迫感が感じられず・・(「朝ドラ」じゃないんです)。

「金曜時代劇」でもないんです。

「大河ドラマ」は時代に翻弄されつつも、新たな時代を切り拓こうと、もがき闘う人間を描く、と考えます。

ですから、「時代」を描かないと・・。その時代の空気を感じさせてくれないと・・。

(空気を感じさせてくれたのは、西田敏行と奥田瑛二ぐらい・・さすが、掴んでいる)

どうも女性脚本家が書くと、歴史的な面白さがワキにやられ、ホームドラマっぽくなる傾向を

感じるので、途中で見るのをやめてしまうのですが・・。

この数年、味わいのある役者さんたちが次々と他界され、俳優の層が薄くなってきているのもツラい。

主要な役の男優さんたちも、スリムで、ソフトで、さわやかで・・屹立するような、強い個性がない。


でも、まだ初回ですから、一年がかりのドラマのほんのさわりで、ヒロインの綾瀬さんもまだ

キャッチだけで、登場していませんので、今後の展開に期待します!

蛇足ですが、「ならぬことはならぬ」の決めゼリフ、使いすぎです。多くても二度まででしょう。

草笛光子のナレーション、古くさい・・

(m)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

動物との共生フォーラム

Author:動物との共生フォーラム
東京都


すべての命に人道的な配慮を。


★リンクフリーです。転載はご自由に。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
旬の花時計 V2
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR