【阿仁熊牧場】秋田八幡平から移送したクマが出産

閉鎖された秋田八幡平クマ牧場から移送されたメスのクマ1頭が子グマを出産しました。

八幡平から移送のクマ、2頭出産 阿仁熊牧場

http://www.sakigake.jp/p/akita/news.jsp?kc=20130206e (秋田魁新報より転載)2013年2月6日

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

秋田八幡平クマ牧場(鹿角市、廃業)から北秋田市阿仁熊牧場に移送された8歳の雌のツキノワグマが、

子グマ2頭を出産していたことが5日分かった。

同牧場で今季初めて誕生した子グマで、体重300グラム、体長20センチほどだという。


市商工観光課によると、阿仁熊牧場の職員が先月27日、朝の定期巡回中に産室から

「ギャー、ギャー」という子グマの鳴き声を聞いた。

28日には市職員の小松武志獣医師(45)も子グマの鳴き声と子グマ2頭を確認した。

26日の定期巡回で変化はなく、26日夜から27日朝までの間に生まれたと見られる。


母グマは子グマを隠すように丸まって抱いており、子グマは脚など一部しか見えない。

                                        (転載おわり)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

サンクチュアリ化も視野に入れ、施設の改修を決めた阿仁熊牧場。

プロジェクトの行方は、日本のクマ牧場のあり方を問うことにもなるでしょう。

産まれた2頭の子グマが無事に育ち、人道的な環境下で生きられるよう願っています。

(m)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 動物愛護
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

ツキノワグマ、タカコの子です

 タマさん、こちらは吹雪、大雪です。阿仁クマ牧場に移送されたツキノワグマは温かだと思いますが(本来冬眠中のクマの穴は33度にもなるそうですね)、八幡平クマ牧場の、冬眠できずにいるクマたちは、どんなふうに過ごしているのでしょう。母グマと共に過ごす時期に話されたヒグマの子、とっちとつつじが、無事に、春を迎えることができるようにと、祈っています。

獣医の小松さんが、フェイスブックで、タカコの様子を知らせてくれています。http://www.facebook.com/takeshi.komatsu.520

Re: ツキノワグマ、タカコの子です

潤さま

お久しぶりです。そちらは記録的な大雪だそうですね。
両牧場のクマたち(とくに八幡平)が無事にこの厳しい冬を越し、コグマたちも順調に成育しますように。

クマに詳しい獣医師の方が、阿仁クマ牧場の改修プロジェクトの責任者になられたとのことで、
今後とも大変だとは思いますが、ご健闘をお祈りします。
プロフィール

動物との共生フォーラム

Author:動物との共生フォーラム
東京都


すべての命に人道的な配慮を。


★リンクフリーです。転載はご自由に。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新記事
最新コメント
旬の花時計 V2
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR